AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

Pick Up! Vol.16 Pinterest online shopping体験レポート


ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。
今日はPinterestで利用できるショッピング機能をご紹介していきます!

Pinterestが、同サービスのプラットフォーム上で買い物ができる「Buyable Pins」を導入したのは、2015年初夏。
iOSで先行してスタートし、11月よりAndroid端末でも対応を始めました。

Buyable Pinsとは、Pinterest上で「ショッピング可能」を示す青字のピンのこと。
いわば外部企業向けの『枠』です。

Photo Dec 23, 7 30 19 PM

ユーザーは、対象商品をその場で(外部サイトに行くことなく)購入できます。

11月3日にPinterestがブログで公開した情報によると、6,000万点以上の商品(※ローンチ時点でのブログでは、3,000万点以上が購入できる予定、と書かれていました)が、Buyable Pinsに対応しているそう。対象ブランドは、Nordstrom、Kate Spade New York、Tory Burchなど、高級品から若い女性に人気のファッションブランドまで、ズラリ。

Buyable Pins機能とはどんなものなのでしょうか?
早速体験レポートをお届けしていきます!

続きを読む Pick Up! Vol.16 Pinterest online shopping体験レポート


cloudpackさまに訪問しました


こんにちは、青木です。

AWSのプレミアパートナーである「cloudpack(アイレット株式会社)」さまに伺いました!

夕暮れの虎ノ門ヒルズは美しい…。

toranomonhills

虎ノ門ヒルズは格式高い建物ですので、受付では名刺を2枚提示しなければなりません。気合いを入れて名刺入れを持ってきたので、無事受付を通過できました。

エレベータが複数台あるのですが、受付のお姉様が「Dのエレベータです」と丁寧にご案内してくださいますので迷わず行けます(奇数階と偶数階でエレベータが分かれているとの噂)。入館用のカードキーでゲートを通り、7階へ。

cloudpack001

到着しました!

続きを読む cloudpackさまに訪問しました


Pick Up! Vol.15 複数のカードを1枚にまとめて使える『Coin』体験レポート


あけましておめでとうございます!ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。
今年も、米国のEC・小売関連の話題を中心にお届けします。

今日は、2013年末にクラウドファンディングに登場するやいなや、開始から40分で目標額の5万ドルを達成し大きな話題を呼んだ、複数のカードを1枚に集約して利用できる、カード型デバイス『Coin』の体験レポートです。

まずはCoinに関する情報から。

■Coinとは…
・クレジットカード
・デビットカード
・会員カード
・ポイントカード
・ギフトカード

上記のカードを、最大8枚分まで集約しておけるカード型デバイスのことです。
(※専用のスマートフォンアプリ上には、無制限にカード登録が可能)

サイズや薄さは、クレジットカードと同等です。

■利用方法
オンラインから注文すると、専用のカードリーダーと自身の名前が記されたCoinが届きます。
カードリーダーを使い、自身が所有しているクレジットカードなどのカード情報を読み込むと、Coinのスマートフォンアプリに登録されていきます。

その中から、実際にCoin(デバイス側)に保存したいカードを選びます(最大8枚まで)。利用頻度が高いものを優先的に選ぶと良いと思います。

あとは、Coinを持って、スーパーやカフェ、ガソリンスタンド等に行き、決済のタイミングで、通常のクレジットカードと同じように利用するだけです!

では、ここから体験レポートをお届けしていきます!

続きを読む Pick Up! Vol.15 複数のカードを1枚にまとめて使える『Coin』体験レポート


ウォンテッドリー発グループチャット「Sync」のアプリを使ってみた


こんにちは、マーケ担当の青木です。

2016年1月5日にリリースされた、ウォンテッドリーのグループチャットアプリ「Sync(シンク)」。すでに、ビジネスSNS「Wantedly」の新機能として実装されていたのですが、この度アプリ版がリリースされました。

「Sync」ってなに?

「Sync」はWantedlyの機能の一つであり、これを使うとWantedlyやFacebookで繋がっている人を検索することができます。人名や会社名、役職などで検索できるため、「この人はFacebookでは繋がっていたけど、Wantedlyでは繋がっていないなあ」などすぐに確認ができるし、コンタクトをとることも可能です。学生時代の友人がIT業界で働いていた!など思いがけない発見があるかも?

「Sync」のアプリを使ってみた

Syncのサイトは、色味がおなじみのWantedlyカラー。

sync_001

Mac版をダウンロードしました。(無料プランです。有料プランもあります)

sync_002

続きを読む ウォンテッドリー発グループチャット「Sync」のアプリを使ってみた


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第25回 アビームコンサルティング 本間充さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、エンタープライズ系エンジニアが元気に働ける方法を探し、IT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。第25回のゲストは、10月に花王からアビームコンサルティングに電撃移籍を果たした本間充さんです。本間さんが9月まで代表理事を務めておられた「Web広告研究会」の話から、マーケティング、日本人のキャリア論まで、本間さん独自の視点で語っていただきました。

hommasan_hasegawa01

Webマーケティング業界のユーザーグループのトップは本間さんだった!?

長谷川: 本間さんと知り合ったのは、「Web広告研究会」と「ブランドサミット」がきっかけでしたね。

私は、2010年度から東急ハンズの通販事業部長になってECのことを勉強しているときに「Webという分野の業界構造ってどうなっているんだろう?」と思って、ネコメシ(http://necomesi.jp/)の森田雄さんに「どういうところで勉強したらいいですか?」と聞いたら、「Web広告研究会に入れば?」と言われたんですよ。それでWeb広告研究会に入り、しばらくしたら「ブランドサミット」参加のお誘いがありました。

WebAdvertisingBureau

「Web広告研究会」のWebサイト

本間:僕が関係者と一緒に長谷川さんを口説きに行ったんだよね。ブランドサミットはクローズドな勉強会なんだけど、ブランド側の立場できちんとはっきり分かりやすく話す人ってあまりいない。長谷川さんは竹を割ったようにパツッと言うでしょ。だから、ぜひ長谷川さんに入ってほしいなと思って。

長谷川: それでブランドサミットに行ってみたら衝撃的で…、誤解を恐れずに言うと、自己啓発セミナーか宗教団体のような雰囲気があるんですよ。

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第25回 アビームコンサルティング 本間充さん


  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!