AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

カテゴリー: 連載:PICKUP!

【Pick Up! Vol.31】〜ローカルショップをEコマースでサポートするMercato体験レポート〜


こんにちは、NYから米国のEコマース・小売情報をお届けしているライターの公文紫都です。
今日は、Eコマースで地元のお店をサポートする『Mercato』の体験レポートをご紹介します。

ニューヨーク在住のライター・佐久間裕美子さんの書籍『ヒップな生活革命』(朝日出版社/2014年7月)で触れられていたように、アメリカでは「地元支援」という動きが出始めています。

お魚は◯◯さんで買って、お肉は◯◯さんで買って、お野菜は◯◯さんで買って……とお店を使い分ける日本人の方は多いと思います。美味しいから、店主の人柄が好きだから。固定のお店で買い続ける理由は人それぞれだと思いますが、その中には「応援したい」という気持ちもあるはずです。

ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコのような米国の都市部でもそうした「地元支援」の動きが見られています。特にニューヨークでは、地産地消の動きも目立っているように感じます。

続きを読む 【Pick Up! Vol.31】〜ローカルショップをEコマースでサポートするMercato体験レポート〜


【Pick Up! Vol.30】〜行列に並ばずすぐに美味しいハンバーガーをゲット! SHAKE SHACKモバイルアプリ体験レポート〜


こんにちは、NY在住ライターの公文紫都です。
今日は日本にも上陸し人気を集めている、NY発のハンバーガー屋『SHAKE SHACK』のモバイルアプリ体験レポートをお届けします!

SHAKE SHACKはどの店舗も大大大人気で、いつどこに行っても大行列ができています。「並んでも食べたい味」。SHAKE SHACKはそれほど魅力あるハンバーガー屋であることに間違いはありません。

しかしなんとか、並ばずにこの美味しいハンバーガーにありつけないものか。そう思っていたら昨年末、SHAKE SHACKのモバイルアプリに注文機能がつきました。ずっと試したい試したいと思いつつ、なかなかチャンスがなく先日ようやく使う機会が訪れました。

続きを読む 【Pick Up! Vol.30】〜行列に並ばずすぐに美味しいハンバーガーをゲット! SHAKE SHACKモバイルアプリ体験レポート〜


【Pick Up! Vol.29】〜Care/of 体験レポート〜


こんにちは、NY在住ライターの公文紫都です。
NYは春を通り越していきなり夏が来たような暑い日が続いています。

今日は個人の悩みや目的に応じてサプリをカスタマイズし、定期配送してくれる『Care/of』の体験レポートをお届けします。

まずトップページから。

Care/ofの特徴は、「安心・安全性の高いサプリを」「低価格で」「個人に合わせて定期配送する」というものです。
医者、科学者、栄養士と連携し……▼

一般的な健康食品店で購入するよりも安いことを、トップページ上で訴求しています▼

続きを読む 【Pick Up! Vol.29】〜Care/of 体験レポート〜


【Pick Up! Vol.28】〜Winc体験レポート〜


NYから米国のEコマース情報をお届けしている、ライターの公文紫都です。

今日は、お酒が大好きでいつも自宅に何本か置いておきたい! という(我が家のような)家庭にピッタリの、ワインの定期購入サービス「Winc」をご紹介します。

Wincはユーザーの好みに合わせてワインをセレクトし、届けてくれるキュレーション型定期購入サービス月に4本、 1本13ドルのワインが届きます(スキップ・キャンセルも可能)。

では早速、注文方法から見ていきましょう。

続きを読む 【Pick Up! Vol.28】〜Winc体験レポート〜


【Pick Up! Vol.27】〜Harry’s体験レポート〜


こんにちは、NY在住ライターの公文紫都です。
なんだかソワソワ、ワクワクする春が近づいてきました。
そろそろ新入社員を迎える準備で大忙しの会社も多いかもしれませんね!

さて前回に引き続き、今回もひげ剃りのECサービスについてのお話です。

前回は、米国のひげ剃り市場を変えた『Dollar Shave Club』をご紹介しましたが、今回は競合サービス『Harry’s』の体験レポートをお届けします。

Harry’sは、メガネのECサービス『Warby Parker』の共同創設者の一人が創設したサービスです。

両社とも基本的なサービス内容は、初回時に本体(カミソリ)を選び、以後、選んだ配送頻度とプランに応じて定期配送される、と一見似ているようですが、よく見ていくと、戦略に大きな違いがあることが分かります。

Harry’sは、「ブランド作り」に力を入れています。こだわりのある独自製品を作るため、2013年には、ドイツの老舗工場を1億ドルで買収しました。またニューヨークにオンライン予約制のひげ剃りと散髪ができる床屋を構えているところも、Dollar Shave Clubとの大きな違いです。

続きを読む 【Pick Up! Vol.27】〜Harry’s体験レポート〜


  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!