AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

12

カテゴリー: イベント

re:Invent 2018 参加レポート NPO HACKATHON FOR SOCIAL GOOD その1

Pocket

ラスベガスから日本に帰ってきました。人見です。

NPO HACKATHON FOR SOCIAL GOOD
なるものに参加して来たのでレポートします。

NPOハッカソンはre:Invent 2018のハッカソンイベントの中の1つで
複数のNPOから提示された課題の中からチームで一つ選んで開発するハッカソンです。
NPOは非営利団体のことです。

スケジュールでは9AM–MIDNIGHTと記載されており、
実際に朝8時開場で深夜1時になってもまだ終わらないという感じだったので
おそらくre:Inventのイベントの中でも最長のものだと思います。

朝のラスベガス

夜中のラスベガス

チームは5人までで、自由に組むことができます。

実は前日にハッカソンのチームを組むイベントがあったらしいのですが、
私は当日にチームを組みました。

こんな感じの紙を受付でもらって、

自分がどの役割なのかを自己紹介しながらチームメンバーを探します。
私はバックエンドエンジニアにしました。

メンバーが見つかるか不安だったのですが、
AWSの方もチームを探すのに困ったら手伝うよと言ってくれましたし、
当日オロオロしていたら、声をかけてもらえてチームに入ることができました。
すごいフランクな感じなので、英語が苦手でも大丈夫だと思います。

チームで席を決めてからは、自己紹介タイムで
自分が作ったことあるものや、使ったことのあるAWSのサービス
AWS利用歴などを話しました。
まだハッカソン開始前でお題は発表されていなかったのですが、
NPOならコストかけない方がいいからサーバーレスがいいよねとか、
DynamoDBがいいよねとか、課題を想像しながら戦略を話し合いました。

ハッカソン開始になってオープニングムービーが流れ、
各NPOから解決したい問題が発表されます。
この課題発表の英語のリスニングが超絶難しくて、ざっくりとしか概要をつかめず焦りましたが、
その後のチームメンバーとのディスカッションの時に聞いたり、
NPOの方に質問できる時間があったのでなんとか理解することができました。

私のチームはCompassionという団体の課題を選びました。
課題は「子供とスポンサーがスムーズにコミュニケーションすることができるツール」の開発です。

求められてる機能としては
・ 音声や動画のライブコミュニケーション
・ レスポンスが早いこと
・ 翻訳機能があること
・ 汚い言葉を検知して、除外すること
・ 発展途上国での通信環境も考慮すること

などなど、要件がたくさんありましたが、
ざっくりまとめると

「世界中の色々な言葉を話す子供たちと健全に会話ができるツール」

の開発です。

そんなこんなで開発がスタートしました。

その2へ続きます。

Pocket

re:Invent 2018 認定者ラウンジのススメ

Pocket

Hello, サービス開発チームの北野です。

AWSのre:Invent 2018に参加するためにラスベガスに来ています。
midnight madnessで新サービス、RoboMakerが発表されて他にどんなサービスが発表されるのかとても楽しみです!

今回はAWS認定を取得したくなる、認定者ラウンジのご紹介をいたします。

認定者ラウンジ(AWS Certification Lounge)とは?

AWSのイベント中利用できる、AWS認定取得者のみ入場できるラウンジです。
ソファやデスクが設置され、電源もあるのでゆったりとブログを書いたりすることができます。
(このブログも認定者ラウンジで書いてます!)
入場特典としてトップ写真のようなグッズも貰えました!

今年のre:InventではVenetianとAriaに設置されるみたいです。

ラボのメンバーはVenetianに宿泊しているので、Venetianを利用しました。

コーラを浴びるように飲んだり…

コーヒーブレイクしたり…

時間帯によっては食べ物も提供されているみたいです。

AWS認定を取得することでre:Inventをより快適に過ごすことができるようになります。

AWSではアソシエイト、プロフェッショナル、スペシャリストと様々なレベルの認定があるので、
まずはアソシエイトレベルから目指してみてはいかがでしょうか?

Pocket

re:Invent 2018 参加レポート Tatonka Challenge

Pocket

ハローエブリワン、サービス開発チームの人見です。

re:Invent 2018でラスベガスに来ています。
昨日アメリカに到着し、20:00頃にホテルにチェックインしたあと、
大急ぎでレジストレーションを済ましてそのままTatonka Challengeに参加して来ました。

Tatonka Challengeというのはre:Invent伝統のチキン大食い対決です。
ルールはざっくりこんな感じです。
・お皿1枚にチキンが12本ある
・1皿食べ終わったらギネス審査員にチェックしてもらってOKがでたら新しいお皿が来る
・1度に1本ずつ食べること 両手でチキン2本もつのはNG
・骨以外は全部綺麗に食べてね
・水でソースを落とさないこと

当日スマホの電池がきれてしまって、
肝心のチキンの写真が撮れなかったのですが、
チキンの大きさは、ケンタッキーよりは小さくて、日本の居酒屋によくある手羽よりは大きいです。

イベント自体は21時開始だったのですが、20時半前ぐらいから並んでいたので
割とすんなり会場入れました。
説明会場で1時間ほど説明を聞いて過ごしたあと、本番会場に移動しました。

本番会場に行く前に、マーチングバンドが演奏してくれてテンションが上がりました。
屈強な大食い達とともに戦士の様な気持ちで本番会場へイン。

自分の番号が書いてある机に座ると、目の前にはビールと水がありました。
チキンとビール、、、最高やん、、、と思いましたが、大食いのプロとして水をチョイス。
ベストプラクティスは水。
周りを見回すとコーラを持参している人がいたので、飲み物は自由みたいです。

MCのファンキーなお姉さんが
「私の口座番号は〜XXXXです!!」という感じの
池崎ちっくなギャグで会場を盛り上げたあと、
いよいよ待ちに待ったチャレンジがスタートしました。

スタートの合図とともに、最初のチキンにかぶりつきました。
滑り出しは好調。
2本目、3本目と順調に食べていき、
5本目あたりからゾーンに入って、
無意識にひたすらチキンを食べ続けました。
異変を感じたのは10本目。
手が重い。。。
甘辛ってなんなの。。。大食いに向いてないやん。。。
1皿は12本は全部食べきりたい。。。
もうダメなのか。。。
ここまでなのか。。。
諦めかけたその時、視界に入って来たのは水!
水を飲むことで、口の中の甘辛地獄をリセット!圧倒的さっぱり感!
その勢いのまま1皿目完食しました。
審査員のギネスの方にチェックしてもらい、
OKだったので、次の皿が運ばれてくるのを待ちました。
すぐに次の皿が運ばれて来て、
12本のほかほかチキンを見た瞬間、満腹感に襲われました。
このタイミングでこのビジュアルはきつかったです。
ここで作戦を切り替えて、時間をかけてゆっくり食べることに。
あと一口いける。。。あと一口はいける。。。
どんなにお腹いっぱいでも、あと一口はいける作戦で粘りました。
時間はまだまだたっぷりあったので、ゆーっくり食べ続けました。

結果、、、16本!!!

隣の人は24本食べてて、マジで尊敬しました。

エンディングではニワトリの追悼ムービーがそれっぽい音楽と共に流れて、心を痛めつけられました。
そういえばギネスの記録は達成したのかしら?

その後はフライト疲れと、お腹が苦しいのとでそのままホテルに戻りました。
なのでRoboMakerやらなんやらは見逃しました。

Tatonka Challenge楽しかったです。
ぜひ次回も機会があれば挑戦したいです。

Pocket

「DeepLens」セットアップしてみました!

Pocket

こんにちは、百木田です。

現在開催中のre:Inventに参加のためラスベガスに来ております!
今朝のキーノートにて「DeepLens」という新サービスが発表されました!!
DeepLensはAWSオリジナルのカメラ付きデバイスを使うことで、エッジでの映像の撮影からリアルタイムな解析までの実装をより簡単にしてくれるサービスです。

サンプルプロジェクトが用意されているのでこれらを使って試すことができます。

  • OBJECT DETECTION
  • HOT DOG NOT HOT DOG
  • CAT AND DOG
  • ARTISTIC STYLE TRANSFER
  • ACTIVITY RECOGNITION
  • FACE DETECTION

DeepLensのwork shopに参加した人にはデバイスを配布されるということで行ってきました!
このデバイス、Amazon.comで$249.00で予約受付がされています。

DeepLens販売ページ

先ほど開封の儀を済ませ、セットアップまでをやってみましたので手順を共有します。

1. DeepLensのコンソールにアクセス

https://aws.amazon.com/jp/deeplens/

スクリーンショット 2017-11-29 22.54.05.png (2.3 MB)
「Get started with your DeepLens」を選択します。

2. デバイスを登録

左上のハンバーガーアイコンをクリック

  • 「Resources」の「Devices」を選択
  • 「Register device」を選択

デバイス名

スクリーンショット 2017-11-29 22.55.02.png (158.3 kB)

必要なIAMロールたちを作成

それぞれのサービスを実行するためにIAMロールが必要なので、「Create a role in IAM」からすべてのロールを作成します。右上の「Refresh IAM roles」を押すと、作成したIAMロールが選択できるようになります。

スクリーンショット 2017-11-29 22.58.19.png (373.2 kB)

証明書をダウンロード

後ほどDeepLensにアップロードします。

スクリーンショット 2017-11-29 22.58.30-2.png (177.0 kB)

3. DeepLens本体を準備・接続

SDカードを挿入

32GBのSDカードが同梱されているのでそれを後ろに挿します

電源に接続

電源アダプタも同梱されています。

電源ボタンを押して電源を入れる

DeepLensのネットワークに接続

電源を入れてから少しすると「AMDC-xxxx」のようなネットワークが出てくるのでそれに接続します。

ブラウザから http://192.168.0.1 にアクセス

DeepLensの設定ページが表示されます。

4. DeepLensをネットワークに接続

ここからはDeepLensがホストする設定ページ( http://192.168.0.1 )での作業になります。
DeepLensをつなぐネットワークをプルダウンメニューから選択し、Wi-Fiパスワードを入力して「Save」します。
スクリーンショット 2017-11-29 23.15.03.png (134.8 kB)

5. アップデートプログラムをインストール・再起動

右下の「Install and reboot」を選択します。
今回の場合は5分くらいかかりました。
スクリーンショット 2017-11-29 23.15.24-2.png (252.9 kB)

アップデート中はランプが点灯します。アップデート、再起動が終了すると点滅に変わるので再度DeepLensのネットワークに接続して http://192.168.0.1 にブラウザからアクセスします。

6. 証明書をアップロード

手順1の際にダウンロードした証明書をアップロードします。
スクリーンショット 2017-11-30 0.35.38.png (133.2 kB)

7. デバイスの設定

デバイスの設定をします。今回は以下のような設定にしてみました。
スクリーンショット 2017-11-30 0.36.29.png (228.5 kB)

8. 設定の確認

スクリーンショット 2017-11-30 0.38.46.png (140.0 kB)

完了!

正しく設定が完了するとこのような画面が表示されます。
スクリーンショット 2017-11-30 0.38.51.png (77.9 kB)

まとめ

現場からは以上です。
サンプルプロジェクトも試してみたいです。

Pocket

12月9日、10日開催!キッチンハッカソン2017の見どころを紹介!

Pocket

こんにちは。百木田です。

すでに告知しておりますが2017年12月9日(土)、10日(日)と2日間に渡り、Oisix.daichiさんとハンズラボが共催でキッチンハッカソン2017を実施します!

Connpassイベントページ

テーマはその名の通りキッチン!

Oisix.daichiさんは食材を取り扱っており、ハンズは豊富なキッチン用品を取り扱っているということで、今回はキッチンをテーマにやってみようということになりました。
普段、キッチンに立つ方は、こんなのあったらいいのになー、を実現してみてください!料理をしない方でも、こんなアプリあったら料理するかも?とか、もしくは料理する方のお悩みを聞いて、それならこうできるのでは?とかをこのハッカソンで実現してみてください。
技術テーマは特に設けない予定なので、モバイルアプリ、Webアプリ、IoT、AI、ロボット、フィンテックなど、興味のあるものに挑戦してみてください!

会場はOisix.daichiさんの新オフィス!会社にキッチンだと!?


先日も関係者が集まり、そちらのオフィスにお邪魔してキックオフミーティングをしてきたのですが、とてもおしゃれな空間でテンションあがりました!
そしてなんと同じビルの1階にはキッチンが併設されており、料理ができるようになっているんです!
ミーティング後にキッチンを見学させていただいたのですが、その時も料理をしている最中で、会社の一室で本格的に料理をしている光景に驚きました。
写真はそのキッチンルームに併設されている作業スペースです!このスペースでハックしてもらう予定です!

Oisix.daichiさんの食材を使った手料理!

ハッカソン当日はそのキッチンでOisix.daichiさんのスタッフの方々が調理し、料理を振る舞っていただけるとのことで、そちらもハッカソンとともにお楽しみいただけます!

豪華審査員!嬉しい賞品も??

審査員にはOisix.daichi執行役員の奥谷孝司氏、数々のハッカソンを開催したり、大規模なコミュニティとなっているIoTLTのオーガナイザーでもあるdotstudio CEO 菅原のびすけ氏東急ハンズCIO(最高情報責任者)で弊社CEOの長谷川秀樹、他、など豪華メンバーを予定しているのでそちらもお楽しみに!!

優勝チームおよび優秀チームには、Oisix.daichiさんとハンズから、両社ならではの賞品を予定していますのでぜひ優勝目指してハックしてください!

詳細は申し込みページからご覧ください!

Connpassイベントページ

Pocket

12