AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

カテゴリー: IoT部

Windows10 IoTをRaspberry Pi 2 上で起動させてみた


OS X とWindows 8.1 on VMware 併用派の臼井です。

ハンズラボIoT部活動の番外編として、Windows 10 IoT Core をRaspberry Pi 2で起動させてみました。

公式による詳細なインストラクションは以下にあります。
https://ms-iot.github.io/content/GetStarted.htm
ほぼこのままで起動までいけます。簡単でしょう?

しかし、上記に記述の無いはまりどころがありました。

  • Windows10 IoT をインストールするには、Windows環境が必要。
    • flash.ffu をSDカードに書き込むツールがWindows上でないと動かない。
    • イメージ書き込みくらいdd でさくっと出来て欲しい。
  • Macで動作しているVMware上のWindowsからだと、最近のMacのSDカードスロットを認識するのは一筋縄ではいかないorできない?
    • 色々がんばる必要がある。

なので、他の人のWindows PC を借りて、SDカードへのイメージ書き込みを行いました。

そして、無事起動しました。

チュートリアル中のLチカのサンプルアプリ。10ms までインターバル短く出来て画面のLEDも点滅して危険w


デバイス情報画面。

以下感想です。

  • Windowsと言っているが、思っていたよりプレーンな感じ。
  • Windows10 + Visual Stuidio 2015 でのリモート開発じゃないと出来ないらしいので、Raspbian とかならさくっと出来るLチカすらちょっとだけ準備の敷居が高い。
    • Lチカくらいワンライナーでecho 使って出来て欲しいなーみたいなのはある。
    • あるいはこれ自身にシェルとエディタくらい乗っていて欲しい。

なので、めっちゃ新しめのVisual Stuidio 使いこなしてる、リモートデバッグとかもガンガンやってる、みたいな人だと、そんなに敷居が高くないと思いますが、
逆に非Windowsな人には、これでしかできないことをやろうとしてなければ、
今のところ使わなくてよさそう、という気がします。
逆に言うと、Windows ネイティブ開発バリバリ現役の人が今からIoTに手を出す場合、選択肢としてはよいかも知れません。
あと、HoloLens 開発を見越して、今のうちにWindows IoT に慣れ親しみたい方にはオススメというか、むしろ今すぐ環境を作った方がいいのでは、というか。

しばらくは何ができるかなーと色々模索してみます。