AWS活用事例、メディア・セミナー情報などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

目指せ!re:Invent〜ラスベガスに着いたよ編〜


こんにちは、ハンズラボ青木です。

無事ラスベガスに到着しました!

実は、乗り継ぎしたデンバーで3時間待ちして到着が遅れてしまい、急いでいました。激しい雷雨で、他のコースの方も遅れが発生したようです。ラスベガスというとなんとなく晴れ渡ったイメージでした…。

IMG_lvairport

空港広い!カジノっぽい雰囲気で色とりどりな感じ!です。

続きを読む 目指せ!re:Invent〜ラスベガスに着いたよ編〜


Pick Up! Vol.10 フードデリバリー『Door Dash』


ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。
今日は競争激しいフードデリバリー関連サービスの中から、『Door Dash』の体験レポートをお届けします。

Crunch Baseによると、『Door Dash』は、2013年、サンフランシスコ・ベイエリア内のパロアルトで始まったスタートアップです。これまでに16の投資家から、累計5,970万ドル(日本円にして71億7,500万円)の資金調達を行っています。

2015年5月のTech Crunchの記事によると、同社は自分たちのことを、「単なるフードデリバリー企業ではなく、食品を扱うテクノロジー&物流企業」と説明。徹底的に、テクノロジーを活用すること&物流を極めることを目標としているようです。

テクノロジー分野に関して言うと、同社は従来のデリバリーサービスとは一線を画す、数々の独自技術を強みにしています。

たとえば、デリバリースタッフの数、時刻、予想される注文数などを基本とした”異なる変数に応じた派遣システム”や、いつでも最適なデリバリースタッフの人数を確保するための独自アルゴリズムなど。

その他、食事の出来上がり時間を予め予測し、デリバリースタッフをレストランで待たせすぎることも、調理完了後に到着させ、注文客の自宅に届くまでの時間を長引かせたりしないためのテクノロジー活用も徹底しています。

続きを読む Pick Up! Vol.10 フードデリバリー『Door Dash』


目指せ!re:Invent〜いよいよ出発するよ編〜


こんにちは、ハンズラボ青木です。キティさんは今日も忙しそうです(成田空港にて撮影)。

さて、いよいよ、いよいよいよ「AWS re:Invent」が始まります!Go to LAS VEGAS!

ハンズラボからは合計4名(CEO長谷川、エンジニア今井、井上、マーケ担当青木)が参加します。

実は私、関西人なので成田空港が初めて…(関西国際空港から、国際線乗ったことはありますよ!!)という訳で、緊張しながら成田空港へ向かいました。

続きを読む 目指せ!re:Invent〜いよいよ出発するよ編〜


目指せ!re:Invent〜旅グッズを調達したよ編〜


みなさまこんにちは、ハンズラボの青木です。

AWS re:Inventに初めて参加する私が心を込めて執筆する本ブログ。「目指せ!re:Invent」シリーズの第二弾をお届けします。今回は、実際の旅支度の様子をレポート。リアルに買ったもの&持っていくもの、見せちゃいます!

スーツケース

海外旅行…しかも1週間ほど滞在するとなれば、それなりの大きさのものが必要です。私が購入したのはサムソナイトのもの。

carrycase

女性らしく、ピンクにしてみました。黒とかグレーとかは他の人とかぶる…ってピンクでもきっとかぶるのですが、一緒に行くハンズラボメンバーは全員男性なので、女性らしく☆(誰も求めてないかもしれませんが自己満足で…)

スーツケースベルト

これは私の母が、「海外旅行には必須よ」と言うので完全に流されて…購入。スーツケースにぐるっとベルトをしておくと、荷物受け取りの際に「これが自分のだ!」とわかりやすいですね。東急ハンズで購入した「Hands+」のもの。ピンクのスーツケースに緑のベルトで超目立たせます。

luggagebelt

バッグをとめるベルト

これは荷物の多い方、キャリーケースとは別でバッグを持つことが多い方にとてもお勧め。こちらも「Hands+」。スーツケースベルトと色違いで、こちらはトランクに合わせてピンクにしました。

bagbelt

実際に装着するとこんな感じです。手荷物をキャリーケースの上に乗せたとき、ずり落ちる心配がありません。黒紐部分はゴムなので、荷物の大きさを選ばず使えます。

bagbelt_mihon

トラベルピロー

以前ハワイに行った際、「持って行けばよかった」と後悔したのがトラベルピロー(携帯まくら)。座席で寝るのは首が疲れます…。持っていくときにはぺたんこで、使うときに空気を入れて膨らませます。東急ハンズにはいろんな種類がありました。カバーが洗えるもので、気に入ったデザインを選び購入。

室内履き(スリッパ)

「ホテルにはスリッパがないんだよ」と昨年re:Inventに参加した方に聞き、用意しました。機内でも使えるので便利です。外履きできるものを購入。使い捨てスリッパも持って行こうか検討中です。

食料品

昨年参加した方から「日本食が恋しくなるので、スープやカップ麺など、何か持って行った方がいい」とのアドバイス。「海外旅行にはお湯で戻せるタイプのお米が必須!」という方もいました。水道水は飲めますが、気になる方はお水も持っていった方がよさそうです。液体類の機内持ち込みは制限がある為、要注意。

買おうか考え中のもの、持って行く予定のもの

  • アイピロー(アイマスクとも呼ばれているもの。安眠に役立つかも。)
  • ブランケット(空港ではレンタルできると思いますが、いざというときの為に。強い冷房は苦手です…)

今回のまとめ

実際に買ったものはこちら。

  • スーツケース:10/6〜9と長丁場なので、大きめのものを用意。
  • スーツケースのバンド:主に荷物受け取り時の目立ち用。
  • スーツケースの上のバッグ用ベルト:(母が必要と言ったので手荷物用に便利)
  • トラベルピロー
  • 食料品(まずは、カップスープを購入してみました)

 

いよいよre:Inventまで残り2週間ほど。「あれ、用意しておけばよかった!」とならないよう、抜かりなくチェックしたいと思います!お勧めのグッズがありましたら、ぜひ教えてください。

注:本ブログ記事に掲載しているものは全て、筆者個人で購入した私物です。


目指せ!re:Invent〜ラスベガスについて調べよう編〜


みなさまこんにちは、ハンズラボの青木です。

この度、年に1回ラスベガスで開催されるAWS最大のイベント、AWS re:Invent 2015に参加できることになりました!!!!(社長、ありがとうございます涙)

本ブログ「目指せ!re:Invent」シリーズでは、「旅の準備をばっちりにする☆」ことを目的とし、執筆してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

もちろん、現地からもレポートもいたします。参加できない…という方も、このブログを通じてぜひ私と一緒に、re:Inventに行くまで、そして行ってからの出来事を体験していただけましたら幸いです。

熱くなりすぎて前置きが長くなってしまったので、やっとこさ本編へ!

どんなとこやねんラスベガス

re:Inventの開催地ラスベガスは、アメリカ合衆国の西部に位置するネバダ州にあり、人口は約200万人。カジノの街として有名です。私青木は行ったことがありません(ハワイのみ)。なお、昨年もハンズラボメンバーはre:Inventに参加しております。→ハンズラボ採用情報はこちら

気候は?:乾燥しています。昨年(2014年)のre:Inventに参加した方に聞いたところによると「ラスベガスはかなり乾燥している」とのこと。re:Invent中は屋内で過ごすことになるので、空調でさらに乾燥しているかも…と思うと、女性はミスト、ボディクリームなどを持って行った方がよさそうです。

気温は?:暑いイメージですが、秋〜冬は冷えるラスベガス。雪が降ることもあるとか。この時期の羽織ものは必須です。re:Inventではオリジナルパーカが毎年もらえるようなので、それを使い倒すのもありかも。でも毎年デザインが異なる&原物を羽織ってみたことがないので、自分のお気に入りのものも持っていこうと思います。冷房がやたら強い場所もあるそうです。

紫外線は?:イメージと違わず、紫外線は強いです。日焼け止めは乙女の嗜み。ばっちり持っていきましょう。男性については個人にお任せします。

続きを読む 目指せ!re:Invent〜ラスベガスについて調べよう編〜