AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

楽しく情報共有できるSlack活用術

Pocket

Pocket

はじめまして。2018年4月新入社員(?)の原(@hxrxchang)と申します。

(”?” としてあるのには深い事情があります。。。詳しく知りたい方はオフィスに遊びにきてください。)

今回は、弊ラボ内で行われているSlack活用術について書きたいと思います。

Slack楽しく使っていますか??

Slackをただの連絡ツールとして使ってないでしょうか??

緊急連絡や進捗確認、議事録の共有くらいにしか使わない

なんてこともあるかもしれませんが、それだとちょっと息苦しいですよね。

就業中も終わった後もお休みの日までも、楽しくてついついSlackを開いちゃうような活用術をご紹介します。

分報を導入しよう!!

日報ならぬ分報です。

日報は1日に1回その日に行った作業や、次回の予定などを書くものですよね。

分報は1分に1回、その分で何をしたか、次の分に何をするか書くもの。。。

ではありませんのでご安心ください。

好きな時に好きなことを呟いていい、言うならば社内Twitterです!!

弊ラボでは、#times_◯◯(苗字のローマ字) という名前で各々チャンネルを作り、自由に呟いています。

呟く内容は

  • 読んだ記事の共有
  • 業務で嵌った点
  • ランチで食べたいもの
  • 休日の出来事

などなど、本当に自由です。

↑ラーメン二郎桜台店に感動した次の日に、node v10の console.table() に感動している私です。

分報導入のメリット

分報導入にはメリットがたくさんあります。というかメリットしかない??

私が感じたメリットを何点かご紹介します。

1. 技術のアンテナが広がる

弊ラボでは様々な技術が使われております。

例を挙げると開発言語では、

JavaScript、Python、PHP、Go、Shell Script、Swiftなど

またAWSの各種サービスを使用しているので、エンジニアの関心も多岐に渡ります。

そのため共有される情報も様々で、毎日知らないジャンルの情報に触れることができます。

私はJSしか触ったことがなかったのですが、入社してから

AWS LambdaでAlexaスキルを開発したり、機械学習のためにPythonをはじめてみたり、

Dockerで環境を構築してみたり、日々今まで知らなかった技術に触れることができています。

2. 気軽に質問できる

分報では情報を発信する他、質問することもできます。

gitの研修があったのですがその際に、

pull と fetch + merge どっちを使うべきなのかふと疑問に思い、以下のように呟いてみました。

研修にはメンターの先輩がついているのですが、こうして分報で呟くことで、会社全体の先輩方からアドバイスを受けることができます。

疑問があるけど誰に聞けばいいか分からない、いろんな人の意見を聞きたい時に気軽に呟くことができます。

ちなみに弊ラボでは、fetch + merge派が多数でした。

3. 自分から発信することで理解が深まる

私が記事や嵌った点を共有する時には、いいと思った点など何か一言添えるようにしています。

一言でもコメントを加えるには、記事の内容をしっかり読む必要があります。そうした心がけが少しでも理解に繋がるのではないかと思います。

自分が共有した内容にリアクションが多くついたり、コメントが来たりすると嬉しくなり、

もっと共有したい!!

ってなることでインプットの量が増える、という好循環になると楽しいです。

まとめ

以上、分報を使ってSlackで楽しく情報共有しよう! という記事でした。

デメリットを強いて挙げるなら、

Slackが気になって見すぎてしまうということでしょうか。

そうなったら ⌘ + q で閉じてあげましょう。そして落ち着いたらまた開いてあげましょう。

そんなデメリットを凌駕するくらい分報はいいものです。

ぜひ導入してみてはいかがでしょうか!?

 

 

 

 

Pocket