AWS活用事例、メディア・セミナー情報などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

カテゴリー: 連載:米国EC・小売HOT NEWS!

米国EC・小売HOT NEWS【7】〜Amazon Dash Button体験レポート〜


こんにちは、ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。

ニューヨークはここ数日いきなり寒くなり、すっかり冬モードに入りました。
つい一週間前までTシャツで歩いていたニューヨーカーたちも、さすがにこの寒さは堪えるのか、ロングコートにブーツ、ニット帽のお決まりニューヨーカースタイルに早変わり。うちの主人もこの気候にやられたのか、風邪を引いてしまいました。

さて今日は寒くなるとますます頼りになる、amazonの便利な新サービス『Amazon Dash Button』についてご紹介していきます。

Photo Aug 17, 1 20 20 PM

この商品は日本でも話題になったので、ご存知の方も多いかもしれないですね。

『Amazon Dash Button』を簡単に説明すると、Wi-Fi対応の小型端末(上のボタン)を1回プッシュするだけで、商品を注文できる『お買い物専用ボタン』です。

ボタンにはそれぞれ商品が紐付けられており、よく購入する商品や、月に1回必ず買うものなんかをキッチンや洗面所などに貼り付けておき、自宅から商品が無くなりかけたタイミングでボタンを押すと、自動でAmazonに注文が入るという仕組みになっています。
なお以下のようなオプションも付いているので、本数などは好みに応じて選べます。

Photo Oct 09, 3 03 50 PM

今回は体験レポート自体はさくっとお伝えし、この『Amazon Dash Button』を通じてAmazonがどんな未来を想像しているのかを考えていきたいと思います。

続きを読む 米国EC・小売HOT NEWS【7】〜Amazon Dash Button体験レポート〜


米国EC・小売HOT NEWS【6】〜Operator体験レポート〜


皆さんこんにちは、ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。

日中は残暑厳しいマンハッタンですが、夜は肌寒い日も増え、すっかり秋らしくなってきました。
私が住んでいるエリアは近くにNYU(ニューヨーク大学)をはじめ、多くの大学があるので、新学期が始まるこの季節は、新入生や帰省先から戻ってきた学生で連日大賑わい。眠ることを知らない学生たちが、夜中だろうと大騒ぎし、ああ秋がきたなぁとしみじみするものです(笑)。

さて今日は、Eコマースの新しいトレンドになる? と私が密かに期待を寄せている、ショッピングコンシェルジュサービス(パーソナルアシスタントサービス)についてご紹介します。今回はあのUberの共同創業者がスタートしたサービス『Operator』の体験レポートをお届けします。

2015-07-09 17.30.56

続きを読む 米国EC・小売HOT NEWS【6】〜Operator体験レポート〜


米国EC・小売HOT NEWS【5】〜Jet体験レポート〜


皆さん、こんにちは。ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。今日は、「Amazonの強力ライバル登場か!?」 と米国で話題沸騰のECサービス『Jet』についてご紹介していきます。

街中ではこんな広告付きのバスも走っています。

2015-07-29 12.43.55

私が初めてJetに興味を持ったのは、2015年2月のBUSINESS INSIDERの記事からです。
ローンチ前ですが、1.4億ドル(※約174億円)の資金調達をし、Amazon対抗のECサービスを開始するという内容です。

ちなみに同記事によると、Jetは2014年9月にも、8,000万ドル(※約99億8,100万円)の資金調達を行っていますし、正式にサービスを開始する直前には、2.25億ドル(※約280億円)の調達もしています(※詳細は、こちらの記事をご参照ください)

な、なんだ。このあり得ないお金の動き方は…。
さて気になるサービス内容を知るために、BUSINESS INSIDERの記事を読み進めていくと、

Like Amazon, the site will sell just about everything — but it promises its prices will ultimately be 10 to 15% lower than they are anywhere else. In exchange, people will pay a $50 annual mebership fee.
⇒アマゾンのようにサイト上ではありとあらゆるものを販売していますが、他のどのECサイトよりも、10〜15%低い価格で販売することが保証されています。顧客はその変わり、50ドルの年間利用料を支払う必要があります。

とのこと。

こちらの記事の中に、Amazonとの価格比較がされた表が掲載されています。

Amazonのメンバーシッププログラム『Amazon Prime』の年間利用料は99ドルですから、それよりも安く設定している上に、商品価格もどこよりも安いと。これは一体どういう仕組なんだろう? とサービス開始を今か今かと楽しみにしていました。

続きを読む 米国EC・小売HOT NEWS【5】〜Jet体験レポート〜


米国EC・小売HOT NEWS【4】〜UberEATS体験レポート〜


こんにちは、ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。

ニューヨーカーたちに欠かせないもの…といえば、タクシー。ニューヨークの地下鉄はかなり便利なので、私の移動手段は主に地下鉄ですが、状況に合わせてタクシーも使っています。

しかし困るのが、なかなかタクシーが捕まらないこと。昼夜問わずタクシーを利用する人が多いので、一台捕まえるのでも相当苦労します。そんなタクシーの争奪戦が激しいニューヨークでは、Uberは必須サービス! となりつつあります。

私も実際、Uberや、時には競合サービスのLyftを使うこともありますが、こうした配車サービスが生活に欠かせないものとなってきました。特に英語に不安がある私のような外国人にとって、予め目的地を指定しておけるUberのサービスは超ありがたい♪

支払いも降車後にクレジットカードで自動引落なので、車内で運転手さんとお金のやり取りをする必要がありません。

そんな使えるサービスUberは、色々な意味で話題に事欠かないサービスでもあります。
話題はポジティブなものから、ネガティブなものまで(汗)様々ですが、今日はポジティブなものを取り上げたいと思います!

今回ご紹介するのは、「UberEATS」という新サービスです。

スクリーンショット 2015-05-13 7.13.32

Uberは配車の域を越え、最近では車や位置情報を利用した配達サービスにも力を入れています。
その一つが、ランチ宅配の「UberEATS」

続きを読む 米国EC・小売HOT NEWS【4】〜UberEATS体験レポート〜


米国EC・小売 HOT NEWS! 【3】〜Amazon Echo体験レポート〜


こんにちは、ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。
ついに我が家に、『Amazon Echo』がやってきました!!

2015-04-17 08.37.03

Amazon Echoとは、筒状のデバイスに向かって話しかけるだけで、アマゾンのショッピングリストに商品を追加してくれたり、今日の天気を教えてくれたり、音楽を流してくれたり・・・と、まるで専用のコンシェルジュのように、色々お世話をしてくれる超便利なツールのことです。

iPhoneのSiriを使ったことある方でしたら、Siriをイメージしていただけると分かりやすいと思います。

2015-04-17 08.17.46 2015-04-17 08.18.29(上)Amazon Echoの外箱 (下)開封時のようす

実際に動いている方がイメージしやすいと思うので、動画で見ていきましょう。まず一番シンプルな使い方として、アマゾンのショッピングリストに追加する方法から。

ここでは「牛乳(milk)」を追加してみます。言葉はシンプルに「Add milk!」だけでOK。

動画に出てくる、「Alexa(アレクサ)」とはデバイスに話しかける時に使う名前。女性キャラクターという設定のようです。

何かお願い事をしたい時にはまず、「Alexa」と話しかけます。
デバイスの上部が青色に発行したら、話しかけていいですよ! の合図。お願い事を続けます。

続きを読む 米国EC・小売 HOT NEWS! 【3】〜Amazon Echo体験レポート〜