AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

HandsPOS 2018年までを振り返って。

Pocket

大晦日から#if swift(>=5) を少しずつ書き始めた駒場です。待ち遠しいproposalは SE-0192 です。

HandsPOSも2015年末のファーストリリースから、はや3年がたちました。iOSDC 2018でも触れましたが、そろそろ東急ハンズ店舗のレジ入れ替えも佳境です。

肌感的には今年はセミセルフレジ関連を除くと、後半はバックエンドをメンテナンスしていたので、そんなにSwiftコードを書いてない印象ですが、どのぐらいコードが書かれたのか振り返ってみる事にしました。

余談ですがNode.jsのAWS Lambdaが1年毎にEoLで死んでいって毎回トラップを踏み抜いていくのが、Appleプラットフォーム感(Swiftは4.xからは移行にあまり苦しまなくなりましたね。コンパイルエラーがあまり出なくなって若干寂しい)があって好きです。

話を戻すとLOCのカウントには cloc を利用しました。

(Swiftファイルのみ、テストコード除く)

  • v1.0.0 / 27 Nov 2015 / 19159 LOC
  • v1.7.1 / 9 Nov 2016 / 35056 LOC (+15897)
  • v2.0.7 / 12 Dec 2017 / 50396 LOC (+15340)
  • v2.6.3 / 28 Dec 2018 / 63496 LOC (+13100)

2k LOC程例年より少ないようです。

来年は消費増税(と軽減税率)がありますが、商品マスターデータ側での対応を想定しており、レジ側での対応は少なめの予定なので更に減って+1万LOC程度になるのではないかと予想しとります。平和そうですね!

それでは、ハッピーニューイヤー!

Pocket