AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

カテゴリー: セミナー・イベント

Mashup Awards10に協賛しました


新しい買い物の楽しさをつくる「I♥Shopping賞」を創設しています!

Mashup Awardsは、2006年にスタートしたコンテスト。参加者はWebサイトやスマートフォンアプリ等を通して技術、デザイン、アイデアを競い合います。昨年の応募作品数はなんと約500点!
関連イベントも全国で多数開かれている、国内最大級のコンテストです。

色々なハード、APIが組み合わさり、ハッカソンや選考を経て新しいアイデアが形になっていく様はワクワクするもの。
モノづくり大好きな東急ハンズから生まれた会社としては、これはぜひ応援したい! ということで、テーマ賞の形で協賛させていただきました。

賞概要

「I ♥Shopping賞」

ネットでの買い物が日常化した昨今、「モノを買う」ことはずいぶん手軽に、便利になりました。そんな中で、ハンズラボは新しい「買い物の楽しさ」をつくるアプリ・アイデアを募集します。買い物を通じて「モノ・コト・ヒト」が出会い、つながる。買い物で生活が楽しくなる。そんな作品をお待ちしています。

素材として東急ハンズの通販サイト「ハンズネット」 https://hands.net/ の、画像以外の商品情報を提供いたします。
※提供素材の使用は必須条件ではありません。
テーマに沿った作品であればなんでも応募OKです!

応募〆切は10月26日(日)!

詳細は下記公式サイトをご覧ください。
MA【エム・エー】
http://mashupaward.jp/awards/10

ご応募お待ちしております。


夏サミ2014基調講演「クラウド時代の情シスのロールモデルとは?」まとめ


7月31日(木)に開催されたDevelopers Summit 2014 Summer(夏サミ2014)基調講演にて、弊社代表の長谷川ブログメディア「Publickey」を運営されている新野淳一氏と対談させていただきました。

Togetterまとめはこちら

冒頭は新野さんがクラウド登場以降の情シスの変化を紹介されました。

従来の情シスは、
・バックオフィスのシステム開発中心。
・要件定義以降の工程は外注も多い。
・予算の7割は既存システムの維持・運用に費やされる。

クラウドの登場で要件定義以外の業務が早く・安く・簡単になる。

クラウド時代の情シスは、スタートアップ企業のように新しいモノをつくれるかもしれない。

例:日本交通、タクシー配車アプリの売上40億、新機能追加(ASCII.jp)
スシロー、ビッグデータ分析し寿司流す 廃棄量75%減(日経新聞電子版)

ここでバトンが長谷川に切り替わり、モダンエンタープライズの例として、僭越ながら東急ハンズの事例をお話させていただきました。

東急ハンズの情シス(現在のハンズラボ)

●情シス改革からIT子会社「ハンズラボ」設立までの経緯
・2008年に東急ハンズ情シス部門の部長に就任
・若手売り場スタッフ2名を異動で呼び寄せ、
「君たちには明日からシステム開発をしてもらう」
・新人2名にユニケージ開発手法を学ばせる
・参照系システムから始めて徐々にシステム開発をスタート
・徐々に本格的なシステム内製化に移行。併せて運用担当を開発へコンバート
・営業系システムはほぼ内製化し、外販も始めるべく子会社としてスピンアウト
・次はPOSをWebブラウザでつくりたい

●内製化成功のポイント
・プログラミングは素人だったが、要件定義ほぼゼロでいける小売業の業務知識があった
・本当にやる気のあることは、あれこれお伺いを立てる前にサクッとやってしまう
・小さなことから初めて成果を挙げ、ポテンヒットを積み重ねて手柄と信用を集める

他にも新野さんとの対談や、会場・Twitterからの質問に答えるなど、濃い95分でした。
後日CodeZinでもレポートされるそうです。

最後に、「ほんとに売り場スタッフがシステム開発できるの?」という疑問がTwitterなどで出ていましたので、クリスマスツリー担当から転進を遂げた弊社の古参エンジニアの現在をリンクしておきます。

このままじゃSEはノーフューチャー!?ハンズラボ に学ぶエンジニアの未来。[後編]

長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第2回 ソニックガーデン 倉貫義人さん 3/3

5年半で立派に育ちました。

 


HTML5 Japan Cup 2014 The Final


「日本のwebをたぎらせろ」というフレーズを掲げて4月から始まった5jcup。
7月26日(土)に、最後を飾る表彰式が渋谷で開催されました。

各賞の受賞作品などは公式サイトでご覧ください。

ハンズラボはゴールドスポンサーの一員として、テーマ賞「レジ待ちのお客様を楽しませる、インタラクティブなレジアプリ」を募集させていただきました。
5jcupのテーマ賞の中ではめずらしく「お堅い」アプリ、かつ求める機能が多めということで、どのくらい応募があるのか正直心配しておりました。

応募総数は全7作品(非公開作品含む)。
皆さん「インタラクティブな楽しさ」を様々な方法で考えられていて、審査していて新鮮な驚きと楽しさがありました。
応募者の皆様、本当にありがとうございました!

選考の結果、ハンズラボテーマ賞は特攻野郎Cチームさんの「シャべ・レジ」に決定しました!
公開URL: https://5jcup.org/works/53b038de7fbdb8f1ff001a77
20140726_01
左から受賞者のIYさん、EYさん

UIの使い勝手の良さ、レジアプリとしての精度と多機能性を評価させていただきました。セサミキャラとハンズのアイテムの意外なコラボもポイントです。

総勢6名からなる特攻野郎Cチームさんは、皆さん会社の同僚とのこと。
東西にチームメンバーが分かれており、開発は相互にコミュニケーションを取りつつ進められたそうです。

20140726_02

「HTML5はビジネスでも使える」をチームコンセプトに掲げた彼らにとっては、エンタープライズ寄りのハンズラボのテーマは格好の素材。
「どちらかといえばデザイン、楽しさの演出の方が難しかったですね」と表彰後に語ってくれました。カスタマーモニタをタッチパネルにしてキャラクターに働きかける演出を入れるなど、よりインタラクティブ要素を強める構想もあったそうです。楽しそうですね。

特攻野郎Cチームさん、ありがとうございました!

また、HTML5jコミュニティリーダーの白石俊平さんをはじめ、すばらしいイベントを企画・運営された事務局の皆さんにもこの場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました&お疲れ様でした!


参戦決定!AWS Summit TOKYO 2014&夏サミ


弊社代表の長谷川が下記2つのイベントで登壇します。

AWS Summit TOKYO 2014

7月18日(金) 17:20~18:20
【パネルディスカッション】クラウド導入はユーザー主導で! E-JAWS激論パネル
Enterprise Japan AWS user grope (E-JAWS)メンバーによるパネルディスカッション。
エンタープライズのお客様に限定したAWSのユーザーグループのメンバーが、それぞれの企業の立場から、クラウドのメリットや運用ノウハウを紹介します。

Developers Summit 2014 Summer

7月31日(木) 10:30~11:45
【S-1】クラウド時代の情シスのロールモデルとは?(仮)
Publickeyの新野 淳一さんとの対話セッション。クラウド化で業務スピードが加速し、IT部門の役割が急激に変化する中で、情シス、エンジニアはどう変化と向き合うべきかを探ります。

※いずれのイベントも事前申込みが必要です。


【〆切迫る!】WebアプリコンテストHTML5 Japan Cup!


賞金総額350万円!
WebデザイナーやWebエンジニアのためのクリエイティブ・アワード「HTML5 Japan Cup」
応募〆切の6月30日(月)まで、あと5日となりました。

最優秀賞には賞金100万円!

しかも、各テーマ賞・プラットフォーム賞・API賞にまたがった作品で受賞できれば、賞金が積み増しされていく仕組みです。

セサミキャラクターを活かしたインタラクティブでワンタップゲームもできる絵本で会計待ちのお子様を笑顔にするレジアプリおもちゃ屋さん誘導機能搭載)」といった、各社テーマ縦断的な作品ができればすごいことに……。

ハンズラボのテーマ賞「レジ待ちのお客様を楽しませる、インタラクティブなレジアプリ」は賞金10万円。

詳細は 上記リンク先および賞の説明スライドをご覧ください。

テーマ賞ページによると応募状況は「狙い目」、つまり競争率ひかえめ、のようです。

土日をはさんであと5日。
ご応募お待ちしております!