AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

カテゴリー: 日常

ボードゲーム「プロジェクトテーマパーク」をプレイ!

Pocket

こんにちは。前回の更新からだいぶ経ってしまっていました。松本です。

ハンズラボではプロジェクト管理ツールとして、主にnulabさんのbacklogを活用させていただいています。backlogはプロジェクトごとに課題管理、ガントチャート、Wikiなどをまとめられるサービスです。
かわいらしいデザインが印象的ですよね。

そんなnulabさんがかわいさとプロジェクト管理要素をフルに活かしてなんとボードゲームを作ったそうです!
それがこちらの「プロジェクトテーマパーク」

レポート記事を書けばこの「プロジェクトテーマパーク」をプレゼント!というキャンペーンを見つけたので考えるよりも早く即申し込み。
幸運にも当選し、ゲームが届いたので社内有志と試遊会を開きました。
(※キャンペーン申込期間は終了しました)

続きを読む ボードゲーム「プロジェクトテーマパーク」をプレイ!
Pocket

wikiツールを移行した話

Pocket

不定期更新かと思ったらほぼ三ヶ月周期で記事を書いていた清水です。

みなさんは社内でどんなwikiツールを使っていますか?
今回、ハンズラボ全体とは行きませんが、現在所属しているチームのwikiツールを改めようということで、約一ヶ月かけて3つのwikiツールを使用してどのwikiツールが適しているか選定しました。

続きを読む wikiツールを移行した話
Pocket

メンティとして1ヶ月経過してみて

Pocket

こんにちは!新卒の川永です。

7月から他社様向け小売系基幹システムの開発チームに配属され、分からないことだらけの中日々奮闘しております。
今は主にPythonでAPIを作ったりしています!
その中で、メンティとして感じたことを書いていきたいと思います。個人的な感想ですので温かい目で見て頂けると幸いです。

メンターとの面識

私は、メンターの面識はあった方が良いと思いました。
メンターと面識があることによって、分からないことの多いチームに加わった直後でも質問がとてもしやすかったです。
また、メンターを介して他のメンバーとコミュニケーションが取りやすく結果として早くチームに馴染むことができたように思えます。

メンターと関係を築く

仕事以外の話をする時間が大切だと感じました。
チーム等で一緒に食事に行って趣味や好きなもの嫌いなものの話をすることによってよりフランクな関係になり小さな相談事やプライベートな話をしやすくなりました。
ですが、話しやすい雰囲気がある事が前提かなと思います。
(そこが難しいところだとは思いますが)
あくまで気軽に話ができるのが大切です!

メンター以外のメンバー

個人的にはこれがもっとも重要だと感じました。
メンバーが協力的であるとチームとしてメンティの疑問を解決でき、メンター以外の様々な意見を聞くことができます。
そうすることで、私はチームとして働くという意識が強くなりました。
また、メンターはメンティとメンバーの架け橋的役割も担うのがよいのかなと思いました。

メンティとして心掛けたこと

・質問する時は自分が今何に困っていてどうしたいのかを明確にしてから聞くこと。
・メンター以外の人にも質問し見識を広めるようにすること。
・分からない時は素直に言うこと、聞くことが仕事という意識を持つこと。

以上いかがでしたでしょうか?
私なりの考え方なので色々ご意見等あるかもしれませんが、参考になればと思います。

Pocket

1day outingを利用した話

Pocket

皆さまこんにちは。

弊社では1day outingという制度があり、週に1度自宅やコワーキングスペースで勤務することができます。

今回は特別にGWの2日間を1day outingし、社外での作業方法を検討してみました。

続きを読む 1day outingを利用した話

Pocket

技術書典4に参加しました

Pocket

こんにちは、無事新卒2年目になりました谷津です。

先日、#pj_publishというサークル名で4/22(日)は秋葉原UDXにて社内の有志で技術書典4に参加していました。私はFPGAのことについて執筆させてもらいました。実はAWS F1インスタンスを使った内容になっています。

お品書きはこんな感じでした。

非公式だけど、公式のTwitterもツイートしてくれています。宣伝ありがとうございます。

執筆環境について

特に今回は統一をしていたわけではありませんが
私は、markdownとprhプラグイン、VSCodeのvscode-markdown-pdfを用いて執筆しました。
次回は流行りのRe:VIEWプラグインを使ってみようかなと思っています。

結果

結果として50部ほど売れました。めでたい🎉
今回は合計6000人超えの来場だったそうですね。すごい。
手に取っていただいた皆さん、運営の皆さんありがとうございました。

改善点など

  • 内容のベクトルが全部違うのでオムニバス形式よりも個別にしたほうが良いかも
  • シフト制にしたほうがいい(思ったよりつらい)
  • 直前にどうしてもバタバタしてしまう
  • 次回は執筆者が増えそうなので方針を考える必要があるかも

…などなどたくさんの意見が出ました。カイゼンの余地ありですね💪

おわりに

また次回も出せたらいいね〜という話になりました。やっていき!

ハンズラボでは技術書典に興味のあるエンジニアを募集しています。

Pocket