AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

ハンズラボシステム導入事例:SORACOM Canalを活用したバックアップ回線


バックアップ回線もセキュアに SORACOM Canalを使った閉域網接続

ハンズラボではAWSやSORACOMを活用し、小売業向けの業務システム開発を行っております。
今回は東急ハンズでの導入事例をご紹介いたします。

プロジェクト概要

ハンズラボでは、東急ハンズ向けにiPadを使ったPOSシステム「HandsPOS」を開発し、提供しています。この度、本POSシステムのバックアップ回線を、株式会社ソラコムの提供するモバイル回線に切り替えいたしました。「SOROCOM Air for セルラー」をデバイス(ここではIPad)に挿し、閉域網サービス「SORACOM Canal」を利用することで、サーバーまでセキュアに接続することが可能となりました。

東急ハンズの一部店舗に導入しているPOSレジ「HandsPOS」

SORACOM導入の背景

東急ハンズは、現在全国に様々な業態・規模で80箇所以上の拠点・店舗を展開しています。

小売業にとって(もしくは、小売業における店舗運営において)、売上や在庫情報などの様々なデータを、リアルタイムに扱う業務システムは欠かせません。物理的に離れた拠点・店舗とスムーズかつセキュアに、データを取り扱うための通信ネットワークは、システムの基盤となります。

また、各店舗は通信障害などの異常事態でも通常営業できるようバックアップ回線が必要です。しかし、通常ほとんど利用しないバックアップ回線に毎月定額料金を支払っていることから、利用していない分のコストを軽減できると考えました。

その他にも、催事の際にはPOSレジの増設を行いますが、LANケーブルが届かないといった問題もありました。そのような売場での変化に対応できる、機動性やコスト面で柔軟な通信サービスを選択する必要がありました。

「SORACOM Air forセルラー」を使えば、iPadから直接業務サーバと通信を行うことができるため、拠点ネットワークに障害が起きた場合でもSORACOMのモバイル回線に切り替えることで業務継続が可能となります。

また、閉域網接続サービス「SORACOM Canal」を利用することで、許可した通信のみを業務システムへ接続させることができます。低コストかつスピーディに、セキュアな通信を実現することができました。

株式会社東急ハンズ

「ここは、ヒント・マーケット」をコンセプトに、お客様の暮らしに根ざしたベーシックな商品をはじめ、多様なご要望にお応えするための商品を幅広く取り揃えています。すべての商品をお客様の生活を豊かにするための「素材」であると考え、お客様のご要望に何とかしてお応えしたいという思いで、豊富な「素材」を蓄えてきました。これら豊富な素材こそが「ハンズの商品力」。この商品力によって、東急ハンズならではのモノやアイデア、生活のヒントを発見するよろこびを、お客様一人ひとりに感じていただきたいと考えています。

http://www.tokyu-hands.co.jp/