AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

カテゴリー: IT酒場放浪記

長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第47回 株式会社ロフト取締役 執行役員 オムニチャネル推進室 室長 ブランド営業部担当 内海 芳雄さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、エンタープライズ系エンジニアが元気に働ける方法を探し、IT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。第47回のゲストは、株式会社ロフトでオムニチャネルへの取り組みを牽引する内海芳雄さん(取締役 執行役員 オムニチャネル推進室 室長 ブランド営業部担当)です。世間からはライバルと目されることの多いロフトと東急ハンズの違いや共通点、リアルな店舗を持つ小売店としてのオムニチャネルやECへの取り組みなどについてじっくり語り合いました。

ECやSNSについて情報交換し合う仲

内海: 長谷川さんは、僕の憧れの人なんです。

長谷川: やめてください。変な汗出てきますから!

内海: うちがインターネットとかオムニチャネルとかやり始めたのが3年前ですかね。そのときにまずは身近な、MUJIの奥谷さん(元・株式会社良品計画、現・オイシックスの奥谷孝司氏)やタワーレコードの前田さん、キタムラの逸見さんに色々教えてもらって、それから東急ハンズさんにも。直接長谷川さんのところに伺うツテがなかったので、まずは甘糟さん(当時東急ハンズのEC課)、緒方さん(元・東急ハンズのEC課、現・中川政七商店CDO執行役員)のところに聞きに行きました。長谷川さんとは、講演会をされたときにご挨拶したのが最初で、2年前でしょうか?

長谷川: そうでしたね。その後はこの業界のゆるい集まりなんかで何度かお会いしていますね。奥谷さんが内海さんについて、「ちゃんとした会社に勤めている上級役員の方で、みんなと接するときにあれほど腰が低い人はいない」と言っていましたが、本当に、こういう場にすっと出てきて交流される方はなかなかいないです。

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第47回 株式会社ロフト取締役 執行役員 オムニチャネル推進室 室長 ブランド営業部担当 内海 芳雄さん


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第46回 株式会社ココカラファインヘルスケア 販促部マーケティングチーム マネジャー 郡司 昇さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、どうすればエンタープライズ系エンジニアがもっと元気になるのか?という悩みの答えを探し、IT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。第46回目には、ココカラファインのマーケティングとECの責任者である郡司 昇さんに登場いただきました。調剤薬局やドラッグストアという業態におけるオムニチャネル化を推進しながら、業界としての課題解決にも意欲的に取り組んでいます。差別化されていない現状をどのように打開しようとしているのか。業界の慣習と併せつつ、お話をうかがいました。

gunjisama_top

株式会社ココカラファインヘルスケア 販促部マーケティングチーム マネジャー 郡司 昇さん

1992年、昭和大学薬学部薬学科を卒業後、薬剤師として株式会社セイジョーに入社する。ドラッグストア店長を経て独立し、株式会社ランド設立。セイジョーとのフランチャイズ契約のもとドラッグストアを出店。2001年、株式会社ランド退社。株式会社コーエイドラッグに入社し、調剤(保険)薬局管理薬剤師として仕事の傍ら、ドラッグストア自動発注システムを構築する。2004年3月、株式会社コーエイドラッグを退社し、ふたたびドラッグストアを出店。2007年4月に古巣である株式会社セイジョーに戻り、調剤部課長や事業推進室 営業管理課長などを経て、2010年10月に合併を機に株式会社ココカラファインに転籍。

2013年4月EC事業分社化に伴う社長公募により、株式会社ココカラファインOEC 代表取締役社長就任。2016年4月株式会社ココカラファイン 統合マーケティング部長兼任。株式会社ココカラファインOECは当初の目的(営業黒字)を達成したため、オムニチャネルにおける経営効率を考慮して同年10月グループのドラッグストア・調剤薬局約1,300店舗の大多数が所属する株式会社ココカラファインヘルスケアに経営統合。同年10月株式会社ココカラファインヘルスケアに転籍。現職。

 

リアル店舗とECショップの連携によるドラッグストアのオムニチャネルとは?

長谷川:郡司さんと初めてお会いしたのは、New Yorkでしたよね。2015年1月NRF(全米小売業協会主催のカンファレンス・展示会)のツアーでした。共通の知り合いも多くて、いろいろお話しして。

郡司:そうでしたね。実はその前年の10月オムニチャネルツアーにも参加していたんです。

その共通の知り合いの一人にお声掛けをいただいたので、NRFで発表される米国最新トレンドを知る貴重な機会ですので、まさかの3ヶ月間隔でNew Yorkに行くことにしました。だけど、長谷川さんと名刺交換した時に案の定「なんでオムニチャネルやろうとするのに、ECだけ別会社なの?」なんて突っ込まれて(笑)。

nrftour

NRFのツアーで、オムニチャネルでおなじみmacy’s前。
長谷川がいかに痩せたかということが…わかる。(左奥から4番目)

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第46回 株式会社ココカラファインヘルスケア 販促部マーケティングチーム マネジャー 郡司 昇さん


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第45回 ANAシステムズ株式会社 代表取締役会長 幸重 孝典さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、エンタープライズ系エンジニアが元気に働ける方法を探し、IT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、78年に全日本空輸(ANA)株式会社に入社し、インターネットの黎明期からeコマースやサービスのIT化に取り組んでこられたANAシステムズ株式会社の幸重孝典さん(代表取締役会長)です。実はパイロット試験を受けたことがあるという飛行機好きの長谷川が、気になっていたあれこれをたっぷりお伺いさせてもらいました。

ApplePay日本上陸!米Appleとコミュニケーションを密に取っているANA

長谷川: 先日Apple Payが日本で使えるようになることが発表されましたが、ANAさんのロゴもしっかり出ていましたね。あれはやっぱり、前々からANAさんがApple社に対して「Apple Payが日本に来たあかつきにはぜひ…」という話をしていたんですか?

幸重: そうです。Appleとは以前からコミュニケーションをとっています。日本支社もそうですが、アメリカの方とも。だからアメリカでプリペイドのサービスが出たときから、「日本はいつなの?」という話はしていました。

yukishigesan_001

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第45回 ANAシステムズ株式会社 代表取締役会長 幸重 孝典さん


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第44回 株式会社マザーハウス 取締役副社長 山崎大祐さん


 

ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、どうすればエンタープライズ系エンジニアがもっと元気になるのか?という悩みの答えを探し、IT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。第44回目には、株式会社マザーハウス 取締役副社長 山崎大祐さんに登場いただきました。もとは世界的な投資銀行で億単位でのビジネスを動かすエコノミストの地位を捨て、起業間もないマザーハウスの経営にジョイン。年収は20分の1になっても「以前よりやりがいがある」と語る山崎さんに、長谷川がその笑顔の秘密を探るべく迫りました。

yamazakisan_003

株式会社マザーハウス 取締役副社長 山崎大祐さん
1980年、東京都生まれ。2003年、慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。当時日本は数少ないエコノミストの1人として、日本およびアジア経済の分析・調査・研究や顧客への金融商品の提案を行う。07年3 月、バイクによるアジア横断旅行の準備のために同社を退社。在職中から大学のゼミの後輩だった山口絵理子氏(現・マザーハウス代表取締役)の起業準備を手伝っていたこともあり、同年7 月マザーハウス取締役副社長に就任。マザーハウスの経営を担いながら、社会人のための “思考・実践の場”を提供する「マザーハウスカレッジ」を主催する。

社会の理不尽の元凶!?金融もビジネスも毛嫌いしていた

長谷川:最初にお会いしたのって、業界の勉強会みたいな場でしたよね。ファッション関係のECをどうするか、みたいなテーマで。

山崎:ええ、全く知らない世界ですごく刺激的でした。当時はまだ店舗も7〜8店でそれなりに店頭では売れるようになっていたんですが、ECはからきしで。今になってようやく、オウンドメディア化してオンラインにもいい流れができてきたところで、その起点となったのが、その勉強会だったなあと。

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第44回 株式会社マザーハウス 取締役副社長 山崎大祐さん


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第43回 株式会社KUFU(SmartHR)代表取締役 宮田昇始さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、IT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、会社の労務手続きを自動化するクラウドツール「SmartHR」が話題の株式会社KUFU宮田昇始さん(代表取締役)です。社長の月給が25万、仕事がない時期もあったという創業期から、「SmartHR」で数々の賞を受賞するにいたるまでの道のり、そして今後の展望を語っていただきました。

大病をきっかけに「好きなことをしよう」と起業

長谷川 僕が御社のことを知ったのって、たぶんFacebookで知り合いがシェアしたニュースか何かでだと思うんですよね。IVSの「Launch Pad」(ベンチャーキャピタルのIVPによる、スタートアップの登竜門と言われるコンテスト)で優勝されたんでしたっけ?

宮田 そうです。今年の5月に優勝しました。「SmartHR」は他にもいくつかのイベントで優勝しているんです。

IVSLaunchPad

「Launch Pad」での受賞時の様子。(Infinity Ventures Summit Facebookページ より
※この他、B Dash Camp 2016 Spring Fukuoka のピッチアリーナ、TechCrunch Tokyo 2015でも優勝されています)

長谷川 こういう、今でいうクラウドサービス、昔でいうASPの世界って、ホントいいですよね。特に僕はどちらかというとBtoB中心にやってきた人間なので、BtoCもいろいろ出てきていますけど、BtoBの破壊力というのは半端ないなと思っているんです。こういうサービスがあると、会社が何千万だの何億だの払ってやっていたあの世界は一体何だったんだ? となりますよね。だからすごく応援したいし、うちの会社もそういうのを作っていきたいので、追いつきたいし、憧れもある……、そんな感じで見ているんです。

宮田 ありがとうございます。

長谷川 創業されたのは、いつなんですか?

宮田 まず、会社をつくったのは3年半程前です。ちなみにSmartHRは、サービスをローンチしてからまだ8カ月ぐらいです。

SmartHR

社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド型ソフトウェア「SmartHR」
 https://smarthr.jp/

長谷川じゃ、SmartHRの開発期間が1年くらいだとしても、約2年ぐらいは違うことをしていたと。

宮田 はい、最初の2年間は違うことをやっていました。

長谷川 今の会社の前は何をされていたんです?

宮田 インターネット系の会社で、Webディレクターみたいな仕事をしていました。ところが、サラリーマン時代に結構でかい病気をやりまして。「ハント症候群」という珍しい病気なんですが、顔面麻痺、聴覚障害、味覚障害、三半規管麻痺で車椅子生活になってしまったんです。

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第43回 株式会社KUFU(SmartHR)代表取締役 宮田昇始さん


  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!