AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

AWS re:Invent 2016に参加しています!


ラスベガスからこんにちは!青木です。

AWS最大のイベント「AWS re:Invent」。2016年は11月28日から12月2日まで、ラスベガスのベネチアンホテル等で開催されています。

弊社からはCEO長谷川の他、エンジニア小林、加藤、吉田、そして私青木も参戦!

会場の様子・熱気をお伝えしたく、写真を中心にですが現地からレポートいたします!

入場したらまずはレジストレーション

まずは、レジストレーションコーナーで受付をします。昨年と異なり、今年は顔写真入りのIDが配布されます。より本人確認を正確に行うためでしょうか・・!ストラップの色は属性で異なります(弊社はパートナーのブルー)。

registration

受付後は、「SWAG」というコーナーへ移動。そこで記念品のパーカーを受け取ります。なんと、「Amazon echo dot」付き!人工知能スピーカー「Amazon Echo」のスピーカー機能を最小限にして外部スピーカーと接続することができます。うれしいお土産です!

echodot

申し込んでいたセッションへ!

session_001

今年、もう1点昨年と異なるのはセッションが予約制となったことです。事前にwebサイトもしくはre:Inventアプリから申し込みを行います。ホテルが会場なので、シャンデリアや椅子など、豪華!スクリーンは3つある部屋が多いです。基調講演など、一部のセッションは同時通訳も付いています。

セッション会場以外のスペースも

廊下の途中にコーヒーサーバが設置してあったり、充電スペースがあったりとセッション以外のスペースも充実しているre:Invent。こちらはTresure DataさんがスポンサードしているPRコーナー兼休憩スペースです。

restspace

デジタルサイネージが至るところに

会場にある表示は、動きのあるものが多く、デジタルサイネージが至るところに採用されています。色も鮮やかで、会場に彩りを添えていました。

digitalpr

こちらは各階に設置されているデジタルサイネージ。

reinvent_door

エントランスはこんなに華やか。海のように映像がゆらめきます。

セッションは、写真に収まりきらないほど!会場にもいくつかスケジュールが映し出されています。会場はとても広く、地図もあります。なんと別会場(隣接の別のホテル)もあるほど、参加者が多くて収まりきらないのです!11月29日(現地時間)で3万人以上が参加していたとのこと!

agenda

本日(現地では30日)は基調講演もありましたので、新機能や新サービスが続々と発表されました。明日の基調講演も楽しみです!時差ボケと戦いつつ、引き続きレポートしていきます!配信もありますので、日本でも同時通訳付きで視聴することができます。ぜひ一緒に楽しみましょう!

AWS re:Invent公式サイト

https://reinvent.awsevents.com/


  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!