AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

カテゴリー: 日常

メンティとして1ヶ月経過してみて

Pocket

こんにちは!新卒の川永です。

7月から他社様向け小売系基幹システムの開発チームに配属され、分からないことだらけの中日々奮闘しております。
今は主にPythonでAPIを作ったりしています!
その中で、メンティとして感じたことを書いていきたいと思います。個人的な感想ですので温かい目で見て頂けると幸いです。

メンターとの面識

私は、メンターの面識はあった方が良いと思いました。
メンターと面識があることによって、分からないことの多いチームに加わった直後でも質問がとてもしやすかったです。
また、メンターを介して他のメンバーとコミュニケーションが取りやすく結果として早くチームに馴染むことができたように思えます。

メンターと関係を築く

仕事以外の話をする時間が大切だと感じました。
チーム等で一緒に食事に行って趣味や好きなもの嫌いなものの話をすることによってよりフランクな関係になり小さな相談事やプライベートな話をしやすくなりました。
ですが、話しやすい雰囲気がある事が前提かなと思います。
(そこが難しいところだとは思いますが)
あくまで気軽に話ができるのが大切です!

メンター以外のメンバー

個人的にはこれがもっとも重要だと感じました。
メンバーが協力的であるとチームとしてメンティの疑問を解決でき、メンター以外の様々な意見を聞くことができます。
そうすることで、私はチームとして働くという意識が強くなりました。
また、メンターはメンティとメンバーの架け橋的役割も担うのがよいのかなと思いました。

メンティとして心掛けたこと

・質問する時は自分が今何に困っていてどうしたいのかを明確にしてから聞くこと。
・メンター以外の人にも質問し見識を広めるようにすること。
・分からない時は素直に言うこと、聞くことが仕事という意識を持つこと。

以上いかがでしたでしょうか?
私なりの考え方なので色々ご意見等あるかもしれませんが、参考になればと思います。

Pocket

1day outingを利用した話

Pocket

皆さまこんにちは。

弊社では1day outingという制度があり、週に1度自宅やコワーキングスペースで勤務することができます。

今回は特別にGWの2日間を1day outingし、社外での作業方法を検討してみました。

続きを読む 1day outingを利用した話

Pocket

技術書典4に参加しました

Pocket

こんにちは、無事新卒2年目になりました谷津です。

先日、#pj_publishというサークル名で4/22(日)は秋葉原UDXにて社内の有志で技術書典4に参加していました。私はFPGAのことについて執筆させてもらいました。実はAWS F1インスタンスを使った内容になっています。

お品書きはこんな感じでした。

非公式だけど、公式のTwitterもツイートしてくれています。宣伝ありがとうございます。

執筆環境について

特に今回は統一をしていたわけではありませんが
私は、markdownとprhプラグイン、VSCodeのvscode-markdown-pdfを用いて執筆しました。
次回は流行りのRe:VIEWプラグインを使ってみようかなと思っています。

結果

結果として50部ほど売れました。めでたい🎉
今回は合計6000人超えの来場だったそうですね。すごい。
手に取っていただいた皆さん、運営の皆さんありがとうございました。

改善点など

  • 内容のベクトルが全部違うのでオムニバス形式よりも個別にしたほうが良いかも
  • シフト制にしたほうがいい(思ったよりつらい)
  • 直前にどうしてもバタバタしてしまう
  • 次回は執筆者が増えそうなので方針を考える必要があるかも

…などなどたくさんの意見が出ました。カイゼンの余地ありですね💪

おわりに

また次回も出せたらいいね〜という話になりました。やっていき!

ハンズラボでは技術書典に興味のあるエンジニアを募集しています。

Pocket

ハンズラボの書籍購入補助制度について

Pocket

こんにちは、POSチームの人見です。
2月で晴れて入社1年になりました。
もうベテラン社員ですので、ハンズラボのことは何でも聞いてください。

 

ところで皆さん、本屋は好きですか??
私はアマゾンで本を探すことが多くなりましたが、
やっぱり本屋が好きなので、
外に出かけると必ず本屋に寄ってぶらぶらします。

 

本屋さんを歩いてると欲しい本がたくさん見つかるんですけど、
やっぱり気になるのはお値段。
特に技術書だと結構高いんですよね。
そんな悩めるあなたに、
ハンズラボの書籍購入補助制度を紹介したいと思います。

 

その名の通り、自由に本を買って良い制度です。
感想文や申請などは必要なく、制限もありません。
本屋で気になる本を見つけたら、すぐ買って読むことができます。

 

浮いたお金で

お気に入りのカフェに入って、
コーヒーの香りを楽しみながら、
買ったばかりの本をゆっくり読む

という最高に贅沢な時間を過ごすことができます。

 

そんな優雅な社員がいるかは置いといて、
ハンズラボの本棚を覗いてみました。

 

ぐちゃぐちゃに見えるのは今日たまたまです。

 

WEB+DB PRESSはもちろん購読しています。

他にも有名な技術書はだいたい揃ってると思います。

 

あとはこんな本も、、、

みんな大好きダーリンは外国人。

 

これは私が入社してすぐくらいにこっそり買いました。

 

気になる。。。
置かれた経緯とか考えるとある意味文学ですね。

 

ストレングスファインダーもありました。
Web上でテストを受けると、自分の5つの強みがわかるやつです。
ちなみに私は強い順から
戦略性、未来志向、最上志向、ポジティブ、達成欲
でした。
みんなでやるとめちゃくちゃ盛り上がるのでおすすめです。

 

 

 

えー、まだまだありますがまたの機会に。
ぜひ会社見学にいらしてください。

ということで、今回はハンズラボの社員は好きな本が買えて、
しかも優雅にカフェで読んでいたりしてるかもしれないという話でした。

 

最後に個人的に面白かった本を書いて終わろうかなと思います。

ビジネス系だと絶対外せないのはこれです。

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

本当に何回読んでもおもしろいです。

 

そしてグーグル

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント
ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

ここまで突き詰めて会社について考えられるのはさすがグーグル。

 

 

もちろん我らがピクサーも

ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

アメリカのピクサー本社に遊びに行きたい方はハンズラボに入社するのが近道です。

 

 

ものすごく良い話がたくさん載ってる本。

僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話

新卒研修これ一冊でいいんじゃないかな?だめかな??

 

 

小説だと

まず映画好きなハンズラボの人におすすめな本
キネマの神様

これもおすすめ、ピアニストの話です。
蜜蜂と遠雷

私クラシック音楽知らないんですけど、頭の中に音楽が流れてきました。

もっと恩田陸さんの不思議な世界観を味わいたいなら

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

 

あとは壮大な映画をみているような感覚になる本

ジェノサイド 上 (角川文庫)
ジェノサイド 下 (角川文庫)

少し重いシーンもあるので注意です。

 

ところ変わって歴史系だと

軍師の門 上
軍師の門 下

私ぜんぜん歴史詳しくないんですが最初から最後までおもしろかったです。
詳しい人はもっとおもしろいはず。

 

恋愛を学びたい若者へ

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

恋に悩める若者よ、何も聞かずにただこれを読むのです。

 

マツコさんの本

デラックスじゃない (双葉文庫)

最初の数行だけでマツコさんの世界に引きこまれます。

 

コピーライトといえば

(ぶんこ版)糸井重里の萬流コピー塾 (文春文庫)

ゆるいようで、しっかりしてる。ものすごく勉強になる本。

 

 

今更ながら、これ無限に書けるやつだと気づいたので、この辺で。

なんの話でしたっけ?

ではでは読書ライフを楽しみましょ〜!

 

Pocket

受託開発をスクラムでやってみる

Pocket

大雪予報で素直に喜べない年になってしまいました。
こんにちは、外販チームの鈴木です。

現在、小売業様の基幹システムの開発プロジェクトに参画し、
システム開発の日々を送っております。

受託開発ではありますが、スクラムチームでのアジャイル開発を行っており、
3ヶ月ほど経過したので感想をまとめておこうかと、記事を書くことにしました。

現在、チームとして実施しているスクラムイベント

デイリースクラム

毎朝、「前日にやったこと・今日の予定・困っていること」を報告しています。
スクラムの原則に従って、15分以内・スタンドアップで実施しています。

ToDo管理=ホワイトボード

ホワイトボードに付箋でタスクを貼り付けて「今何をしているか・何が残っているか・何が終わったか」を管理。

工数をポイントで管理

タスクの重さごとにポイントを振り、日数や時間ではなくポイントで工数・進捗を管理しています。

振り返り

2週間を一区切りとして、KPTを用いた振り返りを行なっています。

良くなったこと

コミュニケーションが増えた

デイリースクラムをしていることで、課題や悩み事があれば気軽に報告ができるため、
解決までに時間がかかることが少なくなりました。
また、気軽に報告・提案をしあえる環境ができているのがとても良いです。

設計・実装・テストのようなフェーズの区切りがない

機能単位で開発・デプロイができるようにタスクを分割して、
設計からテストまでを一貫して行うことができるようにしています。
「設計時にどうしてこう考えたんだっけな?」のようなことが発生しづらいです。

今後解決して行きたいこと

個人のスキルアップ

スクラムはあくまでもチームの生産性を高める方法のため、個人のスキルアップにはあまり使えませんでした。
別枠でスキルアップを考える必要があると感じています。

タスクが偏ってしまう

チームの生産性を上げるために、手の早い人が沢山のタスクを消化している事があります。
見かけ上チームの生産性が上がっているように見えるのですが、
個人に依存しているために今後を考えると良くないです。
また、タスクの見積もり精度によって見かけ上の生産性が上がったり下がったりも多く、
個人のスキルの標準化や、見積もり精度を上げることが必要だと思っています。

まとめ

まだまだスクラムチームとして稼働し始めたばかりですが、
一つのチームとしての生産性は確実に上がっていますし、
メリットデメリットがはっきり出ていて課題解決がしやすい開発体制だと感じています。
また案件の区切りがついた頃などに振り返ってみたいと思います。

【イベント開催のお知らせ】
2/1(木)、本ブログを書いた鈴木が登壇する「三つ巴☆テックナイト」を開催いたします!
ヴァル研究所、モビンギ、ハンズラボの3社で合同開催する技術イベントです。
詳細・お申し込みはconnpassページから。

Pocket