AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

作者別: Sugii Yukiko

めざせ理想の情報共有! 社内アイデアソンを開催しました


11月16日(金)に、久々の全社イベントとして社内アイデアソンを開催しました!
社内イベントとしては前回のハッカソン以来3年ぶり、そして初めてのアイデアソンです。

なぜアイデアソンか?

ハンズラボも設立6年目。メンバーも50名を超え、この春からは事業部制に移行しました。10月には社長交代もあり、大きな変化の一年だったのです。
そんな変革期の今、みんなでハンズラボのこと、これからのことを考えよう! ということで企画スタートした今回の全社イベント。ベテランも新卒も、エンジニアも非エンジニアも「みんなで」ハンズラボのこれからを考えるために、誰でも参加できるアイデアソンになりました。

事前アンケートで決定したテーマは「理想的なチーム内・チーム間の情報共有」
様々な課題がある中で、皆が一番感じていたのが情報共有の難しさでした。
会社の規模が小さな頃は皆が顔見知りで、誰がどんなスキルを持っているか、困った時は誰を頼ればいいのかなんとなく分かっていました。
そこから一気にメンバーが増え、事業部の垣根が生まれたことで、疑問があっても誰に訊けばいいか分からない、事業部・チームが違うと話しかけづらい……という状況が生まれてしまったのです。

そこで、この問題を解決し、チーム内・チーム間で情報共有するには何が必要か、ツール・制度・設備などについて、6つのチームに分かれて様々な方向からアイデアを出していきます。

発表タイムは17時から。グループ毎に5分ずつ発表をし、参加者全員による投票で1つ、社長の余宮による選考で1つ、計2つの賞が決まります。(豪華景品もあり!)

さらに、この場で盛り上るだけで終わらないよう、社長賞の企画は実際に導入されるほか、今回出たアイデアをもとに、次の全社イベントまでの1年間、情報共有・コミュニケーションの改善活動を推進する改善プロジェクトが行われます。

いったいどんなアイデアが生まれるのか……?
アイスブレイクを終え、チームがいくらか打ち解けた11時頃、いよいよアイデアソンがスタートします!

続きを読む めざせ理想の情報共有! 社内アイデアソンを開催しました


20年新卒向けイベント「1から学ぶWebアプリ開発&品質管理!」、11月開催!


株式会社バルテス様と共催の、採用イベント第4弾!20年新卒向けイベント「1から学ぶWebアプリ開発&品質管理!」を11月7日(水)に開催いたします。

AWSを用いたWebアプリ開発を行うハンズラボと、ソフトウェアテスト&品質管理を行うバルテス様による、20年新卒の学生の方に向けた勉強会と先輩エンジニアとの交流会をセットにしたイベントです。

軽食&飲み物ありのカジュアルなイベントで、過去回では赤裸々トークも飛び出したとか……?

ITエンジニアの仕事に興味のある方、ざっくばらんな業界トークを聞いてみたい方のご参加、心からお待ちしております。

日時:2018年11月7日(水) 16:00〜(受付15:45〜)
会場:バルテス株式会社(半蔵門)
詳細・お申し込みはこちら

10/22追記:イベントの日程を変更したため更新しました。


合同イベント「技術選定の裏側をのぞかNight」開催レポート!


5月16日(水)にバルテス株式会社さんとの合同イベント「技術選定の裏側をのぞかNight」を開催しました! 両社のエンジニアがテーマに沿ってノウハウ、裏話、失敗談をお話し、お酒と軽食を入れての質疑応答もあるディープなイベントで、今回で3回目になります。

半蔵門のバルテスさんオフィスは、まるでバーのようなオシャレ空間!!
お酒も充実しています。素敵。

バルテスバー

今回の登壇エンジニアは、バルテスからは中村さん、加藤さん。ハンズラボからは駒場(iOS)と、田村(Webアプリ)が参加しました。

第一部は参加者の皆さんへの自社紹介タイム。それぞれどんな事業を行っているか、何を開発しているかなどをお話します。
プライム案件が9割を占める品質管理のプロ、バルテスさんと、リテール向けの業務システム、webアプリの開発中心のハンズラボ。技術選定にはそれぞれ違った苦労がありそうな予感。

第二部は飲食解禁! ビール片手で和やかにパネルトークが進みます。
最初のアイスブレイクでは最近使っている開発ツールやプロジェクト管理ツールを簡単に紹介。その後本題の技術選定の話に移ります。

続きを読む 合同イベント「技術選定の裏側をのぞかNight」開催レポート!


SORACOM Conference 2016 “Connected.”基調講演&事例セッションレポート


1月27日(水)、大きな注目を集めるIoT通信プラットフォーム「SORACOM」のカンファレンス”Connected.”が開催されました。熱気に満ちた基調講演と、CEO長谷川の登壇した事例トラックJ1「SORACOM応用事例 モバイル通信だからできる!」をレポートします!

IoT通信プラットフォーム「SORACOM」とは?

IoTの普及において課題とされていた「通信」。有線LANには場所の制約があり、無線LANにはセキュリティ面での不安がありました。モバイル通信なら場所の制約がほとんどなく、セキュリティ面でも安心ですが、ヒト向けの高額な月額プランしかなく、コストがネックになっていました。
ソラコムはNTTドコモの基地局とAWSクラウドでバーチャルキャリアを実現。「SORACOM Air」は、基本料は1日わずか10円(アクティベーション後/通信料は従量課金制)というIoT向け通信サービスです。Webコンソールから登録・使用開始・休止や回線速度の設定ができるという手軽さも魅力的!
上記の「SORACOM Air」とデータ転送サービスの「SORACOM Beam」の2つのサービスが昨年9月にリリースされ、1月末までの4ヶ月で利用企業は1,500社を超えています。

続きを読む SORACOM Conference 2016 “Connected.”基調講演&事例セッションレポート


イーウェル×ハンズラボ 第3回合同ハッカソン


11月13日(金)〜14日(土)、毎年恒例の株式会社イーウェルさんとの合同ハッカソン合宿を開催しました!

3回目となる今回のテーマは「相手の会社の新サービス」
ハンズラボチームはイーウェルの、イーウェルチームはハンズラボの新サービスを開発します。
リテール系業務システムのハンズラボと、企業向け福利厚生アウトソーシングサービスのイーウェル。この組み合わせからどんなアイデアやシステムが生まれるのでしょうか?

ハッカソン開始後、テーマ発表の次は賞品紹介です。
今回設定された賞は「アイデア賞」「完成度賞」
完成度賞の副賞「神戸牛1人1万円分」が発表された瞬間、会場にどよめきが。
超高級神戸牛(イメージ)

※豪華副賞はグラム2千円のお高いお肉。(画像はイメージです)

アイデア賞のamazon fire TV stickよりも反応が大きく、高級肉の偉大さを見せつけます。

短いチーム紹介の後、いよいよ開発スタート!
各チームでミーティングを済ませた後は、両社2チームでペアを組み、ヒアリングを行います。
お客様は? ニーズは? 課題は?
同じ東急不動産ホールディングスグループとはいえ知らない部分も多く、10分×2回のヒアリングでは正直足りないくらいです。開発時間はヒアリングタイムも入れて約13時間半。

IMG_1285

IMG_1284

18:00の中間発表まで、各チーム準備が続きます。

今回は過去2回に比べ、全体にミーティングでアイデアを煮詰めるのに時間をかけている印象です。じっくり練り込んでから開発に入る作戦は吉と出るか凶と出るか?
実装までの作業工程の見積も、ハッカソンでは重要ですね。

続きを読む イーウェル×ハンズラボ 第3回合同ハッカソン