AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

東急ハンズのAlexaスキルに営業時間ご案内機能を追加しました

Pocket

Pocket

こんにちは、Echoの招待がようやく届いた松本です。
周りの様子を見ていても徐々に招待メールが来るようになってきている印象ですね。
Echosimやテストシミュレーターもいいんだけど、やっぱり実機で動かす楽しさってあると思うので、早くみんなが手軽に購入できるようになるといいなと思ってます。

新機能リリース!

さて、ハンズラボで開発している東急ハンズのAlexaスキルですが、2月7日に新機能をリリースいたしました!
東急ハンズスキルを有効にしてAlexaに話しかけてみてください。

「アレクサ、ハンズで新宿店の営業時間を調べて」

どうでしょうか、きっと営業時間を答えてくれたと思います!
もちろん「新宿店」だけでなく、お近くの東急ハンズの営業時間も同じようにAlexaがご案内いたします。

東急ハンズの店舗一覧はこちら

営業時間の情報は各店舗のページから取得しています。

Alexaが音声でアナウンスするのは通常営業時間のみですが、営業時間に変更があった場合には
Alexaアプリから確認できる「ホームカード」に表示しますのでそちらも是非ご確認ください。

開発するにあたって

営業時間ご案内機能を開発するにあたり、会話フローを見直し、より自然に呼びかけられるようにサンプル発話の充実を目指しました。

良い会話フローとされる「シンプルな会話」を目指すには、Alexaのセリフをスリムに整える必要があります。
しかし、例えば今回使用している営業時間の変更情報のように、これまで管理してきた情報は、画面に表示することを前提にしたものであることが多く、それをどのように会話フローに組み込むのかは創意工夫が求められるポイントになると思われます。

営業時間ご案内機能の場合は、音声による情報は通常営業時間についてのみに絞り、それ以外はホームカード表示という視覚情報を補助として用いました。
画面付きのEcho Spot、Echo Showが今後登場することも考えるとホームカードは非常に有効な手段ではありますが、音声のみのアナウンスでどこまでスマートに情報伝達できるかも挑戦していきたいですね。

また、サンプル発話の登録について、Amazonは「1インテント当たりのサンプル発話数は30個以上を目安」としています。
「渋谷店まだやってる?」などの、キーワードとなる「営業時間」を含まない、より自然な発話にも対応できるよう、これまで以上に数を増やし、現時点で46個のサンプル発話を登録しました。
一部の表記揺れはAlexa側で吸収して処理してくれますが、日々進化途中ということもあり、処理してもらえるかどうかは一つ一つ試してみなければわからない状態です。

営業時間ご案内機能では、インテント呼び出し時のユーザーの発話に店舗名があってもなくても処理できるように、店舗名の指定がなければ、「どちらの店舗の営業時間を調べますか?」と確認するようになっています。
そこでサンプル発話に、例えば「<店舗名>の営業時間を調べて」と「店舗の営業時間を調べて」という発話にも対応できるように登録を行いました。

しかし実機で「店舗の営業時間を調べて」という発話をテストしたところ、何度呼びかけてもAlexaの認識では「テンポの営業時間を調べて」と変換され、存在しない「テンポ」という名前の店舗の営業時間を調べようとしてしまって、思った通りに動作しないことがわかりました。
現在はさらに「テンポの営業時間」というサンプル発話を登録することで「店舗」が「テンポ」と変換されても店舗名として認識しないように補正しています。

スキル内で実行しているLambda側で補正することも考えましたが、いずれAlexa側の進化で誤変換がなくなる可能性もあるので、今回は手軽にサンプル発話で補正しています。
どちらで補正するかはその都度考慮していく必要があるだろうと考えています。

2/14に自由な検索ワードを受け取れる機能が発表されたり、Alexaはまだまだ進化中!
ハンズラボもVUXとはどういうものなのか試行錯誤しながら一緒に進化していきたいと思います。

Pocket