AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

採用担当がAWS認定クラウドプラクティショナー試験を受けた話


こんにちは、エンジニア採用担当の村田です。

今回はタイトルの通り、今年から新しく始まったAWS認定クラウドプラクティショナー(AWS Cloud Practitioner)試験を8月に受験し、無事に合格したので、その体験記を書きたいと思います。

試験概要

  • クラウドとは何か、AWSの特徴は何か、AWSにはどんなサービスがあるか、AWSの料金体系やサポート内容はどうなっているか・・・などAWSに関する基礎知識を問うものです。AWSの各種認定の中で一番初歩的なレベルの試験で、非技術者でもチャレンジしやすい内容。
  • クラウドの概念(28%)、セキュリティ(24%)、テクノロジー(36%)、請求と料金(12%)の4分野から出題
  • 試験時間は90分、受験料は税別11,000円
  • 指定の試験センターで受験

詳細は公式ページをご覧ください。

 

なぜ受験しようと思ったのか

非技術職向けの資格試験が誕生したと聞き、AWSネイティブでアプリ開発をし続けているハンズラボの一員として受けないという選択肢はないでしょう!と思い立ちました。

あとは、これまでフワッとしか理解していなかったAWSについて、もう少し必要な範囲で体系立てて理解したいなと思っていたのも決め手です。

自分のスペック

仕事は前職で広報や庶務を6年、現職に移ってからエンジニア採用を1年半。技術的な実務経験は皆無です。

ただ、採用業務では実際に書類選考や一次面接に携わっているので、そこで判断や会話ができるよう基本的な知識は身につけるようにしてきました。アプリ側とインフラ側ってなんなのか、サーバーってなんなのか、どんなソフトウェアがあるのか、今どういう言語が人気なのか・・・などなど。

(ちなみにハンズラボは、Slackでのコミュニケーションが盛んで、エンジニアのみなさんがどんどん技術ネタを発信してくれるので、新鮮な技術情報に日々触れられるという環境もかなりプラスに作用していると思います)

受験に向けてしたこと

基本的には公式ページの「試験準備」に書いてある内容にきちんと取り組めば十分ではないかと思います。

私ははじめ何をすれば良いか全くわからなかったので、ひとまず公式情報に則り、オンライントレーニングであるAWS Cloud Practitioner Essentialsを受講することにしました( https://aws.amazon.com/jp/training/course-descriptions/cloud-practitioner-essentials/ )。

Essentialsのトレーニング概要を見たところで、勉強期間の目処を立てて本試験の受験を先に予約。私の場合は勉強期間を2週間弱としました。

その後はオンライントレーニングを全て見てから、各講座の練習問題で理解が浅いなと思ったポイントを中心に、主たるサービスについて公式サイトやホワイトペーパーで情報を見る、というやり方で進めました。

なおEssentialのなかで、VPCの設定の仕方やS3など各種サービスの設定の仕方など、かなり実践的な解説が突如スタートする講座もあって「えっこんなの試験に出たら無理!!!」となりますが、そうした詳しい技術的な内容は本試験に出ないので、ふんふんと流し見するくらいで大丈夫だと思います。

あとは問題の温度感を確認するために、本試験数日前に模擬試験も受けました。模試は本試験申し込みサイトから模擬試験を選択して申し込めます( https://www.aws.training/certification?src=our-certs )。

ちなみに本試験の制限時間は90分ですが、じっくり見直しをしたうえで確か40~50分くらいで終わりました。問題数は多いですが、時間的な余裕はそこそこあると思います。

結果

合格(スコア805) やったー!

やっておいた方が良いなと感じたこと

  • 勘所がない人は絶対に上記Essentialを全部見るべし。
  • 勘所がない人はできるだけ模擬試験を受けるべし(しかも本試験は模試の1.5倍難しい(と感じた)ので、模試の成績が良くても油断禁物)。
  • Essentialsでは料金体系(リザーブドインスタンスとか)と、サポートプランの話のあたりの説明が少し物足りない感じだったので、受講後はサービスページなどをあらためて読み込んだ方が良いと思います。
  • 個人的にAWS クラウドサービス活用資料集の中の「ソリューション別資料」が理解を深めるのに役立ちました。実際AWSを使うにあたり、いわゆるビジネスサイドが気にしがち/引っかかりがちなポイントの解説などがあり、使う場面のイメージがかなり具体的になります。
    https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/

 

以上、体験記でした。AWS認定試験への第一歩を踏み出そうとされている皆さんのお役に立てば嬉しいです。

最後に

ハンズラボはエンジニアを絶賛募集中です!
会社見学も随時受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。
https://www.wantedly.com/companies/hands-lab

オフィスでお会いしましょう!!

 

トップ画像について:使用したキャラクタ画像はAWS公式ページから引用しました。「AWS認定クラウドプラクティショナーキャラクタ「勇者見習い」」だそうです。かわいい。


ノベルティ、いとをかし〜DevRel Meetupにて登壇しました!〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

9/5に開催された「DevRel Meetup #34 〜ノベルティ〜」にて登壇させていただきました。会場は神谷町のウフルさんです!

「DevRel」とは「Developer Relations」の略であり、外部の開発者とをつなぐ役割を差します。最近私自身イベントで「DevRelをやっています」とおっしゃる方にお会いする機会も増えてきていました。「エバンジェリスト」や「デベロッパーアドボケイト」と呼ばれる方たちも、この分野に精通している方と言えます。

そんなDevRelな方たちが集う勉強会、今回のテーマは「ノベルティ」。我々ハンズラボも色々なノベルティ、グッズを作ってまいりました。外部のイベントに参加する中で「これはいいなぁ〜」と思うノベルティにもたくさん出会いました。本ブログでは、登壇資料も公開していますが、お話しさせていただいたポイントをまとめてご紹介したいと思います。

続きを読む ノベルティ、いとをかし〜DevRel Meetupにて登壇しました!〜


【連載!中国の小売・サービス事情vol.6】アリババのものではなくなった独身の日


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

11月11日、中国では「双11(シュワンシーイー)」と呼ばれる2017年の「独身の日」が終わった。今年はアリババが運営する天猫(Tmall)・淘宝(Taobao)の取扱高は、過去最高の1682億元(約2兆8594億円)になったようだ。楽天全体の取扱額が3兆円であることを考えると、たった1日で凄まじい売上だ。

日本でも今年からYahoo!やイオンなどが中国の独身の日を倣ったキャンペーンを始めたようだが、その盛り上がり感は全く異なる。

このニュースは日本の多くのメディアでも報道され、その額の大きさに対する驚きと共に、アリババの凄さの裏返しとして、旧来型の実店舗小売の厳しさが象徴的に描かれている。

アリババ「独身の日」セール、取引額2.8兆円に(日本経済新聞)

しかし、上海に来て8ヶ月、現地で初めて独身の日を体験した感想は少し違った。今回はこのことを綴ってみたいと思う。

続きを読む 【連載!中国の小売・サービス事情vol.6】アリババのものではなくなった独身の日


iOSDC Japan 2018にてHandsPOSのP2P通信についてお話しします!


こんにちは、ハンズラボのマーケ担当青木です!

8/30〜9/2までの4日間、早稲田大学理工キャンパス(西早稲田)にてiOSの祭典「iOSDC Japan 2018」が開催されます!!!

エキスパートエンジニアの駒場が登壇いたします!

この度、たくさんの登壇希望者の中から弊社エキスパートエンジニア駒場のプロポーザルが採択され、9/1に登壇することとなりました!ありがとうございます!「東急ハンズのP2Pレジ間通信2018」というタイトルでお話しいたします。

【日時】2018年9月1日 11:20〜   / レギュラートーク(30分)

【iOSDC内会場】Track B

【登壇内容】東急ハンズのP2Pレジ間通信2018 / taiki komaba  @r_plus
東急ハンズのレジは内製開発のiPadアプリで動いています。
そんなレジ用アプリはアプリ間で様々な情報を交換しています。
レジ間を飛び交う通信内容や通信方式の現在に至るまでの変遷を紹介します。

詳細はこちら

昨年展示していた、東急ハンズに導入している「HandsPOS」のデモ機です

プラチナスポンサー&Tシャツスポンサーをいたします!

また、ハンズラボはiOSDCのスポンサーとして、イベントをサポートいたします!今年は「プラチナスポンサー」と、「Tシャツスポンサー」です。Tシャツ、そして会場で弊社ロゴをぜひ見つけてください・・・!

なお、昨年もスポンサーさせていただきました。一昨年もスポンサーしており、常連さん面を決め込んでおります。(ドヤッ)

こちらは昨年のTシャツ。背面のロゴがキュートです。

 

たくさんのセッションや仕掛け、企画が散りばめられたiOSDC。実は今年、運営スタッフとして参加するハンズラボ社員もおり、マーケや採用担当としても、とても嬉しく感じています。スタッフブログも公開されているので、ぜひご覧になってください!

8/30(木)〜9/2(日)の4日間、みなさまのご参加をお待ちしております!

iOSDC Japan 2018 公式サイト

iOSDC Japan 2018のプラチナスポンサー、Tシャツスポンサーをいたします / ハンズラボニュース

iOSエンジニア募集中です!

 

Special Thanks : トップ画像は昨年開催されたiOSDC Japan 2017にて撮影していただきました。


スマートスピーカー勉強会リーダーズセッション参加レポート!


こんにちは、エンジニアの松本です。

LINE Clova用スキル開発キット、「Clova Extensions Kit」(以下CEK)が公開されましたね。
これでClovaもAlexaやGoogleアシスタントのように、サードパーティーによるカスタムスキル開発ができるようになりました!

そして8/7(水)、スキルストアもオープン!
弊社も「東急ハンズ」スキルを開発いたしましたのでぜひご確認ください。
Alexa版「ハンズ」スキルと比較すると、機能は絞って、VUX向上のための工夫を入れてリニューアルいたしました。

また、CEKお披露目会として7月29日に開催された、スマートスピーカー勉強会 〜LINE Clovaスキル開発ハンズオン&人気アプリのスピーカー登壇〜に参加してきましたのでレポートいたします!

関連タグ:#Clova_CEK #linebootawards

内容が盛りだくさんだったのでセッションパートとハンズオンパートにブログをわけて、
ハンズオンパートはこちらのQiita記事で簡単に解説したいと思います。

 

LINE 小城さんからCEKオープンに寄せての基調講演

What is CEK?

Clovaではいわゆるスキルのことを「Extension」と呼んでいます。
つまりClova Extensions Kitは、AlexaでいうところのASK、
Clovaのスキル開発および配布する際に必要なツールとインターフェースを提供してくれるプラットフォームのことです。

CEKについてはこちらの公式ブログ記事でも要点がまとめられています。

最近のアップデート状況ピックアップ

  • WAVE, Duoがカスタムスキルに対応!
  • LINEとのチャネル連携!

まだまだやりたいことがたくさんで、どんどんアップデート予定とのこと。
たのしみですね!

 

LINE 立花さんからイベント告知とハンズオン

LINE BOOT AWARDS2018

続いては、LINE BOOT AWARDS2018のお知らせです。

グランプリ作品は1000万円!!!
LINE BOOT AWARDSでは例年のことのようですが、しかし目を疑うような賞金額!!!
「音声アシスタントスキルは儲かるのか?」ということを繰り返しみんなで話している段階で、この数字を発表するのはほんとにすごいなと思わされました。
世をスマスピ時代にしてやるぞ!という強い意志を感じる・・・。

スポンサーも引き続き募集中とのことです!

【応募要件】
Clova ExtentionsKit(ClovaSDK)またはMessaging API、
もしくはその両方を利用していること

【スケジュール】
8月上旬 募集開始
10月10日(水) 申込み締切
11月10日(土) 決勝戦開催

 

Clovaスキル ハンズオン

今回のハンズオンはCEKを使用して占いスキルを作るというものでした。
コーディング部分はgitから取得することで省略、
サーバーの用意はherokuというプラットフォームを使用することで手軽にできるので
gitと一般的なCLIにある程度親しんでいる方なら資料を見てスキルを作ってみることができるのではないでしょうか。
ぜひチャレンジ!

【入門】CEKでのClovaスキル開発ポイントまとめ
当日資料

 

リーダーズセッション・・・の前に

本日のスポンサーはForkwellさんでした。
最近よくイベントスポンサーで見かけるForkwellさん、
Twitterとかで「また出たなForkwell」と言われるようになってきてるらしい・・・笑

 

リーダーズセッション① コバヤシトールさん / VoiceAppLab

トップバッターはVoiceAppLabのコバヤシトールさん。
「お願いサンタ」というスキルの開発をされているのですが
これが本当に素敵なので、ぜひここから参考動画を見てほしい・・・!

VUIはGUIに比べて情報伝達に時間がかかり、ユーザーの興味を維持しにくいところがあります。
そこで、VUIスキルにアトラクション感、没入感をプラスして考えられたのが上記のスキル。
実績として去年の11月からクリスマスまでの1ヶ月で、なんと5000人から利用されたそうです!
すごい!

設計当初、子供からのリクエストをリクエスト送り先にメールするため、
アカウントリンクを利用することも検討されていたそうですが
敷居を下げるために特定の合言葉を利用する方法に変更した、というお話が印象的でした。
こういった工夫のひとつひとつが重要ですね。

また、アトラクション感を演出するにはやはり音のエフェクトを活用すべし!
ということでMacユーザーであれば音声編集ソフトにはGarageBandがおすすめだそうです。
SSMLタグよりもっぱら音声編集で調整しているとのことでした。

 

リーダーズセッション② 山田良明さん / クックパッド

料理というハンズフリーで作業ができて嬉しいシーンで活躍するクックパッドさんのお話。

「タブレットと比較したときの液晶つきスマスピの価値」について「固定の位置にある、ということに価値があると思う」「固定電話と携帯電話みたいな関係になりそう」と、鋭くて冷静な意見が大変興味深かったです。

そしてシナリオ設計でおすすめされていた方法が「スマートスピーカーごっこ」

スマートスピーカー役のひとに視覚情報を与えないため、
スピーカーフォン越しでやりとりするというところがおもしろいですね。
かなり有効そうなのでぜひやってみたい!

 

リーダーズセッション③ 緒方憲太郎さん / Voicy

最近なにかとニュースや話題になっているボイスメディア「Voicy」
広告費はかけていないにもかかわらず、口コミの力でアプリランキングニュースカテゴリ8位!
スマスピ関連で事業が成り立っている数少ない企業ということでかなり注目されています。

VUI + 体験デザイン = VUX が重要で、想いを届けるのはやっぱり声!
ただし、淡々としたアシスタント音声ではなく生声が大事ということで
Voicyさんがスキル開発の提案する際には生声を推奨させてもらっているということでした。
生声、たしかに欲しいけどコンテンツ運営していく上で素材の調達とかどうしているのかもっと詳しくきいてみたいです!

シナリオを設計する上では、「聞きたいと思うか」「そのタイミングでどのような音声が出るかユーザーが予測できるか」といったことがVUXにつながるとのこと。
個人的には、特に「予測できるか」というところは重要だなと感じています。
予想できないと聞き取りづらくなってしまうし、繰り返しユーザーに聞き返させることはVUXを低下させてしまいます。
普段の会話では無意識に行っている予測ができるように、シナリオに反映させていくことがポイントになるのではないでしょうか。

 

リーダーズセッション④ 山本武尊さん / SmartHacks

セッションタイトルの悲壮感がすごいですね・・・笑

スマートスピーカー対応アプリを網羅したSmartHacks DataBankをもしまだご覧になったことのない方がいらっしゃったらぜひ見てみてください。
信じがたいほどのスピードで更新されていて、「これってどんなスキルかな?」と思ったときすぐデモ動画を見てみることができる大変ありがたいコンテンツです。
現在お一人でデモ動画を撮影されているとのことで、切実なセッションタイトルでした・・・。

VUX最低ラインを明確にお話いただけて、とても参考になりました。
開発者の皆さん、下記の4つだけは意識して開発しましょう!

1.決まった定型文でないと聞き取ってくれないのはつらい

ユーザーの発話を柔軟に聞き取れるよう、様々なパターンのサンプル発話を登録しましょう。
30パターン以上が良いとされています。

2.複数の情報が必要なとき、情報が不足していたらその部分だけ聞き返して補おう

例えば、飲み物を注文するスキルで「飲み物の種類」と「数量」のスロット情報が必要な場合。

ユーザー「コーヒーください」
AI   「情報不足です!飲み物の種類と数量を答えてください!やり直し!」
ユーザー「2つください」
AI   「情報不足です!飲み物の種類と数量を答えてください!やり直し!」
ユーザー「コーヒーを2つください・・・」

 _人人人人_
>      <
>  つらい   <
>      <
  ̄Y^Y^Y^Y ̄

ユーザー「コーヒーください」
AI   「コーヒーですね、いくつ注文しますか?」
ユーザー「2つ」

  ♡♡♡♡
♡      ♡
♡  Happy!  ♡
♡      ♡
  ♡♡♡♡

3.具体的な発話例をあげるなど、ある程度ユーザーの発話を誘導しよう

ユーザーが何を言えばいいかわからず沈黙してしまわないようにすることはとても重要です。
シナリオを工夫して、時には具体的に「〜〜と言ってみてください」などの発話例をあげながら、ユーザーを誘導しましょう。
このときユーザーが誘導されていると感じずに、自然に会話しているように感じさせられるかがVUXのポイントです。

4.スキル起動時のセリフにそのスキルがどんなスキルなのか一言入れよう

スキルを呼び出したときの最初のセリフには、スキルの名前と機能の説明があると親切です。
これだけでスキルを使用したときの満足度はまるっきり変わってくるとのこと。

 

おまけ

なんと最後にClova Friends 4台のプレゼントがありました!
じゃんけんによる争奪戦でみごとゲットされた皆さん、おめでとうございます!!

 

イベントに参加して

盛りだくさんの豪華ゲストをお招きしたイベントとあって、懇親会も大変盛り上がっていました。
登壇者の皆さんもおっしゃっていましたが、今の音声アシスタントスキルの進化・普及の様子はスマホアプリの進化過程に酷似していて、きっとこれからどんどん盛り上がって、一般的に使われるようになるんだろうと思います。
「発展のためには文化が必要。文化を作るのはプラットフォーム提供者・開発者・ユーザーの全員です」というLINE小城さんの言葉を胸に、今後も色々挑戦できたらと思います。