AWSの話題を中心に、日々の業務やプログラミングの徒然を綴るエンジニアブログです。

HANDS LAB

HANDS LAB ENGINEERS BLOG

ハンズラボエンジニアブログ

GolangでDynamoDB CLIを書く話

Pocket

Pocket

gopherくん

こんにちは。クラシマです。
ハンズラボ Advent Calendar 2017 4日目の記事です。

もう随分前になりますが、井上がGolang製のDynamoDB用のCLIを探していたことがありました。

ネットストアのセールに向けて行った負荷対策について/ハンズアラボエンジニアブログ

結局見つからなかったのでNode.jsで井上本人が書き、現在もECサイトの本番環境で使っています。
↓それがこちらのbikkeです。
https://github.com/inouet/bikke

10月末くらいから趣味プロジェクトでGolangを書いていたのですが、
井上の記事を思い出したのでDynamoDB用のCLIを書くことにしました。
できあがったものが↓これです。
https://github.com/watarukura/gody

自分でCLIのツールを書くのは初めてなので三歩進んで二歩下がりながら進めています。
個人的にJSONを手で書くのが苦痛なので、JSONをオプションに使わない、というのがコンセプトです。
まだlist/get/query/scanしかできないので、put/update/deleteができるようになったら本番環境で使えないか検証したいところです。
put/updateのオプションをどうするか、今も悩んでいます。
テストもあまり書けてないですし・・・。
趣味プロジェクトから業務プロジェクトに反映するにはもう少し時間がかかりそうです。

Golang、いいですね!
低レイヤーの知識がないと速いプログラムが書けない、というところも魅力です。
日頃はPHPを書いていて、ポインタやバッファを気にすることはなくて、この辺りの扱いはさっぱりです。
今のところも並行処理的な機能をほぼ使ってないので、速くなる余地が随分残っている気がします。
あとは、JSONの扱いが楽なのがモダンな言語という感じがします。
弊社、ユニケージ開発により大量のBashスクリプトが稼働していますが、JSONの扱いは特に困るところです。
DynamoDBをデータストアの1st Choiceにするプロジェクトはそれなりにあるので、
そこでJSONを経由せずにDynamoDBを扱えるようになると、楽ができる部分は結構増えます。
ECサイト以外でも、ハンズラボ全体で使えるツールになるといいなぁと夢想しています。

AWS LambdaのGolangサポートも発表されましたし、今後ますますGolangを使うシーンが増えそうです。
折よく、開発に使っていたGoLandも販売開始になりました。
PHPStormユーザがGolangを書くならGoLandで決まりですね!

ハンズラボ Advent Calendar 2017 の5日目は、青木さんです。

Golangの学習には以下の書籍とサイトに大変お世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。

※ アイキャッチのGopherくんの原著作者はRenée Frenchさんです。

Pocket