採用情報

募集職種 メッセージ インタビュー

メッセージ

メッセージ
メッセージ

代表取締役社長 金子 修次(写真左)

 

1987年東急ハンズ入社。池袋店を経て、長年経理・財務を担当後、2012年池袋店統括マネージャーに就任。2015年経営企画部長、2017年執行役員(部長)を歴任後、2020年4月より同社 取締役 執行役員及びハンズラボ株式会社 代表取締役社長に就任。

 

 

COO 北垣 次郎(写真右)

 

2000年に日系SIerに入社。流通、製造、金融、公共系など複数業界におけるITインフラやアウトソーシングに関するコンサルに従事する。
2019年株式会社東急ハンズに入社、IT部門の責任者を経て、2020年よりハンズラボ株式会社の取締役COOに就任。
現在は東急ハンズのDX実現に向けた企画を推進中。

 

 

 

二人から見たハンズラボの魅力を教えてください。

 

自社で東急ハンズを支える基幹系システムを構築・運用しており、自分たちで作ったシステムがリアルの店舗で動いていることを実感できます。
特にPOSシステムは、iPadを用いた「誰でも使えるPOS」を目指して開発したもので、レジでの従業員の業務に寄り添った短時間で使いこなせるようなシステムとなっています。
技術面ではAWSを全面的に採用しており、お客様のニーズを踏まえたAWSのサービスベースのアーキテクチャでのシステム構築を推進しています。そのため、社内にはAWSの資格保有者も多く、会社として資格取得を積極的に支援しています。

 

 

現在のハンズラボの事業、及び会社が目指す姿についてどう考えていますか?

 

東急ハンズ向け事業では、小売事業者の「商品の調達~店舗への商品供給~在庫・商品管理~販売~売上計上」というサイクル全般にわたり、自社構築のシステムで運用していることに加え、ECやポイントシステムについても自社構築しています。今後は、東急ハンズのDX推進に伴い、より事業と一体化したITシステムの整備を行っていく予定です。

外販事業に関しては、お客様との間で従来型の委託/受託の関係にとどまらないパートナーとして開発を行っています。現在の顧客基盤である東急不動産グループ会社に加え、それ以外の業態のお客様に対しても、これまでの東急ハンズでのシステム開発経験を生かしたシステム開発サービスの提供を行っており、今後さらに外販に注力していく予定です。

会社が目指す姿については、フリクションレス、みんなにとって気持ちいい社会の実現を支える会社でありたいと考えています。
その目標に沿って、ハンズ事業ではITを最大限活用したお客様にも従業員にも優しい店舗を実現することを、外販事業では顧客企業が持っているフリクション(=かゆいところ)を解消し続けられるパートナーとしてITサービスを提供することをそれぞれ目指しています。

 

 

どんなマインドの方と一緒に働きたいですか

 

自社システム構築から数年が経過し、開発フェーズから維持フェーズに移行したことで、システムのリファクタリングによる再生が求められています。現行システムを維持しつつ、より良い形に作り替えていくことに喜びを見いだせる人材に我々の事業にジョインしてもらいたいと考えています。
また、ハンズラボはまだまだ若い会社であり、今後は会社の制度や体制を刷新する・整備する必要があると感じています。そのため、会社自身のリファクタリングに積極的に取り組める人材も歓迎します。

採用情報はこちら