AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

コワーキングスペースで若者誘致も〜11市町村が取り組むローカルベンチャー〜


2016年秋に地方での起業・新規事業(ローカルベンチャー)」を創出するプラットフォームとして、「ローカルベンチャー推進協議会」が誕生し、全国11市町村が参画している。このローカルベンチャーの最新事例が紹介される「ローカルベンチャーサミット2018」の記者会見が2018年11月2日に東京・神田で開かれた。そこで発表された各自治体の取り組みや民間パートナーとの連携、起業型の地域おこしの具体例を紹介する。ITとの関わりの度合いについては様々であったが、ここからまた生まれ出るものがあると確信し、本ブログにレポートを掲載することとした。

ローカルベンチャー推進事業とは

ローカルベンチャー推進事業は、各自治体の独自の戦略に基づく施策と、ローカルベンチャー(LV)の推進に必要な経営資源を作る協働・連携事業の2つの要素から成るものである。この取り組みにより、地域に新たな経済を生み出すローカルベンチャーを創出することを目指す。KPIはローカルベンチャーによる売上額となっている。

2016年度から数えると、ローカルベンチャーによる売り上げは順調に推移しており、2017年度においての売上計画には未達であったものの、新規事業の創出数は計画を大きく上回るなど、成果も見えてきた。

本記者会見の冒頭挨拶にて、代表幹事を務める岡山県西粟倉村の青木秀樹村長は「(これらの取り組みが)大きな試金石になるかもしれない」と語り、「ぜひ事例を見て欲しい、熱くなっている地方の力を感じて欲しい」と力を込めて訴えた。

ローカルベンチャー推進協議会に参加しているのは、以下の11自治体である。

岡山県西粟倉村(代表幹事)
岩手県釜石市(副代表幹事)

北海道下川町
北海道厚真町
宮城県気仙沼市
宮城県石巻市
石川県七尾市
島根県雲南市
徳島県上勝町
熊本県南小国町
宮崎県日南市

(以上、会員)

では実際に、各自治体ではどのようにローカルベンチャーに取り組んでいるのだろうか。各市町村の事例から見えてきたのは、決して単独で動くのではなく、「巻き込む力」であった。11市町村全ての事例を、ここに掲載していく。

山を活かし、林業の再生へ 西粟倉村

岡山県西粟倉村の青木秀樹村長は、村を支える事業である「林業」について触れた。林業の再生は難しいことであること、だからこそ「もう一度、林業を始めよう」というメッセージを掲げた。林業関連の起業や、移住が増えたことなどが成果として出てきている。山々と森林の風景が美しい西粟倉村HP ( http://www.vill.nishiawakura.okayama.jp/ )

西粟倉村の取り組みのゴールは、「上質な田舎」。若い人々のチャレンジを後押しし、持続可能な田舎を作っていく。

林業に挑戦する若者たちの転入や誘致が増えたことで、村の子どもの人数も回復し、Iターンの子どもは全体の20%にも上る(2018年時点で幼稚園、小学校、中学校の子どもは154名)。若い人に林業を託すことで、新しいビジネスも生まれた。「この仕組みは日本中で必要だ」と先を見据える青木村長の挑戦は続く。

続きを読む コワーキングスペースで若者誘致も〜11市町村が取り組むローカルベンチャー〜


目指せ!re:Invent 2018〜現地開催イベント&待機組向け情報〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

いよいよ来週に迫ってまいりました、AWS re:Invent 2018 !!!!

先日、開催前ブログを書かせていただきましたが・・・

目指せ!re:Invent 2018〜会場は?準備は?日本では?開催前のおさらい編〜

「現地で開催されるイベント」「ストリーミング配信」など、様々な状況が追加で入って来たので、再度ブログにまとめることにしました!

注:2018年11月22日時点での情報です。最新情報はリンク先や公式サイトなどでご確認ください。

re:Inventの見どころ紹介動画が公開されました

re:Inventのみどころ紹介動画が、AWSさん公式YoutubeチャンネルにてUPされています。行かれる方はぜひチェックしてみてください。

続きを読む 目指せ!re:Invent 2018〜現地開催イベント&待機組向け情報〜


目指せ!re:Invent 2018〜会場は?準備は?日本では?開催前のおさらい編〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

今年もいよいよ、AWSの祭典「AWS re:Invent」の季節がやってまいりました。ラスベガスで開催されるこの巨大イベント、2018年版の会場は?見所は?事前準備は?行かない人はどうしたら?おさらいしていきましょう。

(注:本ブログは10/29時点での情報を中心にまとめています)

AWS re:Inventとは?

AWS re:Inventとは、AWSがラスベガスで毎年開催するテクノロジーカンファンレンスです。世界からエンジニアやエグゼクティブ、私のような一般人が集まります。2017年開催時の参加者は約43000人。日本からも700-800名 1200名ほど参加したようです。ホテルの会場をなんと4つも使ったビッグイベントでした。

AWS re:Invent 2018の会場

今年はアリア、ベラージオ、エンコア、MGM グランド、ミラージュ、ヴィダラ、ベネチアンの7つが会場となっています。

会場についての詳細はこちら(公式サイト)

re:Inventの会場図(公式サイトより)

地図を見た感じ近そうに見えますが、端から端は1時間ほどかかります・・・そもそもホテルが大きいので、セッション会場から外に出るまでに時間がかかるのです。シャトルバスもあるので混みますがうまく活用しましょう。また同じ会場のセッションをひたすら受けるという手もあります。

また、受付では入場証(ネームタグみたいなもの)がもらえ、「SWAG」では毎年記念のパーカーがもらえます。サイズは選べます。必ずゲットしましょう。

その他「EXPO」と呼ばれる会場ではスポンサーブースが勢揃い。現地の担当者と話せる機会ですし、ステッカーやTシャツなどをおみやげ用にもらったりも。日本法人を持っている企業の場合、日本人がブースに立っている場合もあります。「THE QUAD」と呼ばれるスペースでも展示がありました。今年も設置されているようです!

続きを読む 目指せ!re:Invent 2018〜会場は?準備は?日本では?開催前のおさらい編〜


連載!中国の小売・サービス事情vol.7【マーケター向け】中国視察の前に準備しておくべきこと


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

世界を代表するモバイル先進国になった中国。「シリコンバレーの次は中国だ」と、中国へ視察に来る日本のマーケターが増えている。

  • スマホ決済を使ってキャッシュレス社会を体験してみたい
  • 話題のシェアバイクに乗ってみたい
  • 無人店舗を見てみたい
  • 顔認証システムを試したい
    等々、凄まじいスピードで生み出される中国発のサービスに興味を持っている人は多いはずだ。

しかし、事前準備がないままに中国へ来ても、多くのサービスは自分自身で体験することができない。 基本的に中国の多くのサービスは、まだまだ「中国人のため」「中国に住む人のため」に設計されているので、外国人の出張者・旅行者がそのサービスを教授することは難しい。せっかく中国まで来たのに、使っている人を見るだけ、コーディネーターに教えてもらうだけで終わってしまう。

そんな方々の為に、今回は中国へ視察に来る前に準備しておくべきことをまとめてみたい。視察目的でなくても、短期出張で中国に来る人にも参考になると思うので是非確認いただきたい。

以下に日本人マーケターに立ちふさがる中国の壁を挙げていく。

壁① グレートファイヤーウォール

ご存知のように、中国は「グレートファイヤーウォール」のもと、インターネットの世界ではことごとく外資を閉め出している。VPNを使わなければ、日本で一般的に使っている殆どのサービスは中国で利用できない(注)。

(注)日本のスマホでも、現地でローミングするならば利用可能

これまでも中国でGoogleが使えないことは有名だったが、2017年9月には、現地日本人の多くが使っていたYahoo!の検索サービスが急に使用できなくなり、日本人の間で話題になった。2017年に施行された「インターネット安全法」の絡みとか、10月に実施された共産党の党大会(19大)を控えての言論統制とか、色々な噂が囁かれた。

グレートファイヤーウォールは中国製のサービスを利用するには問題ないのだが、日本人マーケターが中国に来てからアプリの使用方法を調べたり、中国から日本の会社・友人と連絡を取り合おうと思っているなら、対応は必須である。

そもそも、AndroidユーザーならGoogle Playにもアクセスできないので、中国ではVPNがなければアプリの追加もできない。

【参考】VPNが無ければ中国では使えないサービスの一例(※筆者確認分)

Search … Google,Yahoo
SNS … Facebook,Twitter,instagram,Pinterest,Tumblr 等々
Messenger・Mail … LINE,Facebookメッセンジャー,Gmail,WhatsApp 等々
Video・Audio … Youtube,AbemaTV,netflix,Tuneln Radio 等々
Map … Google map
Cloud … Dropbox
Others … naverまとめ,2ch,アダルト全般,Pokemon GO,MarkeZine,livedoorドメイン,Slideshare 等々

上記以外にも、SNSアカウントでログインするようなサービスもVPNが無ければ使えないし、一般的なWEBサイトを見るだけでも、サイトにSNSのシェアボタンが貼り付いていたりすると見辛かったりする。自身のこのはてなブログもVPNが無いと開きづらいのが実情である。

まとめ:VPN付きモバイルルーターの携帯は必須

続きを読む 連載!中国の小売・サービス事情vol.7【マーケター向け】中国視察の前に準備しておくべきこと


代表メッセージ


身近なiPhoneを業務用端末で使う——常識を超えてその先へ

10月1日付で代表取締役社長に就任した余宮です。これまではハンズラボで開発したシステムを東急ハンズで使う側でしたが、今度は開発する側に回ることになり、リテールの最前線で欲しかった機能をストレートに開発できるのでワクワクしています。よろしくお願いいたします。

これまで、iPadのPOSシステムの導入や、iPod touchやiPhoneを業務用端末として活用する。オンプレサーバーを廃し、全てクラウド化(AWS)するなど、様々な取り組みを東急ハンズとハンズラボは行ってきました。

iPhone導入後も、セミセルフレジを導入した時も、業務用の高価な専用機器を導入することなく、スタッフにとっても身近なもの、普段遣いの延長線上にある機器で時代に対応させることができました。コストをかけず新しいものを、低いハードルで導入することができる。これがまさにハンズラボが提供できる強みなんです。

普通に使い慣れたスマートフォンを業務で使う、導入ハードルを低くして誰でも直感的に使える仕組みを提供するのが我々の役割です。「最新のテクノロジーを最低のハードルで提供する」ここをお伝えして行きたいと思っています。顧客の目線であらゆるところにイノベーションを起こし、常識を破壊して行くぞ!という気持ちでいます。

自ら実践し続け、感じた新しいものに取り組みたい

実は、新入社員で東急ハンズ町田店の営業管理課に所属していた時に、富士通のEPOCALC(エポカルク)を使って自分で予決算のシステムを作ったことがあります。当時経理のプロフェッショナルが苦戦していた業務を、経理素人の自分でもITの力を借りることで簡単に処理できるようにすることができた、これがまさにITの真骨頂だなぁと思いました。

その後、ITを積極的に取り入れる仕組みづくりにもいろいろ関わってまいりました。1990年に、東急ハンズ横浜店にIBMと共同開発した単品管理システムが導入されたのですが、そういった苦労の現場も近くで見てきましたし、新しいMDシステムやwebEDIの導入も店長として率先して取り組んできました。こういった新しいテクノロジーに対して貪欲に取り組む気持ちは今も変わりません。

顧客視点に基づいた商品開発をすること。これを実現するには、エンジニア自身がクライアントを取り巻く環境、マーケティングを考え抜いた上で新しいテクノロジーを積極的に導入して問題を改善する姿勢が不可欠です。未知のテクノロジーにどんどん挑戦し、お客様の多様なニーズに対応した唯一無比の商品を創りだすこと、それが我々の最大のミッションであると考えています。

リテールで培った顧客目線で、お客様のコアビジネスを常に見つめ、その先を提案する

東急ハンズでのコンサルティングセールス(接客相談販売)の実践において、お客様の潜在ニーズを引き出し、販売に至ったときの予想以上のお客様の喜ぶ姿が我々の原点です。
そういった感動をお客様に常に提供していきたい、お客様のコアとなるものを理解し、お客様にとってのお客様の目線を持ち、気づかない部分にも目を凝らし続けること。徹底した顧客目線に立って、システム開発のお手伝いをしていきたいと思っています。

余宮 信吾(よみや・しんご)
1983年に東急ハンズ入社後、町田店開店準備室に配属。
その後、経営企画室、営業管理部などを経て、ららぽーと豊洲店・横浜店・MD企画部・池袋店を歴任。2014年より総務部長、2017年より取締役 執行役員となる。2018年4月にハンズラボ取締役。10月1日付で代表取締役に就任した。