AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

12

カテゴリー: Slack

楽しく情報共有できるSlack活用術

Pocket

はじめまして。2018年4月新入社員(?)の原(@hxrxchang)と申します。

(”?” としてあるのには深い事情があります。。。詳しく知りたい方はオフィスに遊びにきてください。)

今回は、弊ラボ内で行われているSlack活用術について書きたいと思います。

Slack楽しく使っていますか??

Slackをただの連絡ツールとして使ってないでしょうか??

緊急連絡や進捗確認、議事録の共有くらいにしか使わない

なんてこともあるかもしれませんが、それだとちょっと息苦しいですよね。

就業中も終わった後もお休みの日までも、楽しくてついついSlackを開いちゃうような活用術をご紹介します。

分報を導入しよう!!

日報ならぬ分報です。

日報は1日に1回その日に行った作業や、次回の予定などを書くものですよね。

分報は1分に1回、その分で何をしたか、次の分に何をするか書くもの。。。

ではありませんのでご安心ください。

好きな時に好きなことを呟いていい、言うならば社内Twitterです!!

弊ラボでは、#times_◯◯(苗字のローマ字) という名前で各々チャンネルを作り、自由に呟いています。

呟く内容は

  • 読んだ記事の共有
  • 業務で嵌った点
  • ランチで食べたいもの
  • 休日の出来事

などなど、本当に自由です。

↑ラーメン二郎桜台店に感動した次の日に、node v10の console.table() に感動している私です。

分報導入のメリット

分報導入にはメリットがたくさんあります。というかメリットしかない??

私が感じたメリットを何点かご紹介します。

1. 技術のアンテナが広がる

弊ラボでは様々な技術が使われております。

例を挙げると開発言語では、

JavaScript、Python、PHP、Go、Shell Script、Swiftなど

またAWSの各種サービスを使用しているので、エンジニアの関心も多岐に渡ります。

そのため共有される情報も様々で、毎日知らないジャンルの情報に触れることができます。

私はJSしか触ったことがなかったのですが、入社してから

AWS LambdaでAlexaスキルを開発したり、機械学習のためにPythonをはじめてみたり、

Dockerで環境を構築してみたり、日々今まで知らなかった技術に触れることができています。

2. 気軽に質問できる

分報では情報を発信する他、質問することもできます。

gitの研修があったのですがその際に、

pull と fetch + merge どっちを使うべきなのかふと疑問に思い、以下のように呟いてみました。

研修にはメンターの先輩がついているのですが、こうして分報で呟くことで、会社全体の先輩方からアドバイスを受けることができます。

疑問があるけど誰に聞けばいいか分からない、いろんな人の意見を聞きたい時に気軽に呟くことができます。

ちなみに弊ラボでは、fetch + merge派が多数でした。

3. 自分から発信することで理解が深まる

私が記事や嵌った点を共有する時には、いいと思った点など何か一言添えるようにしています。

一言でもコメントを加えるには、記事の内容をしっかり読む必要があります。そうした心がけが少しでも理解に繋がるのではないかと思います。

自分が共有した内容にリアクションが多くついたり、コメントが来たりすると嬉しくなり、

もっと共有したい!!

ってなることでインプットの量が増える、という好循環になると楽しいです。

まとめ

以上、分報を使ってSlackで楽しく情報共有しよう! という記事でした。

デメリットを強いて挙げるなら、

Slackが気になって見すぎてしまうということでしょうか。

そうなったら ⌘ + q で閉じてあげましょう。そして落ち着いたらまた開いてあげましょう。

そんなデメリットを凌駕するくらい分報はいいものです。

ぜひ導入してみてはいかがでしょうか!?

 

 

 

 

Pocket

iOSアプリの証明書とプロビジョニングプロファイルの有効期限が後何日で切れるかを毎週自動でSlackに通知してみた

Pocket

ios-cers-and-profiles-bot

はじめまして。三井田(みいだ)です。
4月に新卒としてハンズラボに入社して、早半年がたちました。
大学時代は授業で情報科学などを勉強する傍ら、UnityでモバイルARアプリを開発したり、個人開発のAndroidアプリをGoogle Playに公開したりしていました。
入社後は、新人研修の仮想プロジェクトでひたすらjQueryを書き続ける日々を送った後、現在のチームに配属され、DynamoDBを管理したり、PythonでLambdaを書いたり、PHPとJSで管理画面をより使いやすく改善したりしています。

さて、今回は多くのiOS開発者を悩ませる(?)、iOSアプリの証明書とプロビジョニングプロファイルについてのお話です。

やばい!iOSアプリの証明書の有効期限がっ…!!

1年に1回更新しなければならない、iOSアプリの証明書とプロビジョニングプロファイル。ついつい有効期限を忘れてしまい、期限が切れる直前(もしくは切れた後)に慌てて更新、なんてことはありませんか?
弊社でも先日、とあるiOSアプリの証明書の有効期限が切れる寸前になっていました。
その時は弊社エンジニアが気づき、緊急アップデートを行って難を逃れたのですが、もし気づくのが遅れて、証明書の有効期限が切れてしまっていたら。。。と思うとゾッとします。

そこで、iOSアプリの証明書、プロビジョニングプロファイルの更新忘れを防ぐために、証明書、プロビジョニングプロファイルの有効期限が後何日で切れるかを、毎週自動でSlackに通知するようにしてみました!

こんな感じです

ios-certificates-and-profiles-bot

毎週指定の時刻になると、管理サーバーでシェルスクリプトが自動実行されます(cron)。
スクリプトでは、証明書、プロビジョニングプロファイルの入ったプライベートリポジトリをgit pullした後、リポジトリ内の各.cer、.mobileprovisionファイルについて、後何日で有効期限が切れるのかを計算し、その結果をSlackに通知します。
【**注意!**】証明書、プロビジョニングプロファイルは厳重に管理してください!

スクリプトのソースコードはこちら(GitHub)です。(Linux環境用です。ローカルのMacで実行したい場合は、「$ brew install coreutils」を行った後、「date」コマンドの代わりに「gdate」コマンドを使えば実行できます。)

流れとしては、iOSアプリ証明書の有効期限を取得し、「年/月/日」の形にした後、

後何日で有効期限が切れるのかを計算します。

そしてその結果を、Slackに投稿します。

プロビジョニングプロファイルについても有効期限を取得し、同様の処理を行います。(弊社iOSエンジニア駒場に有効期限の取得方法を教えてもらいました!)

30日以内に有効期限が切れる場合は、アイコンと文言を変えるようにしました。

emergency

【おまけ】有効期限が切れると…

expired
…切れないように気をつけましょう。

まとめ

iOSアプリの証明書とプロビジョニングプロファイルが後何日で切れるのか、Slackに毎週自動で通知されるようになったので、余裕をもって年次更新を行うことができるようになりました!
また、Slackに通知することで、特定の開発者だけが有効期限を把握するのではなく、より多くの人の目で期限をチェックできるのも良いですね!
それでは、今回はこの辺で。

Happy Coding! 😉

参考

Pocket

AWSのEC2イベントを検知してslackへ通知するBotを作ってみた!

Pocket

download

週末、ハンズラボは花見でした。

吉田です。

IMG_1325

IMG_1324

IMG_1323

いやー、楽しかったです(笑)
花を見た記憶がほとんどありませんが・・・
桜も2−3分咲きでしたが、テンションは最高でした。外でご飯を食べて酒を呑む。最高ですね!

さて、今回のブログネタはslack × Lambda です。

続きを読む AWSのEC2イベントを検知してslackへ通知するBotを作ってみた!

Pocket

GoogleAppsScriptでJAWS-UGのイベント通知をSlackに流してみた

Pocket

頑張って、どんどん、書きます!!!
都会に憧れるエンジニア
ハンズラボの吉田です。
アイキャッチ画像は家の近くの山です。これの麓辺りから出勤しています。
杉山なので春先は地獄です。春が、近い・・・(恐怖


前回に引き続きSlackネタで書いていこうと思います。
前回はLambda(Python2.7)からSlackへの通知を行いました。
今回は、GoogleAppsScript(以下GAS)からSlackをぶっ叩きます!

感想

JavaScriptむずかしぃぃぃぃ!

慣れですね。頑張ります。

今回作ったBOTはJAWS-UGのイベントが登録されたらSlackにつぶやくBOTです
こんな感じ

bot-test___2016_e_d_team_Slack

それでは作り方を見ていきましょう。
続きを読む GoogleAppsScriptでJAWS-UGのイベント通知をSlackに流してみた

Pocket

はじめまして、ハンズラボにJOINした吉田です

Pocket

皆様、はじめまして。
先日(1月中旬)ハンズラボにエンジニアとしてJOINした吉田です!
エンジニアブログ、頑張っていきます!

前職

2014年に新卒入社した会社でインフラエンジニアとして働いていました。
主にオンプレのWindowsServer(AD周り)の保守運用などの仕事に従事しつつ、AWSに恋をして夜な夜な一人でEC2と遊んでいました。
憧れのAWS環境でのお仕事なので頑張りつつ、認定資格5冠Tシャツ目指します。

1本目のエンジニアブログはLambdaに関して書いていこうと思います。

続きを読む はじめまして、ハンズラボにJOINした吉田です

Pocket

12