AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

Apple Parkへ行ってきました!〜仕掛けとくつろぎのスペース〜


こんにちは、青木です。

AWS re:Invent の後、移動して「Apple Park Visitor Center」(カリフォルニア州、クパチーノ)に立ち寄りました。iPod touchの業務活用や、iPadのPOSレジ「HandsPOS」を開発している弊社としては絶対に行かなければならない、まさに聖地です!

iPod touchの業務活用や、「HandsPOS」についてはこちらをどうぞ

iOSDC Japan 2017で東急ハンズのiOSデバイス管理手法について話しました_ハンズラボエンジニアブログ

HandsPOSゆるふわ開発フロー_ハンズラボエンジニアブログ

さて、Apple Parkの入り口を入るとすぐ、このドーム型のモニュメントのようなものがあります。なんだか表面が凸凹している・・・

スタッフの方からiPadを受け取りかざすとなんと!3D画像が出てきました。実際に近づけるとズームもできます。車一台一台も見えるくらい精巧に作られています。さすがApplePark、最初っから驚きの仕掛け!

この先を進んでいくとショップになっているのですが、Apple Park Visitor Centerの内部はこんな感じの構成になっています。(前述のものが「3D体験」です)

ショップに繋がる前にはスクリーンがあるスペースがありました。ここでセミナーや説明会が行われるのでしょうか。なぜかバスケットボールが。

ショップスペースにはApple Park限定グッズも!こちらはTシャツです。この円型モチーフがメインアイコンのようです(そういえば入り口の3D体験も「円」型でした・・!)。ほかにもAppleの歴代PCの写真が掲載されたポストカードセットやバッグなど、様々なグッズがありました。1つお買い上げしたのですが、Appleの場合レシートはメールで送ってくれます。このパターン、アメリカでは多いですね。店員さんの持っている端末(iPod touchと思われます)にメールアドレスを入力すればOKでした。

Apple Watch × エルメス。美しいですね。

ショップコーナーを抜けて階段を上がると・・・

開放感のあるくつろぎスペースが! ハンズラボ一同「ここで仕事したい」。

ずっといたい気持ちを抑え、1階へ降りるとカフェがあります。もちろん端末はiPad。あのiPadは注文を確認するためのもののようです。

メニューもこちらのiPad。店員さんがこちらを見せてくれます。決済はApple Payかクレジットカードのみ。クレジットカードの場合は、小さなスキャナで読み取ってくれます。

ちなみにメニュー内容は、エスプレッソメニューが多かったので頼んでみたのですが、やっぱり苦かったです・・・(当たり前)

魅せる且つくつろぎも与える空間、Apple Park Visitor Centerでした!

ハンズラボではiOSエンジニアも絶賛募集中です!