AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

ハンズラボシステム導入事例:ダイドードリンコ様IoT自販機


IoT自販機の実現にSORACOMを導入 クラウドへセキュア且つ簡単にデータを送信

ハンズラボではAWSやSORACOMを活用し、小売業向けの業務システム開発を行っております。
今回はダイドードリンコ様、富士電機様での導入事例をご紹介いたします。

プロジェクトの概要

ダイドードリンコ様が全国に展開する「SmileSTAND」にて取り組まれている、自販機IoTプラットフォーム化において、ハンズラボは富士電機様と共に本サービスに関する開発を行いました。

ダイドードリンコ株式会社(大阪府大阪市)が提供するIoT自販機「SmileSTAND」

 

この自販機IoTプラットフォーム化においてハンズラボは、IoT自販機より行われる、販売データや自販機データのAWS(Amazon Web Services)への送受信や、IoTデバイスを管理するためのシステム開発を担当しています。なお、自販機によるIoT化を実現するにあたり、SIMカード「SORACOM Air for セルラー」を取り付けたIoTデバイスを使用しています。IoTデバイスからのデータ収集は「SORACOM Funnel」を用いて、AWSのサービスに直結しています。

SORACOMを選定した理由

IoT通信プラットフォームSORACOMは、IoT向けに最適化された通信とクラウドを融合したプラットフォームです。デバイスにデータ通信SIMカードを用いることとで、セキュアかつリーズナブルな通信を可能にします。

「SORACOM Funnel」は、クラウド連携に必要な認証情報などをクラウド側で管理することで、迅速かつセキュアなクラウド連携を可能にします。本事例では、連携先としてAmazon Kinesis Firehoseを選定しました。「SORACOM Funnel」により、デバイス側に認証情報をもたせることなく、Amazon Kinesis Firehoseとの連携を実現しており、セキュリティに考慮しながら、迅速なデータのクラウドへアップロードを実現しました。(注)。

また、「SORACOM」では、デバイス側からはオーバーヘッドが低いTCPやUDPでモバイル回線で送信し、「SORACOM」側で暗号化プロトコルに変換しサーバーにデータを送信する機能があります。データ通信量を抑えられるオーバーヘッドが低いプロトコルを利用できたことにより、ハードウェア開発元の富士電機様との開発をスムーズに行うことができました。

(注)SORACOMとAWSのコンソールから事前に設定が必要です。

構成図

 

 


【Pick Up! Vol.35】〜Warby Parker店舗体験レポート〜


こんにちは、NY在住ライターの公文紫都です。

今日は、以前ご紹介したメガネのECサイト Warby Parkerの店舗体験レポートをお届けします!

人気エリアSOHOに旗艦店

Warby ParkerはECで注文するときは、「Home Try-On」というサービスを使い、1回につき5本まで自宅でお試しできます。返品も無料。
以前はサングラスで試してみましたが、今回はメガネを買うために店舗を訪れました。

Warby Parkerはここ数年米国でトレンドとなりつつある、「店舗はショールームと考える」というビジネスモデルの先駆けです。
NYだけでも8店舗を構え、ターミナル駅のグランドセントラル駅にも店舗を構えるなど実店舗展開に力を入れていますが、店舗はあくまでショールームとしています。
一部店舗では店内で視力検査もできますが、基本は、「試しにかけてみる場」、というのがこのビジネスモデルの基本的な考え方です。

店内で購入しても注文は「オンライン」で行います。

私は今回、人気エリアSOHOにある旗艦店に行ってきました。

続きを読む 【Pick Up! Vol.35】〜Warby Parker店舗体験レポート〜


【Pick Up! Vol.34】〜Greats体験レポート〜


皆さんこんにちは、ライターの公文紫都です。今回はスニーカーブランド「Greats」をご紹介します。

Greatsは2013年にスタートしたブランドで、主にオンラインで販売を行っています。
同ブランドへのインタビュー記事を掲載している日経トレンディネットによると、特徴は、「小ロット生産、売り切り型。価格は、他社の同等品質の商品と比べ、半分以下。商品リリースは2週間に1度程度で、商品によっては数分で完売するものもある」とのこと。

以前ご紹介したEverlaneとよく似た販売モデルのように感じます。

GreatsのCEOインタビューは、先にご紹介した日経トレンディネットをご参照ください。今回は夫の買い物で試してみたので、その体験レポートをお届けします。

支払いにはAmazon Payも

今回は、モバイルサイトで購入していきます。こちらはメンズの人気ラインの『ROSEN』と、『G-Knit』。


続きを読む 【Pick Up! Vol.34】〜Greats体験レポート〜


米国EC・小売HOT NEWS【14】Amazon Spark体験レポート


皆さんこんにちは、ライターの公文紫都です。
米Amazonが気になる新サービスをスタートさせたとのことで、早速試してみました。

今回ご紹介するのは、Amazon SparkというInstagramのような画像SNSです。
同サービスは、Prime会員向けに提供が始まったもので、会員は自分が過去に購入した商品の画像を投稿したり、また他人の投稿をチェックして、気になる商品があればコメントやリアクションを送ることも、画像の中で紹介されている対象商品をその場で購入することもできます。先行してiOS版アプリの提供が開始されました。

興味のあるカテゴリを登録

では早速見ていきましょう。
スマホアプリを開くと、メニューのなかに新しくSparkが追加されたことが分かります。

続きを読む 米国EC・小売HOT NEWS【14】Amazon Spark体験レポート


米国EC・小売HOT NEWS【13】Amazon Dash Wand体験レポート


こんにちは、NYから米国の小売・Eコマース情報をご紹介しているライターの公文紫都です。
今日はAlexaを搭載した最新のAmazon Dashデバイス、「Amazon Dash Wand」の体験レポートをお届けします!

Alexaを搭載

Amazon Dashはデバイスに向かって商品名を伝えるか、バーコードをスキャンすると、その商品を自動でAmazonのカートに入れてくれるというもの(※Amazon Dash Buttonは専用ボタンを押して商品を注文するデバイスです)。今回登場した最新のAmazon Dash Wandは、Alexaが搭載されているのでよりできることが広がりました。

たとえば天気を聞いてみたり、自宅にあるスマートホームデバイスと連携させて電気やエアコンのオン・オフなどを声で操作したり。ただ、音楽を流す、タイマーをセットする、カレンダーを連携させるといった一部の機能は使用できないようです。

同製品の価格は20ドルですが、プロモーションフィーとして買い物時に20ドルの割引が適用されるので、実質無料で手に入ります。

私は一つ前のAmazon Dashを使ったことがないのでサイズの比較はできませんが、THE VERGEの記事によると、わずかに小さく&シンプルになったとのこと。

続きを読む 米国EC・小売HOT NEWS【13】Amazon Dash Wand体験レポート