AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第59回 株式会社アクセルラボ COO新貝文将さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、エンタープライズ系エンジニアが元気に働ける方法を探し、業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。第59回のゲストは、日本のスマートホーム、ホームIoTの最先端を切り開いている株式会社アクセルラボの新貝文将さん(COO)です。海外の新サービスを日本に持ち込むという仕事のスタイルができた経緯や今注目のホームIoT関連サービス、日本のスマートホーム市場の拡大の見込みなど、大いに語っていただきました。

新卒で入社した会社がたまたま外資系になり 海外に関わるように

長谷川: 新貝さんと初めてお会いしたのは、2018年1月にラスベガスで行われたConsumer Electronics Show(CES)でしたね。

新貝: つい3ヶ月ほど前ですね。

長谷川: 僕は、初めてのCESだったんですよ。いつもニューヨークで開催されるNational Retail Federation(NRF)という全米の小売業のテックカンファレンスに参加していて、例年だとCESの開催時期と被っているか、間が1週間くらい空いちゃっているようなタイミングが多かったんです。今年はちょうどCESが終わってすぐNRFで、CESの方が面白いっていう話も聞いていたので、ぜひ行こうと。

新貝: もともと我々が入れていた米国企業アポに長谷川さんも同席されることになって、アポの直前にエレベーターホールで初めてお会いしたんですよね。長谷川さんは僕のことを女性だと思っていたという(笑)

長谷川: 名前にFumiと書いてあったから、英語を喋れるかわいい子が来るのかなと思ったら「あれ? おっさん? おかしいな」みたいな(笑)。
でも初めてのCESだったから、新貝さんに色々案内してもらって本当に良かったですよ。

新貝: 本当ですか。良かったです。

長谷川: かなり衝撃を受けたんですよ。僕らが「あったらいいな」と考えるようなIoT商品は大体CESで出展されていることも分かったし、「ここにはこんなにあるのに、日本ではIoT商品が全然売ってないな」ということも改めて気づきました。

新貝: そうですね。

長谷川: CESでお会いした時は、今のアクセルラボに移る前で、コネクティッド・デザインという会社でしたよね?

新貝: そうです。東急電鉄グループのIoTの会社です。

長谷川: もともと東急なんですか?

新貝: 違います。結構転職しているので経緯を説明すると長くなるのですが、新卒で入ったのはインテュイットという会社です。

長谷川: アメリカの、「弥生」みたいな会計ソフトの会社ですね。

新貝: よくご存知ですね。もともとは「弥生」を作っていた日本の会社に内定していたんですけど、入社したらインテュイットと統合して外資系の会社になったんですよ。そこで4年ほど社内システムなんかをやっていたら、あるときインテュイットの日本法人の中で検索エンジンの「エキサイト」のプロジェクトが立ち上がって。

長谷川: あの「excite」?

新貝: そうです。当時アメリカにExcite@Homeという会社があって、それは検索エンジンのexciteとケーブルテレビ網を使った高速インターネットサービスの@Home Networksが合併した会社だったんです。
日本ではexcite Japanを伊藤忠が立ち上げたんですが、住商とJ:comがExcite@Homeと1999年に@Home Networksの日本法人にあたる@NetHomeというジョイントベンチャーを立ち上げ、僕はそこにスタートアップメンバーとして入ったんです。
最初の仕事が北米で動いているバックエンドシステムを日本で立ち上げるというのと、J:comのインターネットサービスの立ち上げでした。それから2年後くらいにITバブルが崩壊して本社が潰れちゃったので、色々なオペレーションをテイクオーバーさせるために海外のプロダクトを引っ張ってきて日本仕様にカスタマイズするようなプロジェクトを、いくつか中心になってやらせてもらいました。

輸入したスマートホームのプラットフォームが注目され、新会社設立のきっかけに

長谷川: どういう経緯でIoTに関わるようになったんですか?

新貝: J:comでは、エンジニアでありながら海外のプロダクトをもってきて日本で新規事業を立ち上げるということを7年くらいやらせてもらえました。J:comのインターネットサービス、デジタルテレビサービス、VoIP型の固定電話サービスの立ち上げにすべて関わらせてもらったのですが、あまりにも忙しすぎてちょっと疲れてしまい、少し楽をしたいと思ってITや通信業界を離れようと製造業の会社に行ったんです。
そこで1年ほど経ち前線での忙しさが懐かしくなってきた頃、J:com時代に導入したカナダのソフトウェアの会社から「アジア展開したいから手伝って欲しい」という声がかかったので、一念発起して個人事業主になってそこと契約し、営業活動や日本法人の立ち上げをやりました。そのときのお客さんが、東急電鉄グループのイッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)だったんです。それがきっかけでイッツコムから「うちに移籍してくれ」と言われ、2011年にイッツコムに入りました。

長谷川: なるほど。そこからコネクティッド・デザインに?

新貝: はい。最初はイッツコムの事業としてやっていたんですけど、なかなかスケールしにくくて。あるとき、スマートホームのプラットフォームで世界最大手だったiControl Networksという会社を日本に引っ張ってきたんです。それが日経の一面に出たんですよ。「東急グループがアメリカ最大手と提携してスマートホームの事業を立ち上げる」って。それをきっかけに色々な会社から問い合わせが入るようになり、その中にニフティがありました。一緒に会社を作りましょう、という打診があって、それでニフティとイッツコムと東急電鉄でコネクティッド・デザインという会社を作りました。

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第59回 株式会社アクセルラボ COO新貝文将さん


合同イベント「技術選定の裏側をのぞかNight」開催レポート!


5月16日(水)にバルテス株式会社さんとの合同イベント「技術選定の裏側をのぞかNight」を開催しました! 両社のエンジニアがテーマに沿ってノウハウ、裏話、失敗談をお話し、お酒と軽食を入れての質疑応答もあるディープなイベントで、今回で3回目になります。

半蔵門のバルテスさんオフィスは、まるでバーのようなオシャレ空間!!
お酒も充実しています。素敵。

バルテスバー

今回の登壇エンジニアは、バルテスからは中村さん、加藤さん。ハンズラボからは駒場(iOS)と、田村(Webアプリ)が参加しました。

第一部は参加者の皆さんへの自社紹介タイム。それぞれどんな事業を行っているか、何を開発しているかなどをお話します。
プライム案件が9割を占める品質管理のプロ、バルテスさんと、リテール向けの業務システム、webアプリの開発中心のハンズラボ。技術選定にはそれぞれ違った苦労がありそうな予感。

第二部は飲食解禁! ビール片手で和やかにパネルトークが進みます。
最初のアイスブレイクでは最近使っている開発ツールやプロジェクト管理ツールを簡単に紹介。その後本題の技術選定の話に移ります。

続きを読む 合同イベント「技術選定の裏側をのぞかNight」開催レポート!


合同イベント「炎上鎮火しナイト」開催レポートと次回イベント予告!


こんにちは!ハンズラボのマーケ担当、青木です。

今回は、2月に開催したイベント「炎上鎮火しナイト」のレポートと、5/16(水)に開催する「『技術選定の裏側』をのぞかナイト」のお知らせです!

まずお知らせから・・・

「『技術選定の裏側』をのぞかナイト」を開催します!

5/16(水)に、バルテス株式会社様と共同で、「『技術選定の裏側』をのぞかナイト」を開催します!

プロジェクトの状況や、会社ごとのビジョンやカラーなどが反映されるであろう、『技術選定』。本イベントでは、2社(ハンズラボ株式会社、バルテス株式会社)の エンジニアが経験談やノウハウを共有しながら、リアルな成功例、失敗例を赤裸々にお話いたします。弊社からは、iOSエンジニア駒場と、webエンジニア田村が登壇いたします。

2社エンジニアからの話だけでなく、参加者のみなさんからも意見をいただいたり、交流したりする時間もご用意しています。軽食&ドリンク(お酒あり)もご用意していますので、お気軽にご参加ください。

5/16(水) 19:30〜@半蔵門 詳細・お申し込みはこちら>>「『技術選定の裏側』をのぞかナイト

「炎上鎮火しナイト」を開催しました!

宣伝タイム終了!()

さて、去る2月、同じくバルテス株式会社様と共同で「炎上鎮火しナイト」を開催いたしました。

場所は半蔵門のバルテスさんのオフィスです。こんなソファーまである素敵なスペースにて行いました。「『技術選定の裏側』をのぞかナイト」もこちらで行います。

ハンズラボからは、田部井と山﨑が参戦。登壇前の様子ですが、余裕の表情?

続きを読む 合同イベント「炎上鎮火しナイト」開催レポートと次回イベント予告!


ISAOさん主催のスマートスピーカー&VUIイベントに参加しました!


こんにちは、エンジニアの松本です。

4月25日(水)に開催された、株式会社ISAO主催『スマートスピーカー・AI音声アシスタント ビジネス活用セミナー & VUI体験ワークショップ』に参加してきましたのでレポートしたいと思います!

ISAOさんは「くらまね」というAWS構築、運用・監視サービスの一環として
Amazon Alexa スキル開発支援をされていて、
スマートスピーカーイベントも今後どんどん開催していきたい!ということで、
今回はスマートスピーカー市場動向から今後のビジネス展望を考えるセミナーと、
VUI体験ワークショップのイベントでした。

会場はISAOさんのオフィス。

入り口のロゴがカラフルでポップかわいいですね。

Pepperがお出迎え。

ISAOさんの会社紹介でスタート

スマートな認証・課金ができるというMamoruシリーズの紹介が特に印象に残り、
いいなー、と思っていたら後日Mamoru PUSHで特許を取得されたとのことで
かっこいいなー!ますます気になります。

「スマートスピーカー・AI音声アシスタントの市場動向」

ゲストスピーカーはSmartHacksの山本武尊さん。
SmartHacksさんは驚異的なスピードでスマートスピーカースキル・アプリの情報を更新している、スマートスピーカー専門メディア、「SmartHacks Magazine」の運営をしていらっしゃます。

そんな山本さんからは、具体的な数字を元に、スマートスピーカー・AI音声アシスタントの市場の動向の紹介。

EchoとGoogle Homeの出荷台数だとどっちが多いか?
答えはEcho。
だけどAlexa 対 Google Assistantのシェア率だと、、、

Google Assistantが圧勝!
何故ならAndroid端末にGoogle Assistantが搭載されているからですね。

Google Home向けにアプリを作ったつもりでも、実際はスマホで使用されていることもよくあるんだとか。
Cortanaさんというものがありながら一部WindowsPCにAlexaを搭載することが発表されているので、Alexaにも似たようなことが近い未来起きるかもしれませんね。
スマートスピーカーというのはあくまでもAI音声アシスタントをメインで使用することを一般消費者に意識させるための入り口なのかもしれないと思いました。

音声アシスタントは各社の思惑により使われる目的が全く異なります。
ビジネス活用の展望としてはこの各社の目的が一つのポイントとなるのではないでしょうか。

よく「これは何?」といった質問に柔軟に対応できるのはGoogle Assistantという声を聞きますが、それはやはりこのGoogleの思惑がGoogle Assistantの根底にあるからでしょう。

ビジネス活用方法としては
・アプリの有料化
・アプリ内の音声広告
・自社商品・サービスの購入につなげる(TOKAIおいしい水の宅配便スキルなど)
などが考えられます。

5/4の「Alexaのスキルにスキル内購入を書ける」というニュースを見ても
「自社商品・サービスの購入につなげる」はAmazonが今後力を入れていきたいであろうポイントと思われますね。
しかし現在、そこまで発展できているスキルはまだ少なく、ビジネス利用としては 「ブランディング・チャネルの拡大」 が今のところもっとも有効とのことでした。

「アメリカ生活で見つけた、スマートスピーカーの普及と日本の未来予測」

続いては、ISAOの中嶋あいみさんのセミナー。
2ヶ月のアメリカ・テキサス州での生活で実際に見聞きしたスマートスピーカーの普及具合やCESでの評判について紹介していただきました。

日本でEchoシリーズの購入は招待制が解除されたばかりの段階ですが、アメリカでは大型スーパーでも販売されているそうで、日用品の延長線上にEchoがある、というお話が興味深かったです。

アメリカの家屋は日本と比べて広いので、一家に一台ではなく、一部屋に一台という感覚が浸透しつつあるとか。
家屋の広さという前提があるので、必ずしも日本が同じようになる訳ではないと思いますが、部屋やシーンにあった音声アシスタントデバイスを一家で複数台持つ未来は日本でも十分に考えうると感じました。

アメリカのAlexaスキルのマネタイズ方法には、
・Amazonに認められたスキルには報酬が支払われる
(ただし報酬額等の制度については公開されていない)
・スキル内課金
(β版 限られたスキルにのみ許可されている段階)
があり、スキル開発者を支援する制度が次々導入されています。

これらの制度は、直接的にビジネス展開につなげるというよりも、現在のスマホアプリのような存在へAlexaスキルが移行していくための支えだと思われますが、
スキル開発者を増やし、育てることはビジネスが本格化したときのことを考えるとなくてはならない制度ですね。

VUI体験ワークショップ

Googleが提唱しているデザインスプリントという手法でVUIデザイン作成体験をしました。
本来のデザインスプリントはプロトタイプ作成までで5日間かけて行うのですが、
今回はワークショップということでアイディア出し〜簡単なシナリオ作成・テストまでをコンパクトに1時間ほどで取り組みました。

4人ほどのチームに分かれ、「飲み会を盛り上げるスキル」か「会社の受付スキル」のテーマを選択してアイディアを出していきました。
エンジニアはもちろん、学生の方やマーケ担当の方も参加していて、エンジニアの自分にはない発想や感覚を得ることができました。
デザインスプリント自体は体験したことがあるひとでも発見があり、充実した時間になるのではないかと思いました。

出来上がったシナリオは、シナリオを作ったチームがAlexa役、シナリオを知らない他のチームがユーザー役というロールプレイで試してみました。
Alexa役がうまい人がいたり、シナリオが思い通りに機能したり、しなかったりで和気藹々と頭をほぐすことができました!

VUIが優れている、というのはどういうことなのか。
正解のない世界ですが、例えば上のスライドの右の会話と左の会話だったら
どちらがストレスなく進むでしょうか。

むずかしい・・・。
声に出して考えること、シナリオを知らない人に試してもらうことが重要ですね。

VUIはスキルの個性を決める部分になるので、開発するエンジニアだけでなく、スキル開発支援を依頼する顧客にとっても知っておきたい重要な設計です。
ビジネス活用セミナーと一緒にVUI体験ワークショップを行うことで、一緒に考えていく土台づくりができて面白い試みだなと感じました。

おまけ

こちらの写真は、休憩時間の一コマ。
奥にあるのはjiboです。写真撮ってもらっちゃいました。

懇親会も盛り上がりました!万世の万カツサンドおいしい・・・!
ISAOの社員の方、どなたと話しても活き活きとしていて素敵な会社でした。
ありがとうございました!


【連載!中国の小売・サービス事情vol.3】傘のシェアリングサービス「摩傘」


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

今回の「シェア」は傘!

日本でもすっかり有名になったシェアバイクに始まり、車、宿泊施設などシェアリングエコノミー花盛りな中国に、今度は「シェア傘」が登場した。

シェア傘は、少し前にも別の会社がスタートさせていたようだが、その時は、提供した傘が全く戻ってこず、中国人の民度を考えるとシェア傘は無理だろうとネタ的に消費されていた。

中国で「レンタル傘」がスタート → 約30万本盗まれてサービス中断に

そんななか、今回新しくスタートしたサービスの名前は「摩傘(モーサン)」。少なからず前例の失敗を学習した上でサービス提供を開始したようだ。

始まったのは地下鉄2号線の各駅。改札を出たところに、幅2mほどの筐体が設置されており、合計48本の傘が収納されている。

使い方

  1. まずは「摩傘」のアプリをダウンロード。※iPhoneだと日本のAppStoreではダウンロード出来ない。中国 or アメリカのAppStoreからダウンロードする必要あり。
  2. 携帯番号を入力してSMSで承認番号を取得。承認番号を登録すればOK。※日本の電話番号では登録できないので、中国の携帯が必須。
  3. デポジット39元(600円強)を WeChat・Alipayのいずれかで支払う。
  4. 氏名・身分証を登録してID登録が完了。※「mobike」など他のサービスなら、外国人はパスポートが身分証になるのだが、このサービスは中国人の身分証IDでないと登録できない… → 中国人しか使えないサービスということ!
  5. 自分のアプリで表示させたQRコードを機械で読み取らせたら傘のロックが外れるので、時間内に傘を取り出して完了。

今はテスト期間中なのか、24時間以内はタダ、以降は1日2元(30円ほど)、7日以上返却されなければ購入したと見なして、デポジットが取られる仕組み。

その他のシェアリングサービスもそうだが、1元や2元の少額でも、WeChatやAlipay決済があることによってスマホ上で支払いが成立するというのが、中国でシェアリングサービスがこれだけ普及している理由の一つだろう。

実際使うシーンは少なそうだが、アプリ上ではシェア傘が設置されている駅、そこに何本の傘が残っているかが分かるようになっている。

傘のシステムで識別しているのか?返す場所は決まっているのか?別の傘を返したらどうなるの?壊れた傘だったらどうするの?とか色々気になる。

実際サービスを使うことができないので自ら確認することはできなかったが、恐らく傘自体は完全なアナログ傘だと思われる。自転車の「ofo」もそうだが、「mobike」のようなIOT・デジタルでカバーできないところは量でカバーする中国式のやり方だろう。自転車に比べて単価も安いし、すり替えられたりしても問題なしということだろう。
※「ofo」の自転車は鍵の掛かったただの自転車。全てユーザーのスマホだけで管理している。

実際広がるのか?

シェアリングエコノミー花盛りと書いたが、果たして中国でこのサービスは広がるのだろうか?恐らく厳しいのではないかと予想する。

まずはじめに、中国人(上海人?)はそもそも傘というものに対する意識が低い。こちらに来て驚いたが、日本と比べると長い傘を持っている人が異様に少ない。折り畳み傘を使っている人が圧倒的である。上海の天気に一日中雨ということが少ないからか、雨予報の日でも、長い傘を持っている人は少ない。何人かの中国人に聞いたら、『雨がやんだら、長い傘を持ち歩くのは面倒臭いじゃないですか』とのこと。合理的というか、面倒臭がりといういうか…。

であれば、一見このシェア傘は「雨が降った時だけ使える便利なもの」のように思えるが、ただでさえ長い傘を持ちたくない面倒臭がり屋の中国人が、傘を使った後、駅まで返しに来るかという事である。

—————————————————————-

雨降り → 駅で傘借りて帰宅 → 自宅 → 翌日晴れ → 傘持って駅で返却

—————————————————————-

なかなかこの行動パターンは考え辛い。間違いなく家に置き去りになる気がする。

では、「シェア傘」ではなく、「傘の自動販売機」と捉えたらどうか?デポジットの39元は失うが、それで傘は返さなくて良い。つまり、39元(600円強)で傘が購入できるという事である。

しかし、これにも競合が存在する…(笑)。

中国(上海)の街中には、雨が降り出すと、どこからともなく傘を抱えた売り子のおばちゃんが出現し、地下鉄等の出入口で雨宿りしている人たちに売りつけるのである。そこで売られている傘の価格はだいたい10元・20元。品質は相当悪いが、中国人も使い捨ての感覚で買っているようだ。

おばちゃん達が売っている10元・20元の傘に、39元の「摩傘」の傘が勝てるか?恐らくこのデザイン・品質のものに39元は出さないのではないだろうか。

 

まずは2号線からスタートしたが、今後地下鉄各線に広がっていく予定ということなので動向を注視したい。それよりも、まず外国人も使えるようにして欲しいが…。