AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

作者別: 人見翔

re:Invent 2018 参加レポート NPO HACKATHON FOR SOCIAL GOOD その1

Pocket

ラスベガスから日本に帰ってきました。人見です。

NPO HACKATHON FOR SOCIAL GOOD
なるものに参加して来たのでレポートします。

NPOハッカソンはre:Invent 2018のハッカソンイベントの中の1つで
複数のNPOから提示された課題の中からチームで一つ選んで開発するハッカソンです。
NPOは非営利団体のことです。

スケジュールでは9AM–MIDNIGHTと記載されており、
実際に朝8時開場で深夜1時になってもまだ終わらないという感じだったので
おそらくre:Inventのイベントの中でも最長のものだと思います。

朝のラスベガス

夜中のラスベガス

チームは5人までで、自由に組むことができます。

実は前日にハッカソンのチームを組むイベントがあったらしいのですが、
私は当日にチームを組みました。

こんな感じの紙を受付でもらって、

自分がどの役割なのかを自己紹介しながらチームメンバーを探します。
私はバックエンドエンジニアにしました。

メンバーが見つかるか不安だったのですが、
AWSの方もチームを探すのに困ったら手伝うよと言ってくれましたし、
当日オロオロしていたら、声をかけてもらえてチームに入ることができました。
すごいフランクな感じなので、英語が苦手でも大丈夫だと思います。

チームで席を決めてからは、自己紹介タイムで
自分が作ったことあるものや、使ったことのあるAWSのサービス
AWS利用歴などを話しました。
まだハッカソン開始前でお題は発表されていなかったのですが、
NPOならコストかけない方がいいからサーバーレスがいいよねとか、
DynamoDBがいいよねとか、課題を想像しながら戦略を話し合いました。

ハッカソン開始になってオープニングムービーが流れ、
各NPOから解決したい問題が発表されます。
この課題発表の英語のリスニングが超絶難しくて、ざっくりとしか概要をつかめず焦りましたが、
その後のチームメンバーとのディスカッションの時に聞いたり、
NPOの方に質問できる時間があったのでなんとか理解することができました。

私のチームはCompassionという団体の課題を選びました。
課題は「子供とスポンサーがスムーズにコミュニケーションすることができるツール」の開発です。

求められてる機能としては
・ 音声や動画のライブコミュニケーション
・ レスポンスが早いこと
・ 翻訳機能があること
・ 汚い言葉を検知して、除外すること
・ 発展途上国での通信環境も考慮すること

などなど、要件がたくさんありましたが、
ざっくりまとめると

「世界中の色々な言葉を話す子供たちと健全に会話ができるツール」

の開発です。

そんなこんなで開発がスタートしました。

その2へ続きます。

Pocket

re:Invent 2018 参加レポート Tatonka Challenge

Pocket

ハローエブリワン、サービス開発チームの人見です。

re:Invent 2018でラスベガスに来ています。
昨日アメリカに到着し、20:00頃にホテルにチェックインしたあと、
大急ぎでレジストレーションを済ましてそのままTatonka Challengeに参加して来ました。

Tatonka Challengeというのはre:Invent伝統のチキン大食い対決です。
ルールはざっくりこんな感じです。
・お皿1枚にチキンが12本ある
・1皿食べ終わったらギネス審査員にチェックしてもらってOKがでたら新しいお皿が来る
・1度に1本ずつ食べること 両手でチキン2本もつのはNG
・骨以外は全部綺麗に食べてね
・水でソースを落とさないこと

当日スマホの電池がきれてしまって、
肝心のチキンの写真が撮れなかったのですが、
チキンの大きさは、ケンタッキーよりは小さくて、日本の居酒屋によくある手羽よりは大きいです。

イベント自体は21時開始だったのですが、20時半前ぐらいから並んでいたので
割とすんなり会場入れました。
説明会場で1時間ほど説明を聞いて過ごしたあと、本番会場に移動しました。

本番会場に行く前に、マーチングバンドが演奏してくれてテンションが上がりました。
屈強な大食い達とともに戦士の様な気持ちで本番会場へイン。

自分の番号が書いてある机に座ると、目の前にはビールと水がありました。
チキンとビール、、、最高やん、、、と思いましたが、大食いのプロとして水をチョイス。
ベストプラクティスは水。
周りを見回すとコーラを持参している人がいたので、飲み物は自由みたいです。

MCのファンキーなお姉さんが
「私の口座番号は〜XXXXです!!」という感じの
池崎ちっくなギャグで会場を盛り上げたあと、
いよいよ待ちに待ったチャレンジがスタートしました。

スタートの合図とともに、最初のチキンにかぶりつきました。
滑り出しは好調。
2本目、3本目と順調に食べていき、
5本目あたりからゾーンに入って、
無意識にひたすらチキンを食べ続けました。
異変を感じたのは10本目。
手が重い。。。
甘辛ってなんなの。。。大食いに向いてないやん。。。
1皿は12本は全部食べきりたい。。。
もうダメなのか。。。
ここまでなのか。。。
諦めかけたその時、視界に入って来たのは水!
水を飲むことで、口の中の甘辛地獄をリセット!圧倒的さっぱり感!
その勢いのまま1皿目完食しました。
審査員のギネスの方にチェックしてもらい、
OKだったので、次の皿が運ばれてくるのを待ちました。
すぐに次の皿が運ばれて来て、
12本のほかほかチキンを見た瞬間、満腹感に襲われました。
このタイミングでこのビジュアルはきつかったです。
ここで作戦を切り替えて、時間をかけてゆっくり食べることに。
あと一口いける。。。あと一口はいける。。。
どんなにお腹いっぱいでも、あと一口はいける作戦で粘りました。
時間はまだまだたっぷりあったので、ゆーっくり食べ続けました。

結果、、、16本!!!

隣の人は24本食べてて、マジで尊敬しました。

エンディングではニワトリの追悼ムービーがそれっぽい音楽と共に流れて、心を痛めつけられました。
そういえばギネスの記録は達成したのかしら?

その後はフライト疲れと、お腹が苦しいのとでそのままホテルに戻りました。
なのでRoboMakerやらなんやらは見逃しました。

Tatonka Challenge楽しかったです。
ぜひ次回も機会があれば挑戦したいです。

Pocket

ハンズラボの書籍購入補助制度について

Pocket

こんにちは、POSチームの人見です。
2月で晴れて入社1年になりました。
もうベテラン社員ですので、ハンズラボのことは何でも聞いてください。

 

ところで皆さん、本屋は好きですか??
私はアマゾンで本を探すことが多くなりましたが、
やっぱり本屋が好きなので、
外に出かけると必ず本屋に寄ってぶらぶらします。

 

本屋さんを歩いてると欲しい本がたくさん見つかるんですけど、
やっぱり気になるのはお値段。
特に技術書だと結構高いんですよね。
そんな悩めるあなたに、
ハンズラボの書籍購入補助制度を紹介したいと思います。

 

その名の通り、自由に本を買って良い制度です。
感想文や申請などは必要なく、制限もありません。
本屋で気になる本を見つけたら、すぐ買って読むことができます。

 

浮いたお金で

お気に入りのカフェに入って、
コーヒーの香りを楽しみながら、
買ったばかりの本をゆっくり読む

という最高に贅沢な時間を過ごすことができます。

 

そんな優雅な社員がいるかは置いといて、
ハンズラボの本棚を覗いてみました。

 

ぐちゃぐちゃに見えるのは今日たまたまです。

 

WEB+DB PRESSはもちろん購読しています。

他にも有名な技術書はだいたい揃ってると思います。

 

あとはこんな本も、、、

みんな大好きダーリンは外国人。

 

これは私が入社してすぐくらいにこっそり買いました。

 

気になる。。。
置かれた経緯とか考えるとある意味文学ですね。

 

ストレングスファインダーもありました。
Web上でテストを受けると、自分の5つの強みがわかるやつです。
ちなみに私は強い順から
戦略性、未来志向、最上志向、ポジティブ、達成欲
でした。
みんなでやるとめちゃくちゃ盛り上がるのでおすすめです。

 

 

 

えー、まだまだありますがまたの機会に。
ぜひ会社見学にいらしてください。

ということで、今回はハンズラボの社員は好きな本が買えて、
しかも優雅にカフェで読んでいたりしてるかもしれないという話でした。

 

最後に個人的に面白かった本を書いて終わろうかなと思います。

ビジネス系だと絶対外せないのはこれです。

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

本当に何回読んでもおもしろいです。

 

そしてグーグル

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント
ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

ここまで突き詰めて会社について考えられるのはさすがグーグル。

 

 

もちろん我らがピクサーも

ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

アメリカのピクサー本社に遊びに行きたい方はハンズラボに入社するのが近道です。

 

 

ものすごく良い話がたくさん載ってる本。

僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話

新卒研修これ一冊でいいんじゃないかな?だめかな??

 

 

小説だと

まず映画好きなハンズラボの人におすすめな本
キネマの神様

これもおすすめ、ピアニストの話です。
蜜蜂と遠雷

私クラシック音楽知らないんですけど、頭の中に音楽が流れてきました。

もっと恩田陸さんの不思議な世界観を味わいたいなら

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

 

あとは壮大な映画をみているような感覚になる本

ジェノサイド 上 (角川文庫)
ジェノサイド 下 (角川文庫)

少し重いシーンもあるので注意です。

 

ところ変わって歴史系だと

軍師の門 上
軍師の門 下

私ぜんぜん歴史詳しくないんですが最初から最後までおもしろかったです。
詳しい人はもっとおもしろいはず。

 

恋愛を学びたい若者へ

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

恋に悩める若者よ、何も聞かずにただこれを読むのです。

 

マツコさんの本

デラックスじゃない (双葉文庫)

最初の数行だけでマツコさんの世界に引きこまれます。

 

コピーライトといえば

(ぶんこ版)糸井重里の萬流コピー塾 (文春文庫)

ゆるいようで、しっかりしてる。ものすごく勉強になる本。

 

 

今更ながら、これ無限に書けるやつだと気づいたので、この辺で。

なんの話でしたっけ?

ではでは読書ライフを楽しみましょ〜!

 

Pocket

Ethereum入門 〜さくさくマイニング体験〜

Pocket

あけましておめでとうございます。POSチームの人見です。

2018年が始まりましたね。
2017年は2月にハンズラボに入社して、ものすごくインプットの多い1年でした。
今年はもっともっとわがままに興味のあることを突き詰めていって、
チャンスがあればハンズラボでサービス開発をしたいと思っています。

 

今年最初のテーマはブロックチェーンです。

今回はEthereum入門ということでプライベートネットを構築、マイニングと送金を試してみたいと思います。

 

Gethのダウンロード

まず、Gethを使ってプライベートネットを構築します。

https://geth.ethereum.org/downloads/
からGethをダウンロードします。

私はGeth 1.7.3 for macOSを使います。

 

Gethの設定

ダウンロードして解凍したgethファイルを「/tools/ethereum/Geth-1.7.3」 ディレクトリにコピーします。(ディレクトリはお好きなところで構いません。)

「/tools/ethereum/Geth-1.7.3」にPATHを通します。

これで準備完了です。

 

プライベートネットの構築

Genesisブロックの作成

「/tools/ethereum/Geth-1.7.3/home/eth_private_net」にgenesis.jsonを作成します。

 

初期化処理

成功すればSuccessfullyとでます。

Gethを起動

「Welcome to the Geth JavaScript console!」と表示されコンソールが起動されます。

 

 

マイニングと送金

次にマイニングと送金を試してみたいと思います。

 

アカウントの作成

まず、アカウントを2つ作成します。

アカウントの確認

マイニングするアカウントの確認

デフォルトではアカウント1になっています。

 マイニング

この状態でしばらく待つと残高が増えていきます。

残高確認

マイニング状態で放置しておくとどんどん残高が増えていきます。

送金

アカウント1からアカウント2に送金してみたいと思います。

 

残高確認

無事送金できていました。めでたし。

 

マイニングの停止

最後にマイニングを停止して終わります。

 

 

以上です。
意外と簡単にできるので、ぜひぜひお試しください。
これからブロックチェーンに使ったアプリケーションを開発していこうと思っています。
2018年も一緒に楽しんでいきましょう!本年もよろしくお願いいたします。

Pocket

3つのセルフマインドコントロールを駆使してAWS認定資格5冠を達成した話

Pocket

こんにちは、POSチームの人見です。

この度、AWSの資格を5つ取得したことをご報告いたします。

  1. AWS Certified Solutions Architect – Associate (SAA) 取得日:2017-04-17
  2. AWS Certified Developer – Associate (DVA) 取得日:2017-04-24
  3. AWS Certified SysOps Administrator – Associate (SOA) 取得日:2017-04-27
  4. AWS Certified Solutions Architect – Professional (SAP) 取得日:2017-05-29
  5. AWS Certified DevOps Engineer – Professional (DOP) 取得日:2017-11-20

 

以上!

 

 

 

 

 

ということなのですが、

 

 

ということだけではブログにならないので、

どうやって勉強したかの話をしたいと思います。

 

 

私はストイックではないですし、どちらかといえば飽きっぽい方です。

今回もSAP取得までは着々と進めていたのですが、途中で飽きてDevOps取得までは時間が空いてしまいました。

3日坊主という言葉もあるように、本来人間は飽きてしまう生き物です。

そこで使った方法が、セルフマインドコントロール

決して怪しくはないのでご安心ください。。

 

 

 

今回は、これさえ実践すれば合格間違いなしのセルフマインドコントロールを3つ紹介します。

 

 

 

・セルフマインドコントロールその1

「合格できるかできないかギリギリだと思う日程で試験を予約してしまう」

AWSの資格試験の良いところは自分で試験日を決められることです。

試験日を決めないとだらだらと時間が過ぎてしまうため、私は勉強を始めるまえに試験を予約してしまいました。

期間が長いとダレるので、短ければ短いほど良いと思います。

少ない時間で高いパフォーマンスを得るために、パーキンソンの法則を利用するのです。

 

 

 

・セルフマインドコントロールその2

「意識しやすいタイミングで、いつまでに取るかを決める」

私はソリューションアーキテクトプロフェッショナルをAWS Summit前までに取ることに決めて、

DevOpsはAWS re:Invent前までに取ろうと決めました。

理由はともかく、「いつまでに」と目標にできる明確なタイミングがあるとそれに向けて意識しやすくなります。

 

 

 

・セルフマインドコントロールその3

「危機感を与えてくれるものを利用する」

勉強が進んでいない状態で早めに模擬試験を受けて、早めに危機感を持ちました。

勉強途中で飽きてきても、模試の結果を思い返すことで危機感が保てます。

適度な危機感を持つことで、集中して勉強できたと思います。

 

 

 

今度こそ以上です!

いかがでしたか?

セルフマインドコントロールは資格に限らず、仕事でもなんでも使えるので、

2017年やり残したことを達成しましょう!

 

 

 

ちなみにですが、ハンズラボでは資格取得や、勉強会参加など、エンジニアの成長を手厚くサポートしてくれるので、貪欲に上を目指すエンジニアにはものすごく良い環境です。

私が5冠を達成できたのも会社のサポートがあったことが大きいです。本当に感謝しています。

ハンズラボに興味をお持ちの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください〜

 

 

さてさて、来週からre:Inventですね。

re:Inventにいく方はぜひぜひ現地でお話ししましょう!

そしてカジノ!!ルーレット当たりますように。。

 

 

Pocket