AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

めざせ理想の情報共有! 社内アイデアソンを開催しました


11月16日(金)に、久々の全社イベントとして社内アイデアソンを開催しました!
社内イベントとしては前回のハッカソン以来3年ぶり、そして初めてのアイデアソンです。

なぜアイデアソンか?

ハンズラボも設立6年目。メンバーも50名を超え、この春からは事業部制に移行しました。10月には社長交代もあり、大きな変化の一年だったのです。
そんな変革期の今、みんなでハンズラボのこと、これからのことを考えよう! ということで企画スタートした今回の全社イベント。ベテランも新卒も、エンジニアも非エンジニアも「みんなで」ハンズラボのこれからを考えるために、誰でも参加できるアイデアソンになりました。

事前アンケートで決定したテーマは「理想的なチーム内・チーム間の情報共有」
様々な課題がある中で、皆が一番感じていたのが情報共有の難しさでした。
会社の規模が小さな頃は皆が顔見知りで、誰がどんなスキルを持っているか、困った時は誰を頼ればいいのかなんとなく分かっていました。
そこから一気にメンバーが増え、事業部の垣根が生まれたことで、疑問があっても誰に訊けばいいか分からない、事業部・チームが違うと話しかけづらい……という状況が生まれてしまったのです。

そこで、この問題を解決し、チーム内・チーム間で情報共有するには何が必要か、ツール・制度・設備などについて、6つのチームに分かれて様々な方向からアイデアを出していきます。

発表タイムは17時から。グループ毎に5分ずつ発表をし、参加者全員による投票で1つ、社長の余宮による選考で1つ、計2つの賞が決まります。(豪華景品もあり!)

さらに、この場で盛り上るだけで終わらないよう、社長賞の企画は実際に導入されるほか、今回出たアイデアをもとに、次の全社イベントまでの1年間、情報共有・コミュニケーションの改善活動を推進する改善プロジェクトが行われます。

いったいどんなアイデアが生まれるのか……?
アイスブレイクを終え、チームがいくらか打ち解けた11時頃、いよいよアイデアソンがスタートします!

続きを読む めざせ理想の情報共有! 社内アイデアソンを開催しました


【連載!中国の小売・サービス事情vol.8】地下鉄もスマホ決済で完全なキャッシュレス社会へ


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

上海の地下鉄でスマホ決済がスタート

2018年1月20日から、上海の地下鉄でスマホ(モバイル)決済がスタートした。数ヶ月前から浦東空港を行き来するリニアモーターカー等で実験されていたのだが、今回で全面解禁となる。

ご存知のように、中国の都市部では、ほぼ現金を使わないで生活できるキャッシュレス社会になっているが、これまでは地下鉄やバス・タクシーに乗る際に使用する「交通カード」だけは必ず携帯する必要があった。

参考までに上海の地下鉄の基本情報を伝えておくと、上海の地下鉄には定期というものが存在しない。基本的に切符を買うか、下記画像の交通カードを使うか。交通カードは最初に20元のデポジットを支払って購入し、以降は都度チャージしながら使用するプリペイド方式。

料金は初乗りが3元(約50円)、以降は10kmごとに1元が加算される。最初の1号線ができたのが1994年とのことだが、現時点で14路線が市内を走っている。実に僅か20数年で東京の13路線を抜き去り、今現在も次々に新しい路線が開発されている。

上海で生活する人にとって、スマホとこの交通カードが生活に欠かせないアイテムだったわけだが、使用頻度の高い地下鉄がスマホ決済に対応したことによって、本当に現金を持たずに生活できる環境が整ったことになる。

続きを読む 【連載!中国の小売・サービス事情vol.8】地下鉄もスマホ決済で完全なキャッシュレス社会へ


コワーキングスペースで若者誘致も〜11市町村が取り組むローカルベンチャー〜


2016年秋に地方での起業・新規事業(ローカルベンチャー)」を創出するプラットフォームとして、「ローカルベンチャー推進協議会」が誕生し、全国11市町村が参画している。このローカルベンチャーの最新事例が紹介される「ローカルベンチャーサミット2018」の記者会見が2018年11月2日に東京・神田で開かれた。そこで発表された各自治体の取り組みや民間パートナーとの連携、起業型の地域おこしの具体例を紹介する。ITとの関わりの度合いについては様々であったが、ここからまた生まれ出るものがあると確信し、本ブログにレポートを掲載することとした。

ローカルベンチャー推進事業とは

ローカルベンチャー推進事業は、各自治体の独自の戦略に基づく施策と、ローカルベンチャー(LV)の推進に必要な経営資源を作る協働・連携事業の2つの要素から成るものである。この取り組みにより、地域に新たな経済を生み出すローカルベンチャーを創出することを目指す。KPIはローカルベンチャーによる売上額となっている。

2016年度から数えると、ローカルベンチャーによる売り上げは順調に推移しており、2017年度においての売上計画には未達であったものの、新規事業の創出数は計画を大きく上回るなど、成果も見えてきた。

本記者会見の冒頭挨拶にて、代表幹事を務める岡山県西粟倉村の青木秀樹村長は「(これらの取り組みが)大きな試金石になるかもしれない」と語り、「ぜひ事例を見て欲しい、熱くなっている地方の力を感じて欲しい」と力を込めて訴えた。

ローカルベンチャー推進協議会に参加しているのは、以下の11自治体である。

岡山県西粟倉村(代表幹事)
岩手県釜石市(副代表幹事)

北海道下川町
北海道厚真町
宮城県気仙沼市
宮城県石巻市
石川県七尾市
島根県雲南市
徳島県上勝町
熊本県南小国町
宮崎県日南市

(以上、会員)

では実際に、各自治体ではどのようにローカルベンチャーに取り組んでいるのだろうか。各市町村の事例から見えてきたのは、決して単独で動くのではなく、「巻き込む力」であった。11市町村全ての事例を、ここに掲載していく。

山を活かし、林業の再生へ 西粟倉村

岡山県西粟倉村の青木秀樹村長は、村を支える事業である「林業」について触れた。林業の再生は難しいことであること、だからこそ「もう一度、林業を始めよう」というメッセージを掲げた。林業関連の起業や、移住が増えたことなどが成果として出てきている。山々と森林の風景が美しい西粟倉村HP ( http://www.vill.nishiawakura.okayama.jp/ )

西粟倉村の取り組みのゴールは、「上質な田舎」。若い人々のチャレンジを後押しし、持続可能な田舎を作っていく。

林業に挑戦する若者たちの転入や誘致が増えたことで、村の子どもの人数も回復し、Iターンの子どもは全体の20%にも上る(2018年時点で幼稚園、小学校、中学校の子どもは154名)。若い人に林業を託すことで、新しいビジネスも生まれた。「この仕組みは日本中で必要だ」と先を見据える青木村長の挑戦は続く。

続きを読む コワーキングスペースで若者誘致も〜11市町村が取り組むローカルベンチャー〜


目指せ!re:Invent 2018〜現地開催イベント&待機組向け情報〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

いよいよ来週に迫ってまいりました、AWS re:Invent 2018 !!!!

先日、開催前ブログを書かせていただきましたが・・・

目指せ!re:Invent 2018〜会場は?準備は?日本では?開催前のおさらい編〜

「現地で開催されるイベント」「ストリーミング配信」など、様々な状況が追加で入って来たので、再度ブログにまとめることにしました!

注:2018年11月22日時点での情報です。最新情報はリンク先や公式サイトなどでご確認ください。

re:Inventの見どころ紹介動画が公開されました

re:Inventのみどころ紹介動画が、AWSさん公式YoutubeチャンネルにてUPされています。行かれる方はぜひチェックしてみてください。

続きを読む 目指せ!re:Invent 2018〜現地開催イベント&待機組向け情報〜


目指せ!re:Invent 2018〜会場は?準備は?日本では?開催前のおさらい編〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

今年もいよいよ、AWSの祭典「AWS re:Invent」の季節がやってまいりました。ラスベガスで開催されるこの巨大イベント、2018年版の会場は?見所は?事前準備は?行かない人はどうしたら?おさらいしていきましょう。

(注:本ブログは10/29時点での情報を中心にまとめています)

AWS re:Inventとは?

AWS re:Inventとは、AWSがラスベガスで毎年開催するテクノロジーカンファンレンスです。世界からエンジニアやエグゼクティブ、私のような一般人が集まります。2017年開催時の参加者は約43000人。日本からも700-800名 1200名ほど参加したようです。ホテルの会場をなんと4つも使ったビッグイベントでした。

AWS re:Invent 2018の会場

今年はアリア、ベラージオ、エンコア、MGM グランド、ミラージュ、ヴィダラ、ベネチアンの7つが会場となっています。

会場についての詳細はこちら(公式サイト)

re:Inventの会場図(公式サイトより)

地図を見た感じ近そうに見えますが、端から端は1時間ほどかかります・・・そもそもホテルが大きいので、セッション会場から外に出るまでに時間がかかるのです。シャトルバスもあるので混みますがうまく活用しましょう。また同じ会場のセッションをひたすら受けるという手もあります。

また、受付では入場証(ネームタグみたいなもの)がもらえ、「SWAG」では毎年記念のパーカーがもらえます。サイズは選べます。必ずゲットしましょう。

その他「EXPO」と呼ばれる会場ではスポンサーブースが勢揃い。現地の担当者と話せる機会ですし、ステッカーやTシャツなどをおみやげ用にもらったりも。日本法人を持っている企業の場合、日本人がブースに立っている場合もあります。「THE QUAD」と呼ばれるスペースでも展示がありました。今年も設置されているようです!

続きを読む 目指せ!re:Invent 2018〜会場は?準備は?日本では?開催前のおさらい編〜