AWS活用事例、メディア・セミナー情報などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

【連載!中国の小売・サービス事情vol.3】傘のシェアリングサービス「摩傘」


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

今回の「シェア」は傘!

日本でもすっかり有名になったシェアバイクに始まり、車、宿泊施設などシェアリングエコノミー花盛りな中国に、今度は「シェア傘」が登場した。

シェア傘は、少し前にも別の会社がスタートさせていたようだが、その時は、提供した傘が全く戻ってこず、中国人の民度を考えるとシェア傘は無理だろうとネタ的に消費されていた。

中国で「レンタル傘」がスタート → 約30万本盗まれてサービス中断に

そんななか、今回新しくスタートしたサービスの名前は「摩傘(モーサン)」。少なからず前例の失敗を学習した上でサービス提供を開始したようだ。

始まったのは地下鉄2号線の各駅。改札を出たところに、幅2mほどの筐体が設置されており、合計48本の傘が収納されている。

使い方

  1. まずは「摩傘」のアプリをダウンロード。※iPhoneだと日本のAppStoreではダウンロード出来ない。中国 or アメリカのAppStoreからダウンロードする必要あり。
  2. 携帯番号を入力してSMSで承認番号を取得。承認番号を登録すればOK。※日本の電話番号では登録できないので、中国の携帯が必須。
  3. デポジット39元(600円強)を WeChat・Alipayのいずれかで支払う。
  4. 氏名・身分証を登録してID登録が完了。※「mobike」など他のサービスなら、外国人はパスポートが身分証になるのだが、このサービスは中国人の身分証IDでないと登録できない… → 中国人しか使えないサービスということ!
  5. 自分のアプリで表示させたQRコードを機械で読み取らせたら傘のロックが外れるので、時間内に傘を取り出して完了。

今はテスト期間中なのか、24時間以内はタダ、以降は1日2元(30円ほど)、7日以上返却されなければ購入したと見なして、デポジットが取られる仕組み。

その他のシェアリングサービスもそうだが、1元や2元の少額でも、WeChatやAlipay決済があることによってスマホ上で支払いが成立するというのが、中国でシェアリングサービスがこれだけ普及している理由の一つだろう。

実際使うシーンは少なそうだが、アプリ上ではシェア傘が設置されている駅、そこに何本の傘が残っているかが分かるようになっている。

傘のシステムで識別しているのか?返す場所は決まっているのか?別の傘を返したらどうなるの?壊れた傘だったらどうするの?とか色々気になる。

実際サービスを使うことができないので自ら確認することはできなかったが、恐らく傘自体は完全なアナログ傘だと思われる。自転車の「ofo」もそうだが、「mobike」のようなIOT・デジタルでカバーできないところは量でカバーする中国式のやり方だろう。自転車に比べて単価も安いし、すり替えられたりしても問題なしということだろう。
※「ofo」の自転車は鍵の掛かったただの自転車。全てユーザーのスマホだけで管理している。

実際広がるのか?

シェアリングエコノミー花盛りと書いたが、果たして中国でこのサービスは広がるのだろうか?恐らく厳しいのではないかと予想する。

まずはじめに、中国人(上海人?)はそもそも傘というものに対する意識が低い。こちらに来て驚いたが、日本と比べると長い傘を持っている人が異様に少ない。折り畳み傘を使っている人が圧倒的である。上海の天気に一日中雨ということが少ないからか、雨予報の日でも、長い傘を持っている人は少ない。何人かの中国人に聞いたら、『雨がやんだら、長い傘を持ち歩くのは面倒臭いじゃないですか』とのこと。合理的というか、面倒臭がりといういうか…。

であれば、一見このシェア傘は「雨が降った時だけ使える便利なもの」のように思えるが、ただでさえ長い傘を持ちたくない面倒臭がり屋の中国人が、傘を使った後、駅まで返しに来るかという事である。

—————————————————————-

雨降り → 駅で傘借りて帰宅 → 自宅 → 翌日晴れ → 傘持って駅で返却

—————————————————————-

なかなかこの行動パターンは考え辛い。間違いなく家に置き去りになる気がする。

では、「シェア傘」ではなく、「傘の自動販売機」と捉えたらどうか?デポジットの39元は失うが、それで傘は返さなくて良い。つまり、39元(600円強)で傘が購入できるという事である。

しかし、これにも競合が存在する…(笑)。

中国(上海)の街中には、雨が降り出すと、どこからともなく傘を抱えた売り子のおばちゃんが出現し、地下鉄等の出入口で雨宿りしている人たちに売りつけるのである。そこで売られている傘の価格はだいたい10元・20元。品質は相当悪いが、中国人も使い捨ての感覚で買っているようだ。

おばちゃん達が売っている10元・20元の傘に、39元の「摩傘」の傘が勝てるか?恐らくこのデザイン・品質のものに39元は出さないのではないだろうか。

 

まずは2号線からスタートしたが、今後地下鉄各線に広がっていく予定ということなので動向を注視したい。それよりも、まず外国人も使えるようにして欲しいが…。


JAWS DAYS 2018レポート〜あの海外ゲストも!エンジニアの未来を彩る1日〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

3月10日、五反田にてAWSのユーザーグループ最大のイベント「JAWS DAYS 2018」が開催されました!

弊社からはCEO長谷川がパネル登壇した他、レギュラースポンサーもいたしました!セッションや会場の様子をレポートします。

なんとあのJeff Barr氏も来日!豪華なセッション

今年のJAWS DAYSの目玉は、やはりAWSのエバンジェリストたちが海外から来日したことでしょう!

パネルディスカッション「AWS Technical Evangelists Special talk session -スペシャルトークセッション AWSとユーザーコミュニティが生み出すNo borderな未来-」では、悩めるエンジニアを導くエバンジェリストたちの言葉をたくさん聞くことができた。

来日した4人のエバンジェリストと、AWSJエバンジェリスト亀田氏、ソラコムの玉川氏
 

例えば、得意分野や専門知識について、現状の1つのものに加えて「あと1つ、2つエリアを持つとよい」とJeff Barr氏。
AWSのブログを常に書き続けているJeff Barr氏は、エキスパートであり続けることについて、「未来を見越して書く。ベクトルがどこに向いているかを考える。前を向く」と、力を込めて話されていました。

AWSには認定資格があるが、「ネットワークなどは、AWSについての知識があっても(それだけでは)難しい」という分析もありました。ランドル・ハント氏は「2年かけて全てのドキュメントを読みました」と語ります。勉強することについて、「いつか役に立つ」という思いが強いそう。

ブラジルのジュリオ・フェイルマン氏は、技術を学ぶことについて、もし新しいサービスが出てきて学んだことが直接使えなくなってしまった場合でも、「後で役立つはず。全く新しいもの(技術)はない。必ず使えるところはある。」と断言しました。なお、ブラジルにはJAWS DAYSのようなお祭りイベントがあり、くじ引きなど様々なしかけがあるとのこと。楽しそうです!

また、日本での「JAWS DAYS」の盛り上がりについて、「この文化を韓国にも取り入れたい」と熱弁してくれたのが、チャニー・ヤン氏。Jeff Barr氏も、「JAWSが世界中にあればいいのに!素晴らしい!」と太鼓判。最後は、「Be curious(好奇心). 楽しいと思うことをやり続けよう」という言葉で豪華な本セッションは締めくくられました。

続きを読む JAWS DAYS 2018レポート〜あの海外ゲストも!エンジニアの未来を彩る1日〜


try!Swift TOKYO 2018協賛レポート〜ブースの景色から〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

ハンズラボは、3/1〜3に開催された「try!Swift Tokyo 2018」のゴールドスポンサーをいたしました!1日目と2日目の会場は、新宿ベルサールグランド。ここでスポンサーブースを出していました。会場の様子を中心に、レポートします!

自社のロゴが入ってるかチェック。ちゃんとありました(ご満悦)。運営のみなさん、手厚いサポートを本当にありがとうございます!

参加者用Tシャツ。かわいい。綺麗なブルーグリーンですね。運営のみなさんは薄めのパープルカラーでした。

こちらはネームタグ。

インスタ映え!な吹き出しボードはこちら。5種類もある!たまらなくかわいい!ちなみにWIPは「Work in progress」(制作途中)、「IMO」は「In my opinion」(私が思うに)。LGTMは「Looks good to me」(いい感じ、問題ない)。よし、覚えた。

続きを読む try!Swift TOKYO 2018協賛レポート〜ブースの景色から〜


ハンズラボシステム導入事例:SORACOM Canalを活用したバックアップ回線


バックアップ回線もセキュアに SORACOM Canalを使った閉域網接続

ハンズラボではAWSやSORACOMを活用し、小売業向けの業務システム開発を行っております。
今回は東急ハンズでの導入事例をご紹介いたします。

プロジェクト概要

ハンズラボでは、東急ハンズ向けにiPadを使ったPOSシステム「HandsPOS」を開発し、提供しています。この度、本POSシステムのバックアップ回線を、株式会社ソラコムの提供するモバイル回線に切り替えいたしました。「SOROCOM Air for セルラー」をデバイス(ここではIPad)に挿し、閉域網サービス「SORACOM Canal」を利用することで、サーバーまでセキュアに接続することが可能となりました。

東急ハンズの一部店舗に導入しているPOSレジ「HandsPOS」

SORACOM導入の背景

東急ハンズは、現在全国に様々な業態・規模で80箇所以上の拠点・店舗を展開しています。

小売業にとって(もしくは、小売業における店舗運営において)、売上や在庫情報などの様々なデータを、リアルタイムに扱う業務システムは欠かせません。物理的に離れた拠点・店舗とスムーズかつセキュアに、データを取り扱うための通信ネットワークは、システムの基盤となります。

また、各店舗は通信障害などの異常事態でも通常営業できるようバックアップ回線が必要です。しかし、通常ほとんど利用しないバックアップ回線に毎月定額料金を支払っていることから、利用していない分のコストを軽減できると考えました。

その他にも、催事の際にはPOSレジの増設を行いますが、LANケーブルが届かないといった問題もありました。そのような売場での変化に対応できる、機動性やコスト面で柔軟な通信サービスを選択する必要がありました。

「SORACOM Air forセルラー」を使えば、iPadから直接業務サーバと通信を行うことができるため、拠点ネットワークに障害が起きた場合でもSORACOMのモバイル回線に切り替えることで業務継続が可能となります。

また、閉域網接続サービス「SORACOM Canal」を利用することで、許可した通信のみを業務システムへ接続させることができます。低コストかつスピーディに、セキュアな通信を実現することができました。

株式会社東急ハンズ

「ここは、ヒント・マーケット」をコンセプトに、お客様の暮らしに根ざしたベーシックな商品をはじめ、多様なご要望にお応えするための商品を幅広く取り揃えています。すべての商品をお客様の生活を豊かにするための「素材」であると考え、お客様のご要望に何とかしてお応えしたいという思いで、豊富な「素材」を蓄えてきました。これら豊富な素材こそが「ハンズの商品力」。この商品力によって、東急ハンズならではのモノやアイデア、生活のヒントを発見するよろこびを、お客様一人ひとりに感じていただきたいと考えています。

http://www.tokyu-hands.co.jp/


AlexaDay2018に参加&スポンサーしました!〜アレクサ、神戸に連れてって〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

2月11日に神戸で開催された「AlexaDay2018」にて、ハンズラボはアトラクションスポンサーとしてブース出展いたしました!エンジニアも神戸入りし参加してまいりましたので、レポートいたします。

チケット完売、350事前エントリー!

なんと、AlexaDay2018のチケットはイベント前に完売。事前エントリー数は350名にのぼりました。どんどん受付に参加者の方が集まって来られ、熱気に包まれた神戸。三連休の中日(日曜でした)にも関わらず、近畿圏だけでなく、東京や石川から来られた方もいらっしゃいました。

下記は弊社ブースの様子です。Alexaスキル スタートプランと、東急ハンズのAlexaスキル開発事例を掲載したちチラシ、ステッカーなどのノベルティを準備しました。ん?真ん中にちょこんと鎮座しているのは・・・

Echo Spot!こちらはまだ日本では発売されておらず、CEOの長谷川がアメリカで調達してきたものです。ちゃんと技適マークは付いておりますのでご安心を(重要)。

日本で発売されていないので、当然のように日本語対応はしておらず・・・。英語で「Alexa、take a picture.」と話しかけると、写真を撮ってくれます。写真はAmazon photoへ保存されます。画面があると、音声で話しかけて音声と画像や映像で返してくれるのでとても楽ですね。天気を聞くとその日の天気を表すアイコンが出てきたり、知りたいレシピの内容が表示されたり、と一部のアプリ・機能だけでも便利さを感じられました。

次はセッションレポート!

続きを読む AlexaDay2018に参加&スポンサーしました!〜アレクサ、神戸に連れてって〜