AWS活用事例、メディア・セミナー情報などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

AWS 新APNプログラム要件にて コンサルティングパートナー アドバンストを更新いたしました


平素よりお世話になっております。

弊社では2015年にアマゾンウェブサービス(以下、AWS)Amazon Partner Network(以下、APN)アドバンスドコンサルティングパートナーに認定され、パートナーとしてサービスを提供してまいりました。

2019年にAPNプログラム要件が大幅に変更され、より良いカスタマーエクスペリエンスの実現を可能にするため、『知識、経験、お客様の成功』を測ることができる要件設定になりましたが、本年も無事更新することができました。

 


 アドバンストパートナーとは 

AWSに関する営業・技術体制があり、AWSでのシステムインテグレーションやアプリケーション開発などの実績が非常に豊富なパートナーです。(AWS様公式ページより)


 これからAWSを活用されたい方へ 

ハンズラボは東急ハンズから生まれ、2013年にAWS認定 コンサルティングパートナーに認定され、2015年にアドバンスドコンサルティングパートナーに昇格いたしました。

東急ハンズはオンプレミスサーバーから始まり2018年、すべてのサーバーをクラウド化を実現した、AWSが提唱するクラウドジャーニーな企業です。

現在では、東急ハンズのシステム改革は継続し、さらにそのノウハウを活かして、これからAWSの利用をお考え方や、内製開発を行っていきたいお客様に向けてのサポートや受託開発も行っております。

母体である小売業を最大の強みとしつつ、IoT関連や、インフラ構築等幅広い分野の

ノウハウを保持しております。

ぜひ、お問い合わせいただき、ビジネスのお手伝いや業界の発展に貢献させていただけることを願っております。

お問い合わせフォームはこちら

 


 謝辞 

最後に、アドバンストパートナー取得に向けて、数々の顧客企業様並びにAWS パートナー担当の方に、ご協力を頂きました。この場を借りて、厚く御礼を申し上げ、感謝申し上げます。


【連載!中国の小売・サービス事情vol.13】中国人が年収200万円でもポルシェを買える理由


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

昔の中国のイメージしかない日本人が上海に初めて来て一番驚くのは、豊かになったその生活ぶりだ。近代的な高層ビルの数々に高級車が行き交う街並み。上海ではポルシェをはじめ、マセラティ、ジャガー、レンジローバー、メルセデスベンツ、BMW、テスラなど本当に数多くの高級車を見かける。ポルシェにとって世界最大のマーケットは中国であり、その中でも最も売れる都市が上海だそうだ。

一方、彼ら中国人の給与事情はどうか?データの取り方で大きく変わってくるが、2018年の上海の平均年収は約10万元(約160万円)と言われている。毎年給与は上昇しているが、それでもまだ日本の平均の400万円強とは大きな開きがある。もちろんあくまで平均なので職種によって大きく異なるし、中国人は本業とは別に副業している人間も多い。だが、それでも給料ベースで1,000万円以上もらっているような人はまだまだ少ないのが実態である。

では、なぜそのような給与でこのような高級車が買えるのだろうか?車が安いわけではない。むしろ日本より高い。さらに現在、上海などの大都市は車の台数を制限している為、新規でナンバープレートを早期に取得しようと思えば、車両代とは別に100万円以上のお金も必要になる。

それには不動産価格の上昇と、中国語で「動遷(ドンチエン)」と呼ばれる不動産開発に絡む立ち退きが大きく絡んでいる。中国に住んだことのある人なら必ず一度は耳にしたことがある類の話だが、今回はこの仕組みについて紹介したいと思う。

続きを読む 【連載!中国の小売・サービス事情vol.13】中国人が年収200万円でもポルシェを買える理由


オリジナルペットボトルを製作した話


こんにちは、採用担当の青木です。

9月に開催されたiOSDC Japan 2019 にてプラチナスポンサー、ボトルウォータースポンサーをさせていただくにあたり、「オリジナルペットボトル」を製作しました。具体的にはペットボトルのラベルのデザインを自社で行い、発注するという形でした。製作の流れ、気をつけたポイントなどを本ブログにまとめます。

続きを読む オリジナルペットボトルを製作した話


書評・レビュー「徹底活用 Google アナリティクス」


こんにちは、青木です。

この記事は、ハンズラボ Advent Calendar 2019 5日目の記事です!

採用担当として日々エンジニアのみなさんの面接を行っている私ですが、SNS更新やこうしたブログの執筆なども行っています。採用担当も「広報」や「マーケティング」をする時代になってきているな、とひしひしと感じます。

さて今日は、そんな私もちゃんと勉強したいと思いつつできていなかった「Google アナリティクス」について学ぶべく、最近発売された一冊の本を手に取りました。それは「徹底活用 Google アナリティクス」(SBクリエイティブ)。デジタルマーケティングをやっていきたい方、もちろんマーケターだけでなくエンジニアの方にもオススメです。分厚めの本ですが、キャプチャもたくさん入っていて初心者でもわかりやすいと思います。早速、内容をご紹介していきましょう!

続きを読む 書評・レビュー「徹底活用 Google アナリティクス」


社内勉強会「Devイベント」開催報告〜オフィスを出てプレゼンしよう〜


こんにちは、採用担当の青木です。

去る11月12日に、ハンズラボの社内勉強会「Devイベント」を開催しました!

Devイベントとは?

ハンズラボには内製と外販という2つの事業があり、且つその中で各チームに分かれて業務を行っています。各チームやPJTで取り組んでいる技術、取り組み、様々なエンジニアリングを、もっと社内で共有して欲しい、もっとエンジニアがやっていることが知りたい、そんな思いでこのイベントを企画しました。普段社内で会話自体はしていても、お互い仕事もありますしなかなか他のチームの深い話を聞く時間は取れないもの。そんな状況に一石を投じられたらなと思っていました。

なお、基本的に参加や登壇を社内メンバー限定としたのは、話す時の緊張を和らげたい(社外の人向けに話すハードルは高い)、話すことの制限をなるべくかけたくなかったからというところが大きいです。

イベントの開催にあたり、ルールを作り「Devイベント3つの約束」と題し事前にお知らせしました。

Be GEEK(ギークにいきましょう!)
Be honest(晒け出せるのは社内イベントの良さ!)
Have fun(登壇者も参加者も楽しみましょう!)

特に最後の「Have fun」は絶対に譲れない項目でした。楽しければまたやりたい、仕事も頑張りたい、と思えるのでは、と考えました。


張り切ってオープニングムービーも作っちゃいました!

続きを読む 社内勉強会「Devイベント」開催報告〜オフィスを出てプレゼンしよう〜