AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

突撃!隣のリモートワーク

Pocket

こんにちは、ハンズラボのfasahinaです。

弊社では今年3月より暫定的にリモートワーク勤務を継続しているのですが、緊急事態宣言解除後も恒常的にリモートワークを実施することが決まりました。

さて、以前エンジニアブログ界隈では社員みんなのキーボードを紹介する記事が流行っておりました。
弊社ももちろん便乗しております。

突撃!隣のキーボード
https://www.hands-lab.com/tech/entry/3272.html

そんな折、他社さんのブログの記事でこんなものを見つけました。
freee株式会社さんの記事

これは・・・乗るしかないこのビックウェーブに
というわけでこちらをパク便乗する形で弊社もやってみようという運びになりました。

キーボードが気になるみんなが環境気にしないわけないですよね?私は気になります。

本当は馬鹿でかいしゃもじの形をしたキーボードを背負って実際に家まで突撃したかったのですが
ご時世を鑑みなくても通報されそうなので自粛しました。

そんなハンズラボエンジニアのテレワーク環境の紹介をしていきます。

では行ってみましょう。突撃!隣のリモートワーク!

yktakaha4

自己紹介

CRMグループのyktakaha4です
普段はハンズクラブのポイントシステムの開発・保守をしています​

こだわりポイント

机に対して斜めにメインディスプレイを配置することで、左側にお茶やお菓子をおくスペースを確保しています(太る)
リストレストは色々試しましたが、サンワサプライのTOK-MU2NBKというやつに落ち着きました
左右独立してるので細かく位置調整できるところと、触り心地がすごく気に入っています

リモートワークで変わったこと

通勤時間がなくなり朝に余裕ができたので、ホットサンドを作って食べることが多くなりました
最近のイチオシは、粒入りマスタード、スパム、チーズ、乾燥バジル を挟んだやつです(太る)

ホットサンドメーカーはバウルーのを使ってます
ハンズネットで買えます&7/12までポイント5倍ですのでぜひどうぞ
https://hands.net/goods/4534353000012/

シンプルながら計算され尽くした配置やリストレストからこだわりが伺える環境。
さりげなくベースをチラ見せさせてるのがまたオシャレですね。
ちなみに彼はホットサンドへのこだわりも半端なく、重ねる順番で美味しさも変わるんだとか。
今度試してみます。

松本紗良

自己紹介

CRMグループECチームの松本です。
今年2月に異動して割りとすぐコロナによる長期リモートワーク期間に突入することに・・・。

こだわりポイント

自分のデスクがないので急遽購入したモニターを無理やり本棚にくっつけました。
飽きっぽいのでアームをあっちにまげたりこっちにまげたり色々な角度で使っています。
来客時には本棚に伏せる形で折りたたみ。
思い切って エルゴトロン のアームにしたおかげで
自由な角度でも安定して使えています。

リモートワークで変わったこと

これまでも週に一度リモートワークしていたのですが、
その頃は「リモートワーク=一人で集中するような作業の日」と決めていました。
今は毎日リモートワークなので、そういうわけにもいかず、コミュニケーションに工夫が必要と感じています。
作業しながら気軽に通話できるツールを色々試したりしていて、今はspatial.chatがお気に入りです。

楽しそう!そこはかとなく漂うアウトドア感が秘密基地って感じです!
しかもディスプレイの向きを切り替えるだけでソファでも使えるモードに早変わり。
こういったスタイルができるのもリモートワークならではですね。
そのこだわりは自分の環境にとどまらず、彼女が会社のコミュニケーションを気にかけてspetialchat部屋は雑談部屋として社員が時折(主に私が)入り浸っております。

きたむら けいすけ

自己紹介

POSチームの北邑です!
新卒入社で2年目に入り、そろそろ実家を出て一人暮らしをしようかというタイミングでリモートワークになったためまだ実家にいることにしました!(家に入れるお金は増やしました)

こだわりポイント

​ PCゲーマーなので終業後はゲームをしています。macbookにつながったケーブルをはずしてどけるだけで切り替えられるように、マイクはwindowsPCにつながっているので意味ないですが、webカメラは少し上からの画角から映るように右のモニターの上に設置しました。

リモートワークで変わったこと

​ 私服を着なくなったので、洗濯物が減ったと喜ばれた。(部屋着は着替えてます)
ちょっとした時間に部屋の掃除ができるため、部屋が綺麗な状態が多くなった。
運動不足が加速した。

オンオフ切り替えスピード感が魅力の環境。縦置ディスプレイといいマイクが映えますね。
ゲーマーは比較的いい環境が多いです(個人の見解)
何より、奥にあるダストブロワーと除菌シートが日頃からちゃんとメンテしている証です。めちゃくちゃ偉いな。
捗りそうで素晴らしい。
でも強いて言えば音質いいマイクでもビデオ会議してあげて欲しい

中嶋淳

自己紹介

ちゃぶ台ワーカーの中嶋です。
4月から外販→内製グループへの異動となりました。

こだわりポイント

今回フルリモートになった際に、買い揃えたのは、以下のグッズたちです。

  • ガス圧式昇降デスク
  • ディスプレイ(LGの27inch)
  • コンデンサーマイク
  • Magic Keyboard
  • トラックボール
  • 座椅子(近場のホームセンターにある安いやつ)

ただし、昇降デスクについては、昨今の状況により延期に次ぐ延期で、まだデスクが届きません(6月30日発送予定ですが、はてさて…)

しょうがないので、一人用ちゃぶ台と小さめのチェスト置いて、Macとディスプレイ2台置いています。

トリプルディスプレイはとても楽です。
チームメンバーと日中、meetで繋ぎっぱなしの為、
モニター1面はmeet、もう1面はIDEもしくはブラウザで調べ物。
MacはSlackを表示することにしておいて、いい感じに使い分けができていると思っています。

マイクについては、meetで繋ぎっぱなしにしていると、
マイクのノイズがお互い気になるので、そこそこ良いやつを購入しました。

リモートワークで変わったこと

コミュニケーションの仕方と、業後の時間の使い方が一番変わったと感じています。

なるべくコミュニケーション量は落とさないようにしたかったので、
チーム内でmeetで日中つなぎ、Webカメラでなるべく表情は見えるようにしたり工夫はしています。

社内外でリモート呑みや勉強会も増えてきたので、自宅が遠い私にとってはありがたかったりもします。

あと、自宅に猫が5匹いるので、「おまえ暇なんか? なら遊べ」という感じで、
ミーティング中に乱入されることも多くなりました。

エンジニアは割と猫好きな方多いので、そうった意味で癒やしを提供していると思います。

ちゃぶ台に似合わぬハイスペック環境。アロマまで焚いちゃう徹底っぷり。
なにより画面外に猫が5匹!!!!猫!!彼とリモートで会議すると必ずニャーと鳴き声がします。
割と真剣な会議をしていてもカメラの前に座りドヤ顔を見せ付けてくるにゃんこたちなので
「キー!彼とは今私が話してるのよこの泥棒猫!!」なんて思わず嫉妬することもしばしばありますよね。
ないですか。そうですか。

高木真吾

自己紹介

POSチームの高木です。
東急ハンズのiPadレジ開発を担当しています。
最近は免税の電子化対応に追われている今日この頃です。 ​

こだわりポイント

モニタの配置を職場と同じ位置に合わせてあることと、職場と全く同じモデルの椅子を購入しました。
職場と自宅でほぼ同一環境で開発作業を行えるので効率が良いと考えています。
(職場は5Kディスプレイですが、さすがに高くて買えなかったので自宅は4Kディスプレイという違いはあります。)

机はFLEXISPOTの電動スタンディングデスクを利用しており、開発時は着席、ミーティング時はスタンディングといった切替が簡単かつスピーディにできて、在宅勤務の運動不足解消に大活躍してくれています。
ちなみに、MBPを立てているスタンドや、AirPodsを充電しているQi従電機のスタンドを3Dプリンタで自作しているのもこだわりポイントです。​

リモートワークで変わったこと

今まで以上に健康に気を使うようになりました。
毎日、奥さんと一緒に早朝ウォーキングしたり、リングフィットアドベンチャーに取り組んでいます。
今のところ、リモートワーク前と比較して筋肉量7%UP、体脂肪率7%DOWNしたのでむしろ健康になったのかも?

業務的には、今までも週1でリモートワークをしていたこともあり、チームとしてはフルリモートワークへの移行も特に問題なくできたかなと考えています。
あとはフルリモートワークに変わったことによって、高い家賃を払って職場の近くに住むメリットがなくなったので、近いうちに引越しも検討しようかなと。
スノーボードが趣味なので、今後も継続的にフルリモートOKになるとすれば長野県か北海道あたりに移住もありかな、と夢を膨らませています。

なんと職場と自宅の環境を揃えるこだわりっぷり!!
しかも充電器スタンド等も3Dプリンターで作っているというから驚きです。
優秀なエンジニアってなんでも作れるんですね・・・(※個人差があります)
場所を選ばず働ける、を体現してくれています。
このまま続けば業後にスノーボードも夢じゃないかもしれません。
北海道でリモートワーク。是非私もしてみたい。

志村直紀

自己紹介

おはようございます!
内製の志村です。
4月から新しいチームで働かせて頂いております。
日々勉強させて頂いております!

こだわりポイント

​ そうでもないのですが、
コンセプトを強いて言えば、

「今できる最大限」と、
「以前から試してみたかったこと」です。

自分の部屋と呼べるものは、これまでなかったのですが、
リモートワークのために、
物置となってしまっていた部屋の整理して、
(昔使っていたけど今は使ってないベッドとか捨てました…粗大ごみ!)
スペースを作りました…!

そしてそこに最大限マッチする、

を購入しました。
(まだまだ物があり…幅広のデスクだったり、
大きめのディスプレイを配置できる感じにはできず…)

購入してから、
「ディスプレイに、高さが足りない…!!」
となってしまったのですが、
以前頂いた お菓子の空き箱 がベストマッチしてしまって、
そのまま2ヶ月ほど、使ってしまっております。
(自己責任で使用しております)

試したかったこととして、
バランスボールを導入しました…!
これによってどれだけ効果がでたかは、
まだ実感できていないですが、
少なくとも、今まで家にあった硬めの椅子より、
はるかに健やかに、そして元気に活動できております…!

リモートワークで変わったこと

通勤時間がなくなったことで、
夕飯を摂取する時間を早くすることができ、
たくさん寝ることもできております。

また、Fitbit Charge2が、
明らかに歩数が減ったことを、私に教えてくれました。
(1日の消費カロリーの減少と共に)

なので、
勤務開始前やお昼休みの際に、
散歩にでかけ、日光と歩数を稼ぎ、
時折実施するリングフィットアドベンチャーで、
さらなる運動負荷を掛けています。

かなり工夫されているのが伺えました!!
バランスボールは試したことがないのでめちゃくちゃ気になります。
イメージですがこれに座ってコーディングするのはかなりいい運動になりそうです。
見切れてるスクラムの本がありますが彼は弊社のスクラムマスターです。
(まだまだ伸びしろばかりのひよっこなので…と本人談)
より頭を使うことが多い仕事だと思うので、頭の活性化にはいいのかもしれません。

最後に

今回は内製チームの紹介でしたがみなさんそれぞれのやりやすい環境をかなり拘っているのを伺えました。
オフィスにいた時以上に拘れるというのはリモートワークの魅力の一つなのではないでしょうか。
機会があればまた他のメンバーの環境も紹介したいと思います。
以上です。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

ENJOY YOUR REMOTE WORK😎

Pocket