AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

JAWS DAYS 2018レポート〜あの海外ゲストも!エンジニアの未来を彩る1日〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

3月10日、五反田にてAWSのユーザーグループ最大のイベント「JAWS DAYS 2018」が開催されました!

弊社からはCEO長谷川がパネル登壇した他、レギュラースポンサーもいたしました!セッションや会場の様子をレポートします。

なんとあのJeff Barr氏も来日!豪華なセッション

今年のJAWS DAYSの目玉は、やはりAWSのエバンジェリストたちが海外から来日したことでしょう!

パネルディスカッション「AWS Technical Evangelists Special talk session -スペシャルトークセッション AWSとユーザーコミュニティが生み出すNo borderな未来-」では、悩めるエンジニアを導くエバンジェリストたちの言葉をたくさん聞くことができた。

来日した4人のエバンジェリストと、AWSJエバンジェリスト亀田氏、ソラコムの玉川氏
 

例えば、得意分野や専門知識について、現状の1つのものに加えて「あと1つ、2つエリアを持つとよい」とJeff Barr氏。
AWSのブログを常に書き続けているJeff Barr氏は、エキスパートであり続けることについて、「未来を見越して書く。ベクトルがどこに向いているかを考える。前を向く」と、力を込めて話されていました。

AWSには認定資格があるが、「ネットワークなどは、AWSについての知識があっても(それだけでは)難しい」という分析もありました。ランドル・ハント氏は「2年かけて全てのドキュメントを読みました」と語ります。勉強することについて、「いつか役に立つ」という思いが強いそう。

ブラジルのジュリオ・フェイルマン氏は、技術を学ぶことについて、もし新しいサービスが出てきて学んだことが直接使えなくなってしまった場合でも、「後で役立つはず。全く新しいもの(技術)はない。必ず使えるところはある。」と断言しました。なお、ブラジルにはJAWS DAYSのようなお祭りイベントがあり、くじ引きなど様々なしかけがあるとのこと。楽しそうです!

また、日本での「JAWS DAYS」の盛り上がりについて、「この文化を韓国にも取り入れたい」と熱弁してくれたのが、チャニー・ヤン氏。Jeff Barr氏も、「JAWSが世界中にあればいいのに!素晴らしい!」と太鼓判。最後は、「Be curious(好奇心). 楽しいと思うことをやり続けよう」という言葉で豪華な本セッションは締めくくられました。

続きを読む JAWS DAYS 2018レポート〜あの海外ゲストも!エンジニアの未来を彩る1日〜


try!Swift TOKYO 2018協賛レポート〜ブースの景色から〜


こんにちは、マーケ担当の青木です。

ハンズラボは、3/1〜3に開催された「try!Swift Tokyo 2018」のゴールドスポンサーをいたしました!1日目と2日目の会場は、新宿ベルサールグランド。ここでスポンサーブースを出していました。会場の様子を中心に、レポートします!

自社のロゴが入ってるかチェック。ちゃんとありました(ご満悦)。運営のみなさん、手厚いサポートを本当にありがとうございます!

参加者用Tシャツ。かわいい。綺麗なブルーグリーンですね。運営のみなさんは薄めのパープルカラーでした。

こちらはネームタグ。

インスタ映え!な吹き出しボードはこちら。5種類もある!たまらなくかわいい!ちなみにWIPは「Work in progress」(制作途中)、「IMO」は「In my opinion」(私が思うに)。LGTMは「Looks good to me」(いい感じ、問題ない)。よし、覚えた。

続きを読む try!Swift TOKYO 2018協賛レポート〜ブースの景色から〜


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第58回 株式会社大都 代表取締役 CEO 山田岳人さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、エンタープライズ系エンジニアが元気に働ける方法を探し、業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。第58回のゲストは、「DIY FACTORY」ブランドでDIY関連用品のオンライン販売と店舗運営を手がける株式会社大都の山田岳人さん(代表取締役 CEO)です。会社を立て直した波乱万丈の経緯やDIY用品業界の課題、東急ハンズとのコラボの可能性など、様々な話題で盛り上がりました。

DIY FACTORYと東急ハンズが組む可能性は?

長谷川: 山田さんと初めてお会いしたのは、「アドテック関西」ですよね。

山田: そうそう。その時は確か、長谷川さんと今オイシックスにいる西井さんとか、何人かの方がパネルディスカッションをされていて、僕はたまたま会場で聞いていたんです。そしたら、僕のことを知ってくれていたみたいで、「ちょっと話して」って、いきなり壇上に上げられたんですよ。

長谷川: 僕はその前から、大都さんのこと気になってたんです。それで、会場になんか見たことある人いるなと思って、名札をジーっと見たら「大都」って書いてあったから。

山田: 初めて会ったのに、無茶振りです(笑)。

長谷川: 東急ハンズって、DIYのイメージが強いんですよね。それで僕も、モノタロウさんとか御社のDIY FACTORYとか、(DIY商品のオンライン販売をやっている会社を)よく見ていたんです。一時期、通販事業部長をやっていた時代もあって、大都さんのような会社を買収したいな、と思ってたんですよ。

山田: そうでしたか。

長谷川: もう、自分たちだけでやってる場合じゃない、同じ志のあるところと組んでいけばいいと思ってたんですね。ちなみに、ほんの数週間前、このIT酒場放浪記に来られたのがカインズの土屋さんで……。
(注:大都さんとカインズさんは、2017年に資本・業務提携しています)

山田: マジで!?(笑)

長谷川: 僕も業務提携のことを知ってたから、土屋さんに「今度、大都の山田さんも来るんですよ」と言ったんです。そしたら、「ジャックか! ジャックが出るなんて超嬉しいわ」みたいな感じで、自分のことのように喜んではりました。

山田: そうか、スマイリーと対談したのか……。僕らの会社は全員イングリッシュネームで呼ぶんですよ。僕はジャックで、誰も社長って呼ばない。で、パートナーさんとか社外取締役にもそういう名前を付けるんです。土屋さんはスマイリーです。

長谷川: 確かに、土屋さんはスマイリーという感じがする。

山田: 本人が決めたんですよ。

長谷川: そのときも、僕が大都さんのことを狙っていたという話をしたんですよ。カインズさんが先に業務提携されたんで、悔しかったと。そしたら土屋さんは「ハンズさんも一緒にやったらいいと思いますよ。面白いじゃないですか」って。
もちろん、うちの人間がすぐ「やろう」とは言わないだろうけど、僕はDIYとかヘルス&ビューティとか、それぞれのカテゴリーでECが得意な会社さんと組むのもいいんちゃうか、という考えなんです。だから@cosmeさんなんかにも一緒にやってもらえたらいいな、と思うんですよ。
例えばDIYは御社から全部仕入れるから、DIYのオンラインは全部御社に任せる、みたいな。そういう座組は、あり得ないですか?

山田: いえ、面白いと思いますよ。

結婚の条件だったから、会社のことを何も知らずに入社

長谷川: 僕の理解だと、御社はもともとお父さんの時代にDIY関連の卸をやっていて、山田さんの代になってから「卸だけじゃ先がないから、ECでダイレクトに売るんだ」とDIY FACTORYというブランドを作ってやってきたんですよね?

山田: そうです。僕は大学を出てからリクルートという会社に行って、6年くらい営業をやっていました。学生の頃から付き合っていた彼女が、大都の先代社長の一人娘だったんです。

長谷川: え、婿養子なの?

山田: 養子ではないんですけど、「娘さんをください」と言いに行ったら、「娘をやるから会社を継げ」と言われて。

長谷川: それまでに、何回お父さんと会ってるんですか?

山田: 彼女と付き合っているときから、一緒にゴルフに行ったりしてましたよ。

長谷川: じゃあ、ゴルフやったりして、なんとなく「こいつだったら、俺の後を継がしても大丈夫やな」と?

山田: そうかもしれない。リクルートでの働きぶりとかも、多分彼女がお父さんに言っていたと思うので。
僕はもともと起業するつもりでリクルートに行っていたんです。でも、何がやりたいというわけじゃなかったので、求められて経営やらせてもらえるんなら、ということで「やります」と言って、結婚して1年後にリクルートを辞めて今の会社に入りました。

長谷川: 当時何歳ですか?

山田: 28歳。その当時は社員数15人くらいで、僕の次に若い人は45歳とかでした。

長谷川: 一般論としては、卸って未来がある業態ではないですよね。当時から「ECでやってやろう」と思っていたのか、それとも彼女が好きでしょうがないから、とりあえず結婚して会社入ってから考えよう、という感じだったんですか?

山田: 後者ですね。結婚するには家業を継がなきゃいけないという状況だったから、何をやっているかは詳しく知らずに「分かりました」と。

長谷川: 詳しく知らないのに突っ込んだということ?

山田: 当然、決算書も見てないです。求められているんだから、とりあえず行きますと。
初めて出社した日はリクルートの時のまんま、スーツにアタッシュケースで行ったら「なんでスーツで来たんや? 着替えろ」って社員さんに言われました。作業着に着替えたら「配達行くから運転しろ」と言われ、社員さんに横に乗ってもらって4トントラックを運転しました。トラックなんて生まれてこの方乗ったことないし、ミッションなんて何年も運転してないから、ずっとエンストですよ。

長谷川: 配達というのは、小売業さんへ?

山田: そうそう。それで、初日に「このビジネス大丈夫かな?」と思いましたね。配達先は、それまで入ったこともなかった金物屋さんとか普通の家だったりして、伝票の金額を見たら1000円とかです。そんなんをグルーっと配達して回る、これはどう考えても儲かってへんやろなって。

長谷川: 僕は勝手に、コーナンさんとか大きなところに卸していて、年商何百億とか何千億とか、相当やってはったのかと思ってました。

山田: いやいや、売上は当時で4〜5億、月3千万とか4千万の会社ですよ。

長谷川: マジっすか? それは想像だにしませんでした。

山田: びっくりしましたよね。「これ、ヤバイな」って。

長谷川: ですよね。

山田: だから最初はずっと、もう辞めたい、リクルートに帰りたいって思ってました。でも後継ぎとして入ったので、当時のスタッフたちが「若いのが来た」って、すごく歓迎してくれたんですよ。当時は会社の2階が先代の自宅という、「The 中小企業」です。うちの嫁さんが生まれた時に建てたビルなので、彼女が子どもの時から知っているという人ばかり。
で、僕は入社してから5年間トラックに乗ってたんですけど、もうどうにもならない、新しいビジネスモデルを作らないと、と考えていました。問屋業って、バイイング・パワーがないと安く仕入れられないので、小さいところは勝てるはずがないんです。でも、仕入先のメーカーさんとは創業時からの付き合いなので、メーカーさんとの直接口座はもっていた。これを活かした新しいビジネスモデルが何かないかと。そうしたら2001年の忘年会で、友だちから「Eコマースっていうのが、これからくるんじゃない?」と言われたんです。次の日に嫁さんと2人でパソコンを買いに行きました。

当時の社員を全員解雇して再出発

長谷川: ECは、パソコンを買うところから始めたんですね。

山田: 最初は楽天さんに出店するところから、1人でやりました。昼間はトラックに乗って、夜は商品ページを作ったりお客さんとやり取りをしたり、一生懸命やっていましたね。
最初の頃、福島県から注文がきたときにびっくりしました。問屋業としては大阪より東は行ったことがなかったのに、福島県から注文がくるなんて、ECってもしかしたらすごいことになるかもしれないと思いました。それが2002年くらいで、その頃は同業者でECをやっているところがなかったんですよ。僕ら、商品数がすごく多い業界で、ホームセンターにも、それこそハンズさんにも置いていない商品がいっぱいあるんです。だから商品登録をどんどんしていったら、ワーッと売上が増えていった。

長谷川: その頃、僕はITの仕事をしていたんですけど、インターネットに関する感度が弱くて、そっちが来るとは思えなかったんですよね。先輩に「今から勉強するならマイクロソフトのWindows Serverか、インターネットかどっちかだ」と言われて、インターネットってわけわからん、バブルちゃうの? みたいに思ってたんです。そんな頃にパソコンを買って、楽天に出店して、というのをどんどん実行していくのはすごいですね。

山田: 背に腹は代えられない状況だったんですよ。会社の収益の状況がすごく悪くて辞めたかったけれど、一応「3代目やります!」と言って入っているし、社員にも家族がいるのでとにかくなんとかしなければと。
僕らは問屋としてホームセンターさんに、定価1000円のものを500円で売りますけど、その仕入れ値は480円だったりするんですよ。だから小売をやればめっちゃ儲かると思いました。でも、リアル店舗を出すには投資が必要で、当時はとてもできない。ECなら数十万でスタートできるというので始めたんです。

長谷川: 確かにね。

山田: ところが、昼間トラックに乗って夜作業していると、大体その日に帰れないんですよ。当時ADSLだったから画像もビーっと徐々に出てくるとか、そんな時で。送り状を印刷する仕組みとかもなかったから手で書きましたし、カードのオーソリなんてファックスで確認するんです。カード信販会社に「このカード番号のこの注文がきたけどどうですか?」とファックスで送ったら「OKです」と返ってくるっていう……。

長谷川: 今じゃ考えられない……。

山田: しんどかったですけど、そこに人を充てる余裕がなくて、月商100万円にいったら1人採用しようと決めてたんです。1年半経ってその目標を達成し、近所でパソコンが得意だっていう女の子を1人採用しました。昼間、その子が僕がやりたかったことを全部やってくれるようになって、そこから売上がすごく増えました。だから、もっと早く採用すべきだったと後悔しましたね。儲かったら採ろうじゃなくて、儲かるために人を入れなあかんねんな、ということを理解しまして、そこから積極的に採用するようになりました。

長谷川: なるほど。

山田: でも、ECはいっても月何百万で、問屋事業の方の落ち込みに全然追いつかないんですね。それで2006年に先代に、「このままじゃ全員路頭に迷うことになるから、廃業させてくれ」ってお願いしました。だけど先代が「親父から引き継いだ会社だから、とにかく残してほしい、お前の好きなようにやったらいい」と言うので、当時いた社員さんたちに「もう1年やって赤字だったら廃業しますから、そのつもりでやりましょう」と言って、続けました。そして1年後に見事赤字だったんです。それで退職金をお支払いして、15人くらいいた社員全員を解雇してもう1度最初からスタートしました。

長谷川: マジで!? 情熱大陸とか、そっち系の話みたい(笑)

山田: 会社は今年で創業81年ですけど、実質は2007年にできたベンチャー企業なんですよ。

DIY業界特有の慣習がある中でビジネスモデルを転換

長谷川: 会社名はそのままで、100%EC専業に切り替えたということですか?

山田: そう。でも問屋業はいきなり止めると仕入先さんや卸先に迷惑をかけます。うちからしか仕入れないという金物屋さんもあったので、1件ずつ「あそこに行ってあげて」と同業者に渡していって、問屋業がゼロになったのは2012年です。

長谷川: せっかく売り上げがあるから、全員解雇せずに何人かは残ってもらって続ける、ということは考えなかったんですか?

山田: 詳しく説明すると、当時は赤字なんだけど粗利はあるので、赤字にならない人件費を計算して、「これだったら赤字にならないので、このお給料でいいですか?」と聞いたんです。それが大体、元の給料の半分くらいでしたから、結局全員辞めました。それは、そうですよね。
限られたリソースになったので、これから伸びる、もしくは夢のある方に張らせてくださいと、ECをやることに決めました。
結局、会社は残ったけれど問屋事業は残らなかったんですね。だけど仕入先さんは、ありがたいことに同じなんです。むしろ、当時は4億くらいだった売上が今は40億ですから、メーカーさんにとっては売上が10倍になったという感じで。

長谷川: そんな歴史があったんですね。

山田: こういう経験があって、僕は組織に対してすごいこだわりがあるんです。以前のうちの会社は、「赤字になったら廃業しますよ」って言っても、みんな定時で帰るんですよ。何十年もそうやってきたから、それが文化になっていたんですね。営業先は21時までやっていても18時で帰る。リクルートにいる頃は売るまで帰るなっていう営業をしてたから、すごいギャップがありました。その時のことは組織を変えられなかった失敗として、僕にとってトラウマみたいになっています。やっぱり組織をしっかり作らないと会社はうまくいかないんだ、というのを実体験として理解して、だから採用とか組織とかに強いこだわりがあるんです。

長谷川: 僕、DIY FACTORY以降しか知らなかったから、まさに「ジャック!」みたいな今時の会社だと思ってたけど、かなり泥臭いことを経験されてきたんですね。

山田: 業界も、昔からの慣習が根強いですしね。何もないところで急に「工具のECやりますよ!」と言っても、誰も商品を供給してくれないんですよ。新規参入しようにもメーカーさんとの新しい口座を作れない。

長谷川: どうしてですか?

山田: これまでのおつきあいをすごく気にする業界なんです。代理店がたくさんあって、そこの代理店さん経由で買ってくださいと言われるんです。例えば電動工具のメーカーのマキタさんと、直接口座を持っている代理店は日本に10社しかありません。うちはその1社で、直接マキタさんから仕入れてホームセンターさんなんかに卸していたんです。ところがマキタさんの場合、代理店は直接ユーザーに売ってはいけないというルールがあるんです。それではうちからネットで売ることができないわけです。日本一の品揃えと言っているのに、ユーザーさんにも「なんでお宅はマキタさんの商品だけないんですか?」と聞かれます。それで、5年くらい前にうちを代理店からはずしてもらって、今は別の代理店からマキタさんの商品を仕入れて売っているんです。「今まで、何百社と代理店になりたいというオファーがあった。代理店から下ろしてくれって言われたのは世界で初めてだ」と、マキタさんには言われましたが。

顧客も取引先も社員も幸せなハッピートライアングルを作りたい

長谷川: 消費者が欲しいと言っているんだから、それまでの関係を清算してでも新しいスキームを作ったということですよね。そもそも卸を100%やめてしまうとか、そういう思いきったことがどうしてできるんですか? 人間て、情とか迷いとかもあって、なかなか決断、実行できないものだと思うんですけど。

山田: やっぱりリクルートの影響は大きいと思います。あとは、全くの素人として入ったから業界の常識に疑問を抱けたのかもしれません。例えばこの業界では約束手形で支払うのが当たり前なんですよ。でも、不渡りなんかも多くて、今だから言えますけど、社長さんやその家族のところまで「金払ってくれ」と行ったこともあって、大変な思いをしました。だからそういうのはもうやめよう、と変えていきました。

長谷川: 僕は前職ではリテールのお客さん中心にやってきたんですが、仰る通り、川下のスーパーさんとかホームセンターさんとかが強いんですよね。俺たちが客押さえてるんだから、言うこと聞いてくれよ、というマインドがあって、例えば店の棚割りを仕入先に作らせるとか。
そういう点では、東急ハンズはちょっと違うんですよ。すごく仕入先さんを大事にするので、もし何かのミスで支払いが滞ったりしたときは、社内の怒りようが半端ないんです。「あり得ない! 今すぐ銀行行って払え!」みたいな感じですよ。

山田: 僕は東急ハンズさんが大好きで、取り引きはなかったんですけど、問屋やっているときには何回も営業に行きましたよ。ハンズさんには、こだわりの商品とか、どこにも置いていない商品がありますよね。
ホームセンター業界って、おっしゃるように問屋に売場づくりをさせるから、同質化するんです。ぱっと見た時にどこのお店か分からないくらい。僕もよく手伝いに行かされましたけど、そういうアンハッピーな取り引きは良くないですよね。Amazonも、カスタマーファーストと言っているけど、サプライヤーの方で泣いている人がいっぱいいるわけですよ。誰かを幸せにするために誰かを泣かせるというのは、絶対に続かないと思うんです。だから、うちの会社のミッションは「ハッピートライアングルから、健全な未来へ。」なんです。お客さんを幸せにするのは当たり前ですが、取引先さんも、うちの社員も、みんなが綺麗な三角形でハッピーになれるようなビジネスをやろうね、と。取引先さんに対して絶対に偉そうに言ってはいけないし、売り上げでも貢献しなきゃいけない。そして、うちの社員もハッピーにならないと意味がない。そういうことを、すごく言うようになったんです。後付けですけどね。ハンズさんのことを悪く言うメーカーさんはいないので、そういう意味でも、僕はハンズさんのお店をよく見ていました。

日本のホームセンターはなぜネットで店舗在庫公開できないか

山田: 東急ハンズって、オムニチャネルの走りですよね。最近はどんなことを考えてるんですか?

長谷川: 僕が考えているのはかなり単純なことで、いわゆるオムニチャネルって、インターネットを活かしてお客様の課題を解決することなんだと思ってるんですね。だから、Twitterとかソーシャルメディアが流行った時に考えたのが、店舗にかかってくる電話の課題を解決しようと思ったんです。電話のうちの7〜8割は「この商品は◯◯店にありますか?」というものなんですよ。それで在庫があるとわかったら、「届けてくれへん?」という人と、自分で買いに来る人がいる。要するに、店に行って無駄になるのが嫌やから、買いたいものがあるかどうか知りたいということなんですね。それを解決せずにTwitterでウェーイとやることに何の意味があるのか、と思って、まずは店舗在庫の公開をすることにしたんです。

山田: 店舗在庫を公開したのはいつですか?

長谷川: Twitterが出たときに、Googleでキーワード検索するみたいなのじゃなく、「こういう商品がほしい」「あるよ」とか、会話みたいなことができないかな、と思っていろいろ探したらチームラボが「僕たちできます」と言うんで、「コレカモ.net」というのを作ったんですよ。

山田: え、コレカモ.net、すごい見てた!

長谷川: 今は、スマホのアプリで各店の在庫が見られます。これからはAIとか色々あるけれど、お客さんの困りごとをなくすということをやっていこう、というのは変わらないですね。

山田: 日本のホームセンターで、そういうことやっているところはないですよね?

長谷川: そうかもしれない。スマホアプリを作る時、この辺はアメリカの方が進んでいたから聞いたら、アメリカは実数、つまり下駄を履かせないというんですよ。で、仲良くしていた無印良品さんに聞くと、その当時は下駄はかせてるって。例えば5個以上は実数で、2〜5個は残り少し、2個以下は無し、と表示するとか。無印の場合、だいたい5個くらいは在庫があるというのでそれができたわけだけど、僕らは1個とか2個しか在庫がないものがめっちゃあるんですよ。結局は店舗に迷惑をかけちゃいけないというので、下駄を履かせて、1個しかないものは無し、と出るようにしたんですけど、それは工具とかの変わった商品だと機会損失になるんですよね。

山田: 日本のホームセンターで買い物しようとすると、例えば「この金具が5個必要」というとき、あるかないか分からないけど店に行ってみるんですよね。車を駐車場に駐めて、売り場を探し回って、やっと見つけたら4個しかない。とりあえず4個取ってレジで並んで買って、もう1件ホームセンター行こう、みたいなことをしているわけです。でも、イギリスなんかはもうそうじゃないんですよね。全部在庫が公開されているので、ウェブで在庫を見てその場で決裁を済ませる。店に行くとカウンターに5個置いてあるんで、それを受け取って帰るだけです。
こんな単純なことが、なんで日本ではできないんですかと聞くと、例えば、ウェブ上では5個あった商品を、別のお客さんが買い物カゴに入れていたらどうするんですか、と。リアルタイムで在庫を管理するにしても、お客さんがカゴに入れてレジに来て、POSを通るまでは分からないから、その間のことを気にするんですね。
だけど、それで困る人がどれだけいるんですか? 海外ではそれを気にしていなくて、ホーム・デポとかも全部在庫を公開しています。商品1つ1つにタグが付いているわけじゃないでしょうから、確かにズレは起きるんでしょうけど、それを気にするよりも多くのお客さんを幸せにしたほうがいいですよね。

長谷川: 全くそう思います。日本の人って完璧主義というか、ちょっとでもアカンところがあったら、こんなものまだ出したらアカン、みたいなところがありますね。
そういう意味で、シリコンバレーと中国はヤバイと思っています。中国の人たちって、グレーなときはゴー、というところがあるから特にイノベーションの分野で先に行くんでしょうね。

DIY文化を浸透させ、日本の住環境を変えたい

山田: ハンズさんは、リアルイベントやったらいいと思うんですよ。

長谷川: 確かにね。

山田: 例えば東京ドームを借りてクリエイターさん集めたりとか、ハンズさんが今までお世話になってるような納品業社さん集めてイベントやったら、めちゃくちゃ来ると思いますよ。夏休みの自由研究をハンズでやろうぜ! みたいな企画をぶち上げて8月とかにやったら、めちゃくちゃ子供たちが来るでしょう。10万人の子供を楽しませる計画とかやったら、すごい面白いと思います。

長谷川: それはすごい!

山田: ハンズのバリューも上がるし、ハンズって楽しい場所なんだって、子供達にも思ってもらえますから。

長谷川: いいですね。店ではゴールデンウィークとか、子供向けのワークショックとかもやるんだけど、どうしてもこじんまりしちゃうんですよね。ドーン! とやるのがDNA的に苦手なんです。

山田: でもね、何年か前に大阪府の住宅供給公社と一緒に団地をリノベーションするっていうのをやったんです。実は、その時の行政の公社の担当者が元ハンズの人だったんです。ハンズにいた頃からこういうのをやりたかった、と。DIY FACTORYの大阪の一号店ができたときから知っていてくれたらしく、声をかけてくれはって、一緒にやることになったんですよ。

長谷川: へぇ、そうなんですか。

山田: 日本の住まいって、めちゃくちゃ不自由なんですよ、衣食住の中でも、衣や食って自由に選べるじゃないですか。でも、日本の住まいって自分で選ぶということができない、賃貸だったら何も触っちゃいけない、みたいな。外国の人からは、日本の賃貸の住まいって真っ白な壁紙で「病室ですか」って言われるんです。でも、もっと自由にできるはずで、そこを牽引していくのは、やっぱりリテールなんですよ。実際の小売業がそこを牽引していかないと、ECだけではたかだか数%の世界なので変えられないんです。だから、僕らがカインズと提携したのも、ここを変えましょう、ということなんです。「日本にDIY文化を浸透させる」、それだけを基本合意契約書の内容にしましょうと言って、そういう契約をしたんですね。数字がない契約書って異例なものだと思いますが。
そういうことって、カインズだけでも当然できないし、やっぱり色々なプレイヤーがそこに参加してほしいんですね。それでいくと、ハンズさんは筆頭プレイヤーなんですよ。日本のユーザーにとって、住まいを良くするお店として一番最初に思いつくところでしょう? だから、ぜひ一緒に面白いことしましょう。

長谷川: ぜひ、やりたいですね! 今日はありがとうございました。


ハンズラボシステム導入事例:SORACOM Canalを活用したバックアップ回線


バックアップ回線もセキュアに SORACOM Canalを使った閉域網接続

ハンズラボではAWSやSORACOMを活用し、小売業向けの業務システム開発を行っております。
今回は東急ハンズでの導入事例をご紹介いたします。

プロジェクト概要

ハンズラボでは、東急ハンズ向けにiPadを使ったPOSシステム「HandsPOS」を開発し、提供しています。この度、本POSシステムのバックアップ回線を、株式会社ソラコムの提供するモバイル回線に切り替えいたしました。「SOROCOM Air for セルラー」をデバイス(ここではIPad)に挿し、閉域網サービス「SORACOM Canal」を利用することで、サーバーまでセキュアに接続することが可能となりました。

東急ハンズの一部店舗に導入しているPOSレジ「HandsPOS」

SORACOM導入の背景

東急ハンズは、現在全国に様々な業態・規模で80箇所以上の拠点・店舗を展開しています。

小売業にとって(もしくは、小売業における店舗運営において)、売上や在庫情報などの様々なデータを、リアルタイムに扱う業務システムは欠かせません。物理的に離れた拠点・店舗とスムーズかつセキュアに、データを取り扱うための通信ネットワークは、システムの基盤となります。

また、各店舗は通信障害などの異常事態でも通常営業できるようバックアップ回線が必要です。しかし、通常ほとんど利用しないバックアップ回線に毎月定額料金を支払っていることから、利用していない分のコストを軽減できると考えました。

その他にも、催事の際にはPOSレジの増設を行いますが、LANケーブルが届かないといった問題もありました。そのような売場での変化に対応できる、機動性やコスト面で柔軟な通信サービスを選択する必要がありました。

「SORACOM Air forセルラー」を使えば、iPadから直接業務サーバと通信を行うことができるため、拠点ネットワークに障害が起きた場合でもSORACOMのモバイル回線に切り替えることで業務継続が可能となります。

また、閉域網接続サービス「SORACOM Canal」を利用することで、許可した通信のみを業務システムへ接続させることができます。低コストかつスピーディに、セキュアな通信を実現することができました。

株式会社東急ハンズ

「ここは、ヒント・マーケット」をコンセプトに、お客様の暮らしに根ざしたベーシックな商品をはじめ、多様なご要望にお応えするための商品を幅広く取り揃えています。すべての商品をお客様の生活を豊かにするための「素材」であると考え、お客様のご要望に何とかしてお応えしたいという思いで、豊富な「素材」を蓄えてきました。これら豊富な素材こそが「ハンズの商品力」。この商品力によって、東急ハンズならではのモノやアイデア、生活のヒントを発見するよろこびを、お客様一人ひとりに感じていただきたいと考えています。

http://www.tokyu-hands.co.jp/


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第57回 株式会社カインズ 代表取締役社長 土屋裕雅さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、エンタープライズ系エンジニアが元気に働ける方法を探し、業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。第57回のゲストは、ホームセンター大手の株式会社カインズ 代表取締役社長、土屋裕雅さんです。昨年はラスベガスで行われたAWSのイベントre:Inventに自ら出かけ、年初の朝礼で「IT企業宣言」をしたという土屋さんに、今後の小売業の方向性やご自身のリーダーシップのあり方、日本の若者に対する期待などを伺いました。

昨年のAWS re:Invent参加を経て、年初の朝礼で“IT企業宣言”

長谷川: 土屋さんと初めてお会いしたのは、昨年(2017年)の11月から12月にかけてラスベガスで開催された、AWSの「re:Invent」ですよね。確か、カインズさんは8名くらいで来られていて。

土屋: そうです。

長谷川: 全日空システムズの幸重さんとかPARCOの林さんとか、re:Inventに来られていた人たちで現地で食事をご一緒したときでした。僕が驚いたのは、カインズの社長が自ら来られたということなんです。日本の会社の情シス部長とかCIOみたいな人が来ることはあっても、普通、社長は来ないですよ。
会食の翌日、AWS社が用意してくれたリテイル企業向け昼食会では、ノードストロームだとかロウズだとか、グローバルのリテーラーの人たちがいたんですけど、土屋さんがロウズのCIOにどんどん英語で質問しているのが、非常に印象的でした。そんなトップはあまり見たことがないですよ。自分の得意領域であれば別でしょうけど、ITとかクラウドに関しては、ITの担当の人に「任せた、お前聞いてこい」という人が普通ですよね。

土屋: ありがとうございます。一緒に行ったITの担当者も英語はしゃべれなくて。でも、興味が語学力とか恥ずかしさを超えてしまうことってありますよね。それに、あのときに僕が聞いていたのはITのことではなく店舗のオペレーションのことだったんですよ。そちらについては一応プロなので、聞きたいことが山のようにありました。とても貴重な機会でした。

長谷川: そうでしたか。とにかく、自分からどんどん質問しているのを見て、すごい人だな、と思いました。

土屋: でもね、re:Inventのキーノートとかを聞いていて、周りの人が「うわー、こんなサービスができるのか!」と感動していても、僕にはその感動が分からないんですよ。もともと何ができて、何ができてないかを知らないから。だから、自分でも「うわー」とか言って、感動を味わえるようになりたいと思いましたね。長谷川さんと出会ったことなんかも刺激になって、カインズにももっとテクノロジーを取り入れないとダメだな、と強く思ったんです。それで、今年の年頭朝礼では「うちはIT企業に変わります」という“IT企業宣言”をしたんですよ。

長谷川: それはまた、社員はビビるでしょうね(笑)

土屋: 何を言い出すのかと(笑) ここで飲みながら言っているのとは違って、全社員に対して朝礼で言ったんですからね。それでIT企業になるためにはどうすればいいかと考えたのですが、あまり妙案が浮かばなかったので、まずは「IT酒場放浪記」に呼んでもらおうと思ったわけです。

長谷川: SIerの方を除いて、自薦で来られるというのは初めてですよ。土屋さんから直接メッセージいただいて、「広報の人は了解しているのかな」とか、心配しました(笑)

欧米、そして中国の状況に焦りを感じる

長谷川: 年が明けてからまたアメリカで、CES(コンシューマーエレクトロニクス関連の展示会)とNRFという全米小売業協会の大会に行ってきたんですよ。CESは、初めての参加で、巨大な展示場所に、自動運転、ホームIoT、VR/ARなどすごい数の商品が展示されていて、圧倒されました。自分のスピード感がまだまだ甘かったと思うのは、「こういうことができたらいいよね」というのは、素人考えでたくさん思いつくじゃないですか。でも、それがだいたいCESにある(笑)。日本の家電量販店には、IoT家電は少数なんで、現実にはまだまだなのかと思っていたんです。ところがCESに行くと全部揃ってるんですね。「え、もう売ってるの?」みたいな。
面白いな、と思ったのは、中国の電球のOEMメーカーが自社ブランドで出展しているわけなんですけど、IoTって電気とネットワークの2つが必要ですよね。ホームIoTの場合は、自宅からwifiなどがあるんで、あとは給電方法をどうするかの問題。電球メーカーが、電球にスピーカーが一体化したものだとか、玄関口のライトにカメラが付いたものだとか、発売しているんですよ。それもスピーカーはJBLと組んでいる。そうすると、取り付け工事とか不要になるんで、ホームIoT普及の素晴らしいアイデアだなと思いました。そういうのがすごく楽しいというか……、正直に言うと焦りしか生まれなかったです。中国、米国、そしてフランスも政府あげてフレンチテックを推奨している。我々、マズイなと。

土屋: 同感です。その焦りはAWSのイベントでもありましたし、昨今の中国に対しても、すごく感じます。日本はこれでいいのかと。日本の中の小売業同士でなんだかんだ言っているのは、所詮コップの中の嵐ですよ。

長谷川: そうですよね。

土屋: 今、早稲田大学で『マーケティング戦略の実像』というカインズの寄付講座を持っているんです。半年間、色々な方を呼んで講義をしてもらうのですが、私も一番最初に少しSPAの話をしまして、口で言ってもなかなか分からないから、宿題を出したんですよ。カインズのSPAのポイントをお話した上で、「もしみんなが商品を作るとしたら、どういうものを作りますか?」という。昨日、100名以上が提出したものから優秀なものを発表しました。最優秀賞は商品ではないのですが、買い物のときにカートが後ろからついてくる、自分で持って歩かなくていい、というものだったんですね。なるほど、と思わせて、すぐにできそうだし、学生らしいアイデアです。ところが、授業の後で中国からの留学生の女の子が、「さっきの最優秀賞のやつ、中国にあります」と言ってきたんです。厳密には、もうすぐできるということだったんですが、北京で近々オープンする店が、動くカートというのを作るんだそうです。その学生はアリババに就職が決まっているという話も聞いて、いろいろと思うところがありました。こんなことやっていていいのかな、と反省しきりですよ。

長谷川: うちも少し前まで中国に出店していましたが、本当に向こうの方が進んじゃっていますね。特に決済のシステムなんかは中国に学ぶところがあります。
技術革新の具現化にしても、日本だと「グレーはストップ」みたいなところがありますが、シリコンバレー(米国)と中国は「グレーなものはGOだ」という考え方が非常に似ています。

自分に影響を与える50人に会うというノルマで、IT業界人とつながった

長谷川: 小売業としての歴史の話ですが、東急ハンズの場合、やっぱりインターネットが出てきたというのがひとつの転機になっているんですけど、カインズさんにとって、そういうターニングポイントはどこにありましたか?

土屋: 実は、僕個人の感覚で言うと去年です。やっぱりAWS re:Inventの影響が大きくて。

長谷川: そうなんですか!?

土屋: 個人的には、ですよ。もちろん現代の企業でインターネットを使わないところはほとんどないわけですが、その度合いとして「どうせやるんだったら、イノベーションを興すようなところを目指そう」という思いが出てきたのは去年で、それが今年の「IT企業宣言」に繋がったわけです。

長谷川: なるほど。re:Inventに行こうと思ったきっかけは?

土屋: 野村證券時代に身に着けた癖なんですけど、僕はノルマを決めるのが好きなんです。毎年、年間で1000km走ろうとか、映画を何十本観ようといったノルマを決めて、それを超えることで、あるべき自分に近づけたかな、と思えるので。それで去年は、50歳を過ぎたということもあって新しいことにチャレンジしようと思い、自分に影響を与える50人に会おうと決めたんです。

長谷川: 面白いですね。

土屋: 50人ということは、だいたい1週間に1人会っていればいいわけです。なんとかなると思っていましたが、年の後半にきて「このままじゃ50人いかないな」と分かってきて……。なんとか増やすには、既に知っている人たちの集まりに行っても増えない。それで、全然知らないIT系の集まりに行けば増えるに違いないということで、後半はIT系の人たちばかりに会いました。そうすると、相手によってちょっとずつ言うことが違ったりして、正直すごく混乱しています。でも1年前は混乱どころか知りもしなかったわけですから、すごく楽しいんですよ。

長谷川: なるほど。ノルマを決めたことで新しい学びがあって、それが会社の方にも影響しているということなんですね。

土屋: もちろん、以前から薄っすらとITのことは気になってはいたんですよ。知らないままCEO面していていいのかという、漠たる不安があった。たくさん人に会って、それが確証に変わったという感じですね。当社はもちろんですが、日本としてこんなのでいいの? という思いが強くなりました。

創業者と2代目の違い。創業者の目の届きにくいところだから好きにやりやすかった

長谷川: 土屋さんは、偉ぶらないというか、会話をしていても、相手が誰であってもフラットにコミュニケーションされている印象ですけど、そういう姿勢はどうやって身につけられたんですか?

土屋: 僕自身は、メインストリームではなくアウトサイダーとかチャレンジャーでいるのが好きなんですよね。
僕が社長になったのは2002年です。それまでホームセンターの売上はカインズがトップでしたが、社長になった直後にDCMという売上高が2倍くらいの会社が発足しました。そのときはショックだったけれど、チャレンジャーでいられるという意味では、却って良かったと思っているんですよ。
もうひとつ、震災の経験も大きいです。カインズは東日本に店舗が多かったので、震災が起きて88店舗をいったん閉店しました。どうやって復旧するかとか、従業員とその家族の安全をどう確保するかとか、数ヶ月の間、ものすごく集中して対応しました。その時に思ったのは、後悔はしたくないな、ということです。何かあって店をいっぺんに閉めなければいけないこともあるんだけれど、せっかくこの大人数でやっているんだから、やるべきだと思うことは、いつかではなく、今やらなければと、強烈に思ったんです。

長谷川: なるほど。土屋さんは、二代目の経営者ですよね。僕が非常に興味があるのは、創業家の会社とそうでない会社の違いなんです。単純に言うと、今の日本では、会社の方向性を大きく変えるのは創業家でないと無理なんじゃないかと思うんですよ。サラリーマン社長で、あと3年の任期だから……、みたいな人にはできないし、みんなもついていかないだろうと。御社の場合、どうですか?

土屋: それは、(創業家経営者とサラリーマン経営者は)全く違いますね。ただ、創業家の中でも創業者とそれ以外は全然違うんですよ。創業者は自分で作った人で、会社が自分そのものだから、自分で会社を潰すのもありなんです。創業者じゃない創業家の人は、創業者と同じような感覚の人もいれば、ともすると正反対に出ることもあるでしょうね。僕も、カインズがこければ死ぬな、とは思うんですが、一方で、カインズが自分の子ども、みたいな感覚もないんです。

長谷川: 二代目や三代目が創業家の人の場合と、そうでない場合もありますが、それについてはどんな違いが出てくると思いますか?

土屋: 社員から社長になる場合、やっぱり思い切った手は打ちづらいのかもしれないですね。ただ、個人のキャラクターの違いということもあって、一概には言えません。僕がラッキーだったのは、父である会長はグループの本部に出社して、カインズにはあまり来ない。すると目が届かないから、割りと好きなことができたんです。創業者というのは、その性として気になることがあったら言わずにはいられないですからね。

日本の企業はもっと手を組んでチャレンジをすべき

長谷川: 僕は今の会社に転職して入っているので、プロパーの人が言いにくいことを言うのが自分の役割だとも思っているんですよ。入社年次、過去の栄光だとか、役職上下関係なんかは僕には全く関係ないので。

土屋: 僕もそうですよ。日本の企業で、遠慮なく「違うんじゃないですか」と言えるところはなかなか少ないですよね。

長谷川: ええ。

土屋: ちょっと面白い会社がありまして、去年カインズと資本提携した「大都」です。そこでは肩書きというものがなくて、社長はジャックと呼ばれています。広報の女の子はズッキー。この間、早稲田でも話をしてもらったんですけど、最初にジャックが、後半はズッキーが出てきて、ズッキーがジャックより目立っている(笑)。まだ4年目くらいの若手なんですけどね。

長谷川: 実は僕、個人的には、大都さんの運営している「DIY FACTORY」との業務提携したいなーと思ってたんですよねー。

土屋: そうなんですか!?

長谷川: オンラインで実業をやっている企業と、オフラインの我々みたいな企業が組むのは、一番ジャンプアップできる形になるんじゃないかと思っていて。例えば、東急ハンズのDIY用品は大都から仕入れるから、代わりにオンラインのDIY部門の販売を大都に全部任せる――という形でがっつり組めばいいんじゃないかと考えていたんですよ。

土屋: いいアイデアですね。

長谷川: そんなことを考えていたら、カインズさんと業務提携というニュースを知って、「うわー、やられた」と(笑)。
大都(DIY FACTORY)の山田社長(ジャック)とはアドテックというオンライン広告のカンファレンスが関西であったときに、たまたま知り合ったんです。実は、今度の酒場放浪記に出てもらうことも決まってるんですよ。

土屋: ジャックがですか? それはすごく嬉しいな。僕、会社の事業に関連して自分ほどの情報通はいないという自負があるんです。でも、ジャックは僕より早いところがあるんですよ。だからジャックより先にIT酒場放浪記に来られたというのは、すごく嬉しいです。
僕は、うちも含めてハンズさんも一緒に組めばいいと思いますよ。

長谷川: 本当ですか?

土屋: ええ。マーケットが違うし、あまりカニバっている感じもしないでしょう。つまり、日本でそんなこと言っている場合じゃないんです。海外での激変を考えると、日本でももっと新しいことを生み出さないと。

長谷川: これは、僕個人の考え方ですが、DIYやインテリアは、ホームセンターさんやニトリさん、IKEAさんがどんどん弊社の近隣に出店される中で、厳しいんですよ。中でも、ノンブランドコモディティ商品群は、大量生産し安く消費者に提供した方がいいと思うんですよね。例えば、収納ケース、テープなどいっぱいあると思うんです。そういうコモディティで付加価値競争のない商品は、やっぱり安い方がいい。そういう商品は東急ハンズのコアな商品ではないと考えて、例えば、カインズさんから仕入れるという形で組んだ方がいいと思うんですよね。

土屋: とても長谷川さんらしい考え方ですね。

IT業界と小売業界に共通する自前主義、秘密主義の問題点

土屋: 日本の企業は、競争分野とそうでないところを分けずに、なんでも自前でやろうとするのが問題だと思いますね。例えば、日本の小売業にとってAmazonはライバルだからAWSも使わないとか……。
IT投資の中身も秘密にして、経験を共有しない。でも、競争分野でないところはもっとオープンにすれば、お互いつまらない投資をしなくて済むわけですよね。長谷川さんのすごいところは、その主役を企業の中の個々人に置き換えていっているところだと思います。それぞれの経験や失敗を明らかにする場所を作ろうというのは、コペルニクス的といってもいいくらいの、発想の転換だと思いました。

長谷川: 僕の考え方が大きく変わったのは、東急ハンズに入って、通販(EC)を担当するようになってからなんですよ。EC業界はベンチャー企業が多くて、絶対生き抜くんだという強い意思を持って勉強しあっているんですね。「小粒な俺たちがそれぞれに戦ったところで、どうにもならない。それよりもお互いに知っていることを教え合って、どんどん大きくしていこうぜ」ということを綺麗事なしにやっていたんです。そういうのに触れてから、社外の付き合いがグッと増えて、通販だけでなくITでも同じようにやり始めたんです。

土屋: ITの業界で、そんな人はいなかったんでしょう?

長谷川: そうですね。IT業界と言ってもSI業界とネット系業界に区別されるんですが、SI業界の集まりだと、「営業する側、される側」みたいになってしまうんですけど、最近は、日経イノベーターとかAWSコミュニティー(JAWS)は、テーマに沿って勉強会があるので、うまく機能していると思います。特に、AWSは、企業と大手ではないが技術力のある会社を繋げるようなことにもなっているんで、日本のSI業界(クラウド業界)もだんだんと、いい方向になっているのではないでしょうか。

土屋: 業界に風穴が空いたような感じですか?

長谷川: ええ。クラウドというのは,下克上ができる世界なんですよ。それまでは、スーパーコンピューターみたいなものを持てる大手企業にしかできなかったことを、ITスキルが高ければ所属企業の大小関係なくできるし、できるやつがスターだ、となっている。それが面白いですね。

土屋: それに逆行するような話ですが、小売業界はより秘密主義になっていっているような気がします。僕がこの業界に来て最初に入ったのはアイシーカーゴという物流会社だったのですが、当時はSEIYUだとかイオン系のカジュアルブランドの会社とか、アポを取ると快く受け入れてくれて、色々教えてくれたんです。海外の会社も同じで、ウォルマートもターゲットも、みんな喜んで物流センターを見せてくれました。それが、2000年以降からでしょうか、今は日本の企業がターゲットの物流センターを見たいと言っても、絶対見せないですね。それがSCM(Supply Chain Management)のキーだからということかもしれないけれど、そこまで秘密にする必要があるのかと。そんな体験があるので、ITでも同じ問題があるのかな、と思ったんです。

長谷川: そうですね、情報システム部も、僕らも含め、旧来のITの人が勘違いしていたのは、自社が何のミドルウエア、OSを使っているとか、サーバーが何台あるとか、セキュリティーソフト、アプリケーションソフト何使っているとか言っちゃいけないんだろうと思っていたんですよね。でも、そんなことを言ったところで売上には響かないし、関係ないんですよね。

若者が第一線の人たちの話を聞いて「自分にもできる」と思ってほしい

土屋: 大企業とベンチャーが組んでうまくいくことが少ないのも、大企業の方が一方的に良いとこ取りをしようというような姿勢があるからじゃないでしょうか。カインズは大企業というわけではないですけど、ベンチャーでないのも確かなので、大都とは良い化学反応を起こしたいですね。大都もカインズも、今まで持っていなかったようなことを生み出して、世の中にインパクトのあるようなことができたらと、本当に思っているんですよ。

長谷川: IT企業宣言をされたということですが、これからの小売業はどういう方向に行くべきだと思われますか?

土屋: 先日、イオンの岡田さんが「Amazonに学ぶべきところがあったと反省している」とコメントされているのを見ましたが、それは小売業全般に言えることかもしれません。Amazonが全て良いというわけではないですが、自分たちのお客さんがどういう人達で、何を求めているか、もう一度真摯に考え直す時期だろうと思います。

長谷川:ECに関しては、小売業のプロほど誤っていた面があるんですよね。AmazonがCDや本を売るのはみんな納得していました。あれはどれも品質が同じだし腐りもしないから、と。でも、生鮮食品は絶対ない、ファッションも試着しないで買うなんてありえない、みたいなことを小売業界の人ほど言ってたんですよ。それがもう、ドカーンとやられてしまった。だから、自分の経験からくる固定観念で判断してはいけないな、と。

土屋: 全てにおいて安泰ということはないわけですよね。いろんなことがあり得る中で、じゃあ何をするかを考えることが重要だと思います。その中で、やっぱりIT化というかテクノロジーを使うということ、特にお客さんにとって良いことは何か、アイデア合戦みたいなことになるんでしょうね。

長谷川: 小売業の中で、土屋さんが注目している会社というのはありますか?

土屋: マツモトキヨシさんとか、どんなことをしているのか興味がありますね。

長谷川: なぜですか?

土屋: アウトサイダーだからでしょうか。大手ドラッグの中では、ちょっと違う路線を取ろうとされているように見えます。
他に気になるところは、やっぱりユニクロさんですかね。

長谷川: ユニクロで注目しているポイントというのは?

土屋: 柳井さんですね。志の高さが素晴らしいな、と思います。彼について読んだ中で、柳井さんが昔、有名なSPAの企業の社長のところに行って話を聞き、「この人にできるんだったら、俺にもできると思った」というエピソードがありました。その感覚って、すごく大事だと思うんです。僕自身も、柳井さんにアドバイスをもらったことがあるんですが、もっと早く出会っていたら違ったかもしれない。
早稲田の授業も、そういう思いでやっているんです。例えば、今の学生が玉塚 元一さんに会うことによって、何か化学反応が起こればいいな、と。だから、これからの日本を背負う学生に影響を与える人たちに話をしてもらいたいと思って、僕がぜひ、と思う人に講義をお願いしているんです。

長谷川: 「俺にもできる」とどんどんやってみる若い人たちを作っていきたい、ということですか。

土屋: そうです。きっかけを早くもってもらいたい。こういう言い方が良いかどうか分かりませんが、玉塚さんの話とか、C Channelの森川 亮さんの話とか、すごいところもあるけれど、社長だから特別なんだという風に思わないで、自分と同じ人間なんだって、大したことないんだって感じてもらいたいんですよね。柳井さんだって、かなり特殊ですけれど、話をしているとすごくよく分かるところもあって、同じ人間だという気がするんです。テクニックというよりは、そういうことを感じてほしいんです。

長谷川: なるほど。僕も今日お話を伺って、御社と一緒にできることとか、色々考えてみたいなと思いました。

土屋: ええ、業界とか会社を超えて、強いものを作っていきたいですね。

長谷川: はい。今日はどうもありがとうございました。