AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

カテゴリー: IAM

IAMポリシーで自分の所有リソース以外の操作を制限する


こんにちは。百木田です。

先日、こんなことがありましたね。
Amazon S3ダウンの原因、コマンドの入力ミスで多数のサーバを削除。

人間が関わっている以上、人的ミスはどうしても避けられないので工夫してミスを減らしましょうという教訓ですね。

今回のブログでは新しい技術は使ってないですが、そんなニュースもあったので人的なミス防止に関連する共有です

AWSを導入している企業であればAWSの機能や技術を検証するために、
サービス提供しているアカウントから分離された検証用アカウントを利用している場合も多いかと思います。
本番環境ではユーザーに適切な権限を付与し、事故を防止していることと思いますが、検証環境では事故の影響が小さかったり、検証するために必要な権限が多い or 不明確であったりということもあり、それぞれのIAMユーザにAdministrator権限に近い権限を付与しているといったこともあるかと思います。

自分が操作しているリソースのすぐとなりに他の人が検証で使用しているリソースがある場合、そういった権限を持っていれば少しコンソール操作をしくじっただけでリソースが消え、両者、冷や汗状態です。

基本的に私はしくじる側の人間だと思っているので、そんな環境でコンソール操作するのはめちゃくちゃイヤなわけで、寝ぼけながら操作しても自分以外の管理するリソースを操作すること無いようにしたかったわけです。
(入社した月にそんなことやらかした時にはもうあれですね。)

今回はEC2インスタンスの[開始/停止/再起動/削除]操作を制限するポリシーを設定します。

設定方法

  1. 操作制限を書いたIAMポリシーを作成
  2. 自分の使用しているIAMユーザーに対して作成したIAMポリシーを付与
  3. 自分が管理しているEC2インスタンスにタグ付け
      Ownerというタグネームに対して自分のIAMユーザー名を設定
      

作成したIAMポリシーは以下です。

「操作するEC2インスタンスのOwnerタグと、現在使用しているIAMユーザー名が異なる場合はActionの操作を拒否」という内容です。
また、どのユーザーでも同じポリシーが使用できるようにユーザー名の部分は変数を指定しています。

試してみる

Ownerタグに自分のIAMユーザー名が設定されているインスタンスは操作できます。

そうでないリソースは操作時にエラーが出るようになりました。

CLIで試しても同様にエラーとなります。

まとめ

権限を少し工夫するだけで安心して作業できるようになりました。
現在お使いのIAMユーザーにIAM操作権限が付与されていれば今からでも手軽に設定できると思いますので実施してみてください。