AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

re:Invent 2018 新機能!TransitGatewayを試してみた

Pocket

Hello, サービス開発チームの北野です。

ラスベガスでAWSのイベント、re:Inventに絶賛参加中です。

Monday Night Liveでいろいろ新機能が発表されました!
その中で、「今すぐにでも使いたい!」と私が感じた機能、TransitGatewayを試してみました。
弊社ではそれなりの数のVPCがVPC peeringで相互接続されているので期待大です!

TransitGatewayについてはAWSの公式ブログも公開されています。
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/new-aws-transit-gateway/

これまでのVPC間の接続

これまでVPC間の接続はVPC peeringで行われていました。図にするとこんな感じです。

VPC peeringではVPC1からVPC2を経由してVPC3へ接続するみたいなことはできないので、全てのVPCをVPC peeringする必要がありました。
これが3個程度のVPCなら特に問題はありません。もう少し増やしてみます。

VPCが5個になっただけでVPC peeringの数は10個になりました。
計算するとVPC n個に対して、VPC peeringの数はn*(n-1)/2個必要です。
要するにO(n^2)でVPC peeringの数が増えてしまっていくのです。

これからのVPC間の接続

そこで出てきたのがTransitGatewayです。これを使うと下図のようにVPC間の接続を一つにまとめてくれます。

DirectConnectの接続もサポート予定とのことで、AWSのネットワーク構成がシンプルにできそうです!

TransitGatewayを試してみた

先程の図のように、VPCを3つ作ってその中の一つにCloud9を立てて、残り二つにそれぞれEC2インスタンスを立てます。
VPC1(10.101.0.0/16), VPC2(10.102.0.0/16), VPC3(10.103.0.0/16)の3つのVPCができている状況です。
サブネット、セキュリティグループなどは適切に設定してやります。

まだVPC間はつながっていないので、VPC1にあるCloud9からVPC2にあるインスタンスにpingしても繋がらない状況です。

ここからVPCの画面でTransitGatewayを作成します。

今回はクロスアカウントは試さないので、デフォルトのままチェックを入れず、名前だけ設定してCreateします。

次にTransitGatewayにVPCをアタッチします。

適当に名前をつけて、VPC1のVPC IDとSubnetを選択してCreateします。

同様にVPC2, VPC3もアタッチして、Stateがavailableになるまで少々待ちます。

availableになったあと、TransitGatewayのRoute Tableを確認すると、各VPC(10.101.0.0/16, 10.102.0.0/16, 10.103.0.0/16)にルーティングされていることがわかります。

最後に各VPCのルートテーブルを設定します。

少々おおざっぱですが、10.0.0.0/8の接続を全てTransitGatewayに流してやるように設定します。これを3つのVPCのルートテーブル全てに対して行います。

疎通確認

VPC1(10.101.0.0/16)に立てたCloud9から、VPC2(10.102.0.0/16), VPC3(10.103.0.0/16)に対してpingを行い、通信できていることが確認できました!

終わりに

今回は一つのアカウント内でTransitGatewayを使用しましたが、クロスアカウントで使用することもできます。
将来的にはDirectConnectにも対応するとのことなので、ネットワーク構成をシンプルにできそうで楽しみです!
今後も試していきたいです。

Pocket

re:Invent 2018 認定者ラウンジのススメ

Pocket

Hello, サービス開発チームの北野です。

AWSのre:Invent 2018に参加するためにラスベガスに来ています。
midnight madnessで新サービス、RoboMakerが発表されて他にどんなサービスが発表されるのかとても楽しみです!

今回はAWS認定を取得したくなる、認定者ラウンジのご紹介をいたします。

認定者ラウンジ(AWS Certification Lounge)とは?

AWSのイベント中利用できる、AWS認定取得者のみ入場できるラウンジです。
ソファやデスクが設置され、電源もあるのでゆったりとブログを書いたりすることができます。
(このブログも認定者ラウンジで書いてます!)
入場特典としてトップ写真のようなグッズも貰えました!

今年のre:InventではVenetianとAriaに設置されるみたいです。

ラボのメンバーはVenetianに宿泊しているので、Venetianを利用しました。

コーラを浴びるように飲んだり…

コーヒーブレイクしたり…

時間帯によっては食べ物も提供されているみたいです。

AWS認定を取得することでre:Inventをより快適に過ごすことができるようになります。

AWSではアソシエイト、プロフェッショナル、スペシャリストと様々なレベルの認定があるので、
まずはアソシエイトレベルから目指してみてはいかがでしょうか?

Pocket

re:Invent 2018 参加レポート Tatonka Challenge

Pocket

ハローエブリワン、サービス開発チームの人見です。

re:Invent 2018でラスベガスに来ています。
昨日アメリカに到着し、20:00頃にホテルにチェックインしたあと、
大急ぎでレジストレーションを済ましてそのままTatonka Challengeに参加して来ました。

Tatonka Challengeというのはre:Invent伝統のチキン大食い対決です。
ルールはざっくりこんな感じです。
・お皿1枚にチキンが12本ある
・1皿食べ終わったらギネス審査員にチェックしてもらってOKがでたら新しいお皿が来る
・1度に1本ずつ食べること 両手でチキン2本もつのはNG
・骨以外は全部綺麗に食べてね
・水でソースを落とさないこと

当日スマホの電池がきれてしまって、
肝心のチキンの写真が撮れなかったのですが、
チキンの大きさは、ケンタッキーよりは小さくて、日本の居酒屋によくある手羽よりは大きいです。

イベント自体は21時開始だったのですが、20時半前ぐらいから並んでいたので
割とすんなり会場入れました。
説明会場で1時間ほど説明を聞いて過ごしたあと、本番会場に移動しました。

本番会場に行く前に、マーチングバンドが演奏してくれてテンションが上がりました。
屈強な大食い達とともに戦士の様な気持ちで本番会場へイン。

自分の番号が書いてある机に座ると、目の前にはビールと水がありました。
チキンとビール、、、最高やん、、、と思いましたが、大食いのプロとして水をチョイス。
ベストプラクティスは水。
周りを見回すとコーラを持参している人がいたので、飲み物は自由みたいです。

MCのファンキーなお姉さんが
「私の口座番号は〜XXXXです!!」という感じの
池崎ちっくなギャグで会場を盛り上げたあと、
いよいよ待ちに待ったチャレンジがスタートしました。

スタートの合図とともに、最初のチキンにかぶりつきました。
滑り出しは好調。
2本目、3本目と順調に食べていき、
5本目あたりからゾーンに入って、
無意識にひたすらチキンを食べ続けました。
異変を感じたのは10本目。
手が重い。。。
甘辛ってなんなの。。。大食いに向いてないやん。。。
1皿は12本は全部食べきりたい。。。
もうダメなのか。。。
ここまでなのか。。。
諦めかけたその時、視界に入って来たのは水!
水を飲むことで、口の中の甘辛地獄をリセット!圧倒的さっぱり感!
その勢いのまま1皿目完食しました。
審査員のギネスの方にチェックしてもらい、
OKだったので、次の皿が運ばれてくるのを待ちました。
すぐに次の皿が運ばれて来て、
12本のほかほかチキンを見た瞬間、満腹感に襲われました。
このタイミングでこのビジュアルはきつかったです。
ここで作戦を切り替えて、時間をかけてゆっくり食べることに。
あと一口いける。。。あと一口はいける。。。
どんなにお腹いっぱいでも、あと一口はいける作戦で粘りました。
時間はまだまだたっぷりあったので、ゆーっくり食べ続けました。

結果、、、16本!!!

隣の人は24本食べてて、マジで尊敬しました。

エンディングではニワトリの追悼ムービーがそれっぽい音楽と共に流れて、心を痛めつけられました。
そういえばギネスの記録は達成したのかしら?

その後はフライト疲れと、お腹が苦しいのとでそのままホテルに戻りました。
なのでRoboMakerやらなんやらは見逃しました。

Tatonka Challenge楽しかったです。
ぜひ次回も機会があれば挑戦したいです。

Pocket

仮想プロジェクトを終えて〜2018年仮想プロジェクト完了報告〜

Pocket

こんにちは、新卒の川永、地福、清水です!

遅くなりましたが、5月中旬から6月にかけて行われた仮想プロジェクトを終えて感想を書いていきたいと思います。

仮想プロジェクト概要

まずは、今回の仮想プロジェクトの概要、課題について川永が書きます!
今回の仮想プロジェクトは2チームに別れての開発となりました。
1つ目は自社サービスPostforの管理画面開発チーム
2つ目は私たち、社内の営業管理ツール開発チームです。

営業管理ツール開発チームに与えられた課題

・社内の営業活動の見える化
・新たにサービスを作り、それを使うのではなく既存のものに付加価値をつける
・具体的にはGoogleカレンダーに入力された内容を取得し、グラフで表示する

成果物

営業管理ツールEn-gyo[現在は停止させております。]

使い方紹介ページ[現在は停止させております。]

技術的な、おはなし

続きを読む 仮想プロジェクトを終えて〜2018年仮想プロジェクト完了報告〜

Pocket

Alexaスキルアワード2018ハンズラボ賞まとめレポート

Pocket

こんにちは、エンジニアの松本です。

先日9/29(土)に開催されたAlexaスキルアワード2018のファイナルステージへ
スポンサー企業として参加してきました!

ファイナルステージでは365個ものたくさんの応募があった中から、24個のスキルが紹介され、
審査員たちの熱い審査会を経て、授賞式が行われました。
開発者の皆さん、お疲れ様でした!受賞者の方々、おめでとうございます!

各スキルについては各メディアで取り扱われている記事を後ほどご紹介させていただくとして、
今回は東京ハッカソン、大阪ハッカソン、そしてスキルアワードで!!
ハンズラボがスポンサー賞を差し上げたスキルについて、授賞に至ったポイントを
あげさせていただきたいと思います。

06.30-07.01 東京ハッカソン第1弾 「おえかきおねえさん」

まずは東京ハッカソンのハンズラボ賞「おえかきおねえさん」から!
当時のスキル名は「おねえさんとおえかき」でした。
ハッカソン当日はオーディエンス賞も同時受賞、スキルアワードでは富士通クラウドテクノロジーズ株式会社賞を受賞したツワモノです。

手軽に誰でも楽しめる絵描き歌にゲーム性をプラスして
何の絵になるか初めに教えずに、完成図が何になるか想像しながら描き、最後にAlexaホームカードで答え合わせができます。
複数人で同時に挑戦しても面白く、答えがあっていたときにはアハ効果のような爽快感があり、
オーディエンス賞納得のスキルでした。

  • 本来であれば見えているはずの絵描き歌の途中経過が、VUIになることで見せられないのを逆手にとり、ゲームにする発想のおもしろさ
  • ”おねえさん”の喋り口調、絵描き歌にはSSMLで工夫がこらされており、それによってスキルのキャラクターが立っていると感じる
  • 一つの意味合いのセリフに複数の文言パターンを用意するなどやりとりが機械的にならないように配慮が感じられる

 

以上をふまえてハンズラボ賞を授与させていただきました。
絵描き歌のバリエーションも増え続けているようなので今後も楽しみです。

07.29 東京ハッカソン第2弾 「VoiceQ&A」

台風で残念ながら2日間のうち後半1日のみの開催になってしまった東京ハッカソン第2弾・・・!
ハンズラボ賞に輝いたのは「VoiceQ&A」です!

こちらはホテルでの利用を想定した顧客満足度アンケートスキルです。
チェックアウトのタイミングでお客様に対し、ホテルについてアンケートをお願いします。
アンケート結果は、スタッフが掃除の合間に確認できるそうです。

  • 「ホテル」を「店舗」に置き換えて小売業界でも利用できそう
  • 「掃除の合間に」といった”ながら作業”で、利用できるシーンを模索している

 

ビジネス利用できそうなアイディア、今後も期待したいですね!

08.17-08.18 大阪ハッカソン 「魚魚リンガル」

続いては大阪ハッカソンのハンズラボ賞「魚魚リンガル」(ぎょぎょりんがる)!
かわいがっている魚たちとお話できる夢のスキルです。
こちらも当日のオーディエンス賞、kintone賞と同時受賞、さらにスキルアワード特別賞のスキルです。

こちらのチームはなんとデモ用の金魚鉢を東急ハンズで購入してくださったそうで、ありがとうございました!
今度東急ハンズへ買い出しの際は、ぜひ弊社社員をお連れください!荷物持ちなどなどなど・・・お役に立つはずきっと・・・!

  • VUIでのやり取りになることで普段の何気ないお世話がコミュニケーションになる
  • センサー、ライトとも組み合わせてつくられているなど技術的挑戦を感じる
  • 魚の種類にあったお世話の頻度・内容になる未来に期待!

 

ファイナルステージでのデモ動画ではさらにクオリティがあがって
お魚が関西弁でかわいらしくおしゃべりする様子が見られました。
今後お魚のキャラクターが選べたりするのもおもしろそうですね。

09.29 スキルアワード 「読み上げエキスパート」

ラストはスキルアワードにてハンズラボ スポンサーテーマ賞「Generation賞」のスキルです!

Generation賞とは(以下スキルアワード公式ホームページより抜粋)

「若年層向けや高齢者向けなど、世代を超えて愛される作品に送ります。高齢者社会、少子化、介護や保育など、さまざまな課題がある中で、Alexaにこれから触れる方、Echoをこれから使う方にとって大きなインパクトを与えらえるHackが生まれることを楽しみにしています。」

受賞したのは「読み上げエキスパート」です!

こちらは「そろばん」の読上暗算を題材にしたスキルです。
そろばんは日本の伝統技能ですが、近年は少子化で習う子供が減少しており、さらにそれに伴って教えてくれる先生や塾も減少しています。
このスキルでは、一人ではできない読み上げ暗算を手軽に練習ができるように、Alexaに読み上げてもらうことができます。

  • 「読み上げ」という役割上、VUIに任せたとき自然
  • 会話フローがわかりやすく、お年寄りや子供でも一度使えばすぐ慣れることができる
  • 難易度が30段階にわかれており、脳トレとして個人にあったレベルにできる
  • 問題は大阪珠算協会に所属されている先生がデータベースに入力しており、3000題以上
  • デバイスの所在地からユーザー情報を取得することで問題回答状況などデータベース管理

 

スキルの運用でネックとなりがちな問題の登録についても行き届いており、
所在地から教室が必要な場所も参考にできそうなデータベース情報が用意されていることなどからも非常に実用的な設計がされていると思いました。

また、企業部門最優秀賞となったクイックちゃんでも感じたことですが、一人では出来ないことをAlexaを介することで可能にするというところに未来を感じました。
まさに子供から大人まで世代を超えて愛される作品であるとして「Generation賞」とさせていただきました。

まとめ

以上、4スキルの授賞ポイントをご紹介しました!
ハンズラボは、APIスポンサーというわけでもなく、もちろんAmazonさんともまたちがった立場から見ることになるため
こうして改めて選考ポイントをあげてみると少し特殊な感じがありますね。

スキルアワード全体の選考ポイントとしてはインタラクションであるかどうかが重視されていたようです。
今後はさらにU/Iとして活用できているスキルが評価されていくのではないかと思います。

また、スキルアワードファイナルステージは急遽弊社の荒木が審査員をさせていただきました。
急なことでしたが、貴重な機会をいただき、ありがとうございました。
今後ともハンズラボをよろしくお願いいたします!

参考

Alexaスキルアワード2018のファイナルステージ
おえかきおねえさん
魚魚リンガル
読み上げエキスパート提供:一般社団法人 大阪珠算協会様
関連タグ:#alexaスキルアワード

Pocket