エンジニア

AWS SAPブログリレー #1(モチ)

AWS SAPブログリレー #1(モチ)

こんにちは。AWSインフラ担当のモチです。
弊社のAWS認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル(AWS SAP)保有者でブログリレーやろう!ということで、トップバッターを務めさせて頂くことになりました。

そしてこの画像は弊社のあるがさんに作成してもらいました!すごい!
あるがさんについてはこちらのブログをご覧ください。

試験概要・スコアなど

試験概要は公式に記載の通り、75問180分の選択式です。
私は2021年8月に受験し、超ギリギリの760点で合格しました。

ちなみに、今までの受験実績はこんな感じです。
2020年に転職しましたが、前職は案件推進メインでノー開発でした。

 2019年3月 SAA(3回目で合格)
 2019年7月 SOA(2回目で合格)
 2020年8月 DVA(一発合格!)
 2021年8月 SAP(一発合格!!)

やったこと

順位形式でお伝えします。

第1位 業務
第2位 AWS研修
第3位 問題集(Udemy)

第1位 業務

今回はなんと言っても、業務でいろんなことをさせて頂いたおかげです。
ビックデータを扱う構成図を書かせてもらったり、AWS WAFやCloudFrontのエラーと格闘したり、
最近は異動してAWS Oragnaizationsも触らせてもらえたので、
AWS ControlTower、AWS ServiceCatalog、OUなどこの単語聞いたことある、とか、
問題のイメージがしやすかったです。

第2位 AWS研修

トレノケート社の Advanced Architecting on AWS 研修を業務の一環として受講させてもらいました。
3日間、AWSの主要サービスをこれでもかと盛り込んだとても充実した研修でした。
適宜ハンズオンもあり、今まで触ったことのないサービスも経験できてとてもよかったです。
この経験に沿った問題も出題されて、あの時のだ!と思い出しました。

第3位 問題集

Udemyの SAP用模試 を購入しました。
実際の問題に近い長文なので、慣れることができたのはこれのおかげです。
昨年冬くらいからやっていたのですが業務が忙しくなり一度中断し、合計で2巡くらいやりました。
これは個人的なやり方ですが、全部解いてから見直し、だと最初の方の問題の記憶がほぼないので、
全部を適当に解いてから、回答が見える状態で解いてすぐ答え合わせ、というやり方をしていました。

2020年12月〜1月 隙間時間で5回分の模試を一通り
2021年6月 隙間時間で5回分の模試を一通り

番外編

いつも試験前日はほぼ徹夜で詰め込むのですが、今回は体調が悪くそれができませんでした。
21時には息子と就寝。朝は好物のアイスとチーズケーキ食べて糖分摂取。
超ギリギリだったので微妙ではありますが、それも良かったのかもしれません。

試験中のこと・大事だと思ったこと

私のスタンスとして、1回目はお試し受験のつもりでした。
どんな問題が出るかとか、苦手なサービスを帰ってから振り返り、再受験するつもりでした。

もちろん今回もそのつもりで、だらだら解いていたら残り30分でまだ25問もある状態。さすがにやばい。
そこからは問題を流し読みして、問いかけられている部分と選択肢を読むことに専念しました。

そこで思い出したのが、以前の上司から言われた
『AWSがどれを答えさせたいか』
という言葉でした。

業務上でも、AWSは可用性を重視していたり、オンプレからの移行に使えるサービスを増やしていたり、
拡張性を模索していると感じていたので、これを使って欲しいのかな、と想像して回答しました。
残り1分でやっと全問終了。セーフ。

次頑張ろうーなんてアンケートに答えてクリックしたら、画面上に合格と見えたので5度見くらいしました。
やっとスプラトゥーンに集中できる!!!!!

今後

せっかくAWS SAP取れたので、他の試験も受けたいなぁと思っています。
ラボにはスプラ部もあるのでぜひ!

一覧に戻る