AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

JobDescriptionの導入とGitHubActionsでPDF化を自動化した話

Pocket

こんにちは、ハンズラボの清水です。東急ハンズのECサイトを担当しています。
今回はチームでのJobDescriptionの導入とPDF化を自動化したことを話そうかなと思います。

なぜJobDescriptionを導入したのか

私の所属するCRMチームで採用活動をするにあたり、採用情報を言語化しようといった経緯でJobDescriptionの作成を開始しました。
内容は以下のとおり

  • どんな人にきて欲しいか
  • どのような技術を使用しているのか
  • どのような仕事に携われるか

などの情報をGitHubのREADME.mdを使用して管理しています。

可能であればリポジトリをオープンにして公開したいのですが、まだCRMチームが先駆けてJobDescriptionの作成を行っているので他チームが出揃ってから公開したいと思っています。

全く見せないのもあれなのでチラ見せ。

GitHubActionsでPDF化を自動化

実際に採用活動が始まり、面接に来ていただいた方に作成したJobDescriptionを印刷してお渡ししています。

しかし、マークダウン形式で管理しているので印刷が少し面倒です。
今までは

  1. GitHubからclone or pull
  2. VScode拡張やCLIを使用してマークダウンファイルをPDFファイルに変換する
  3. PDFファイルを印刷する

といったような流れでした。
なのでGitHubActionsを使用して、release/hogehugaのブランチにpushされたら、PDFファイルをGitHubのreleaseにアップロードします。

CRMチームではGitHubActionsを積極的に採用しています。
GithubActionsのブログはこちら

GitHubActionsを作成

主な流れは以下のとおり

  1. releases/hogehuga ブランチにpushされる
  2. マークダウンからPDFファイルを作成する
  3. releasesを作成する
  4. releasesにPDFファイルをアップロードする

マークダウンからPDFへの変換はmarkdown-pdfを使用しました。

.github/workflows/create_pdf.yml

いざ実行

とりあえずブランチ名をrelease/shimizuでpushします。

README.pdfが作成されました。Slackにも通知が来ています。
作ったあとで思ったのですがGitHub上でreleaseを作成をトリガーにしてPDFファイルを作成してもよかったですね。

終わりに

ハンズラボのCRMチームは、東急ハンズのEC領域とポイント領域の開発・運用を担当するチームです。

技術選定をチームの裁量で行っており、AWSの各種サービスを積極的に導入しています。

現在CRMチーム内でEC領域を担当していただくWebバックエンドエンジニアを募集しています。

Pocket