AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

代表メッセージ


身近なiPhoneを業務用端末で使う——常識を超えてその先へ

10月1日付で代表取締役社長に就任した余宮です。これまではハンズラボで開発したシステムを東急ハンズで使う側でしたが、今度は開発する側に回ることになり、リテールの最前線で欲しかった機能をストレートに開発できるのでワクワクしています。よろしくお願いいたします。

これまで、iPadのPOSシステムの導入や、iPod touchやiPhoneを業務用端末として活用する。オンプレサーバーを廃し、全てクラウド化(AWS)するなど、様々な取り組みを東急ハンズとハンズラボは行ってきました。

iPhone導入後も、セミセルフレジを導入した時も、業務用の高価な専用機器を導入することなく、スタッフにとっても身近なもの、普段遣いの延長線上にある機器で時代に対応させることができました。コストをかけず新しいものを、低いハードルで導入することができる。これがまさにハンズラボが提供できる強みなんです。

普通に使い慣れたスマートフォンを業務で使う、導入ハードルを低くして誰でも直感的に使える仕組みを提供するのが我々の役割です。「最新のテクノロジーを最低のハードルで提供する」ここをお伝えして行きたいと思っています。顧客の目線であらゆるところにイノベーションを起こし、常識を破壊して行くぞ!という気持ちでいます。

自ら実践し続け、感じた新しいものに取り組みたい

実は、新入社員で東急ハンズ町田店の営業管理課に所属していた時に、富士通のEPOCALC(エポカルク)を使って自分で予決算のシステムを作ったことがあります。当時経理のプロフェッショナルが苦戦していた業務を、経理素人の自分でもITの力を借りることで簡単に処理できるようにすることができた、これがまさにITの真骨頂だなぁと思いました。

その後、ITを積極的に取り入れる仕組みづくりにもいろいろ関わってまいりました。1990年に、東急ハンズ横浜店にIBMと共同開発した単品管理システムが導入されたのですが、そういった苦労の現場も近くで見てきましたし、新しいMDシステムやwebEDIの導入も店長として率先して取り組んできました。こういった新しいテクノロジーに対して貪欲に取り組む気持ちは今も変わりません。

顧客視点に基づいた商品開発をすること。これを実現するには、エンジニア自身がクライアントを取り巻く環境、マーケティングを考え抜いた上で新しいテクノロジーを積極的に導入して問題を改善する姿勢が不可欠です。未知のテクノロジーにどんどん挑戦し、お客様の多様なニーズに対応した唯一無比の商品を創りだすこと、それが我々の最大のミッションであると考えています。

リテールで培った顧客目線で、お客様のコアビジネスを常に見つめ、その先を提案する

東急ハンズでのコンサルティングセールス(接客相談販売)の実践において、お客様の潜在ニーズを引き出し、販売に至ったときの予想以上のお客様の喜ぶ姿が我々の原点です。
そういった感動をお客様に常に提供していきたい、お客様のコアとなるものを理解し、お客様にとってのお客様の目線を持ち、気づかない部分にも目を凝らし続けること。徹底した顧客目線に立って、システム開発のお手伝いをしていきたいと思っています。

余宮 信吾(よみや・しんご)
1983年に東急ハンズ入社後、町田店開店準備室に配属。
その後、経営企画室、営業管理部などを経て、ららぽーと豊洲店・横浜店・MD企画部・池袋店を歴任。2014年より総務部長、2017年より取締役 執行役員となる。2018年4月にハンズラボ取締役。10月1日付で代表取締役に就任した。

AWS Loft Tokyoに行ってきた〜突撃!隣のコワーキングスペース〜


こんにちは、マーケティング担当の青木です。

10月1日に正式オープンした、噂の「AWS Loft Tokyo」。オープニングセレモニーに参加してきましたので、潜入レポートをお届けしたいと思います。

AWS Loft Tokyoって?

AWS Loft Tokyoは、アマゾン新目黒オフィス内にある「AWS を利用中のスタートアップおよびデベロッパーのための施設」( https://aws.amazon.com/jp/start-ups/loft/tokyo/ )であり、コワーキングスペースとして利用できます。

いくつかポイントをまとめます。

・目黒セントラルスクエア内、アマゾン新目黒オフィスの17Fにある
・コワーキングできる
・利用するためには、AWSのアカウントが必要
・平日10時〜18時に利用可、最終入室は17:30
・AWSのソリューションアーキテクト(SA)さんやサポートエンジニアさんが常駐してくださっている (10/6:追記しました)
・カフェが併設されている

ざっくりこんな感じです。行きたくなりましたか???(早い)
ではオープニングセレモニーの様子と合わせてレポートします!

Rekognitionでラテアート!あなたは誰に似てる?

AWS Loft Tokyoには、電源、Wifi、コワーキングスペースだけはなく、カフェも併設されています。入り口を入って進むと、右手にカフェが。その名も「Café Hello World」!!飲み物だけでなく軽食もあるのでとても便利ですね。

なんとここでは、タブレットで撮影した顔写真をラテアートにしてくれます。

しかも、Amazon Rekognitionを使って似ている著名人を判定。その著名人の名言も一緒にラテアートに!!!私は23%与謝野晶子さんでした。(国語大好き系の私、感激いたしましたよ・・・)

ひっそりとAmazon自販機もありました。便利。MonsterとかDr.Pepperとかあるのいいですね・・・

イノベーションの場としてのAWS Loft Tokyo

オープニングイベントでは、AWS長崎社長による講演で、AWS Loft Tokyoについての説明がありました。その中で、AWS Loft Tokyoは「スタートアップとデベロッパー向け」の施設であること、そしてどういったことをこの場所で生み出して行きたいのかが語られました。その一つとして、スタートアップはイノベーションにチャレンジしていて、それはつまり誰もやらなかったことにぶつかることにもなるであろう、という点。そしてそれはもちろんテクニカル的な課題もあるでしょう。AWSも、今まで想定されなかった使われ方をしたり、改善が必要な点が見つかったりする可能性があります。それらを見つけて進化して行きたい・・・というお話でした。これまで以上に、スタートアップの発展が、そしてAWSの進化が生まれそうでワクワクしますね!

続きを読む AWS Loft Tokyoに行ってきた〜突撃!隣のコワーキングスペース〜


20年新卒向けイベント「1から学ぶWebアプリ開発&品質管理!」、10月開催!


株式会社バルテス様と共催の、採用イベント第4弾!20年新卒向けイベント「1から学ぶWebアプリ開発&品質管理!」を10月19日(金)に開催いたします。

AWSを用いたWebアプリ開発を行うハンズラボと、ソフトウェアテスト&品質管理を行うバルテス様による、20年新卒の学生の方に向けた勉強会と先輩エンジニアとの交流会をセットにしたイベントです。

軽食&飲み物ありのカジュアルなイベントで、過去回では赤裸々トークも飛び出したとか……?

ITエンジニアの仕事に興味のある方、ざっくばらんな業界トークを聞いてみたい方のご参加、心からお待ちしております。

日時:2018年10月19日(金) 16:00〜(受付15:45〜)
会場:バルテス株式会社(半蔵門)
詳細・お申し込みはこちら


採用担当がAWS認定クラウドプラクティショナー試験を受けた話


こんにちは、エンジニア採用担当の村田です。

今回はタイトルの通り、今年から新しく始まったAWS認定クラウドプラクティショナー(AWS Cloud Practitioner)試験を8月に受験し、無事に合格したので、その体験記を書きたいと思います。

試験概要

  • クラウドとは何か、AWSの特徴は何か、AWSにはどんなサービスがあるか、AWSの料金体系やサポート内容はどうなっているか・・・などAWSに関する基礎知識を問うものです。AWSの各種認定の中で一番初歩的なレベルの試験で、非技術者でもチャレンジしやすい内容。
  • クラウドの概念(28%)、セキュリティ(24%)、テクノロジー(36%)、請求と料金(12%)の4分野から出題
  • 試験時間は90分、受験料は税別11,000円
  • 指定の試験センターで受験

詳細は公式ページをご覧ください。

 

なぜ受験しようと思ったのか

非技術職向けの資格試験が誕生したと聞き、AWSネイティブでアプリ開発をし続けているハンズラボの一員として受けないという選択肢はないでしょう!と思い立ちました。

あとは、これまでフワッとしか理解していなかったAWSについて、もう少し必要な範囲で体系立てて理解したいなと思っていたのも決め手です。

自分のスペック

仕事は前職で広報や庶務を6年、現職に移ってからエンジニア採用を1年半。技術的な実務経験は皆無です。

ただ、採用業務では実際に書類選考や一次面接に携わっているので、そこで判断や会話ができるよう基本的な知識は身につけるようにしてきました。アプリ側とインフラ側ってなんなのか、サーバーってなんなのか、どんなソフトウェアがあるのか、今どういう言語が人気なのか・・・などなど。

(ちなみにハンズラボは、Slackでのコミュニケーションが盛んで、エンジニアのみなさんがどんどん技術ネタを発信してくれるので、新鮮な技術情報に日々触れられるという環境もかなりプラスに作用していると思います)

受験に向けてしたこと

基本的には公式ページの「試験準備」に書いてある内容にきちんと取り組めば十分ではないかと思います。

私ははじめ何をすれば良いか全くわからなかったので、ひとまず公式情報に則り、オンライントレーニングであるAWS Cloud Practitioner Essentialsを受講することにしました( https://aws.amazon.com/jp/training/course-descriptions/cloud-practitioner-essentials/ )。

Essentialsのトレーニング概要を見たところで、勉強期間の目処を立てて本試験の受験を先に予約。私の場合は勉強期間を2週間弱としました。

その後はオンライントレーニングを全て見てから、各講座の練習問題で理解が浅いなと思ったポイントを中心に、主たるサービスについて公式サイトやホワイトペーパーで情報を見る、というやり方で進めました。

なおEssentialのなかで、VPCの設定の仕方やS3など各種サービスの設定の仕方など、かなり実践的な解説が突如スタートする講座もあって「えっこんなの試験に出たら無理!!!」となりますが、そうした詳しい技術的な内容は本試験に出ないので、ふんふんと流し見するくらいで大丈夫だと思います。

あとは問題の温度感を確認するために、本試験数日前に模擬試験も受けました。模試は本試験申し込みサイトから模擬試験を選択して申し込めます( https://www.aws.training/certification?src=our-certs )。

ちなみに本試験の制限時間は90分ですが、じっくり見直しをしたうえで確か40~50分くらいで終わりました。問題数は多いですが、時間的な余裕はそこそこあると思います。

結果

合格(スコア805) やったー!

やっておいた方が良いなと感じたこと

  • 勘所がない人は絶対に上記Essentialを全部見るべし。
  • 勘所がない人はできるだけ模擬試験を受けるべし(しかも本試験は模試の1.5倍難しい(と感じた)ので、模試の成績が良くても油断禁物)。
  • Essentialsでは料金体系(リザーブドインスタンスとか)と、サポートプランの話のあたりの説明が少し物足りない感じだったので、受講後はサービスページなどをあらためて読み込んだ方が良いと思います。
  • 個人的にAWS クラウドサービス活用資料集の中の「ソリューション別資料」が理解を深めるのに役立ちました。実際AWSを使うにあたり、いわゆるビジネスサイドが気にしがち/引っかかりがちなポイントの解説などがあり、使う場面のイメージがかなり具体的になります。
    https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/

 

以上、体験記でした。AWS認定試験への第一歩を踏み出そうとされている皆さんのお役に立てば嬉しいです。

最後に

ハンズラボはエンジニアを絶賛募集中です!
会社見学も随時受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。
https://www.wantedly.com/companies/hands-lab

オフィスでお会いしましょう!!

 

トップ画像について:使用したキャラクタ画像はAWS公式ページから引用しました。「AWS認定クラウドプラクティショナーキャラクタ「勇者見習い」」だそうです。かわいい。


ノベルティ、いとをかし〜DevRel Meetupにて登壇しました!〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

9/5に開催された「DevRel Meetup #34 〜ノベルティ〜」にて登壇させていただきました。会場は神谷町のウフルさんです!

「DevRel」とは「Developer Relations」の略であり、外部の開発者とをつなぐ役割を差します。最近私自身イベントで「DevRelをやっています」とおっしゃる方にお会いする機会も増えてきていました。「エバンジェリスト」や「デベロッパーアドボケイト」と呼ばれる方たちも、この分野に精通している方と言えます。

そんなDevRelな方たちが集う勉強会、今回のテーマは「ノベルティ」。我々ハンズラボも色々なノベルティ、グッズを作ってまいりました。外部のイベントに参加する中で「これはいいなぁ〜」と思うノベルティにもたくさん出会いました。本ブログでは、登壇資料も公開していますが、お話しさせていただいたポイントをまとめてご紹介したいと思います。

続きを読む ノベルティ、いとをかし〜DevRel Meetupにて登壇しました!〜