AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

カテゴリー: AWS

10日でAWSのアソシエイト資格3つ制覇した話


はじめまして、2月にハンズラボに入社した人見です。

特技はキャンディークラッシュ。執筆時で2411面です。

さて今回は「10日でAWSのアソシエイト資格3つ制覇した話」です。

 

AWSには認定資格がアソシエイトレベル3つ、プロフェッショナルレベル2つの全部で5つあり、私はそのうちのアソシエイトレベルの3つを取得しました。

  • ソリューションアーキテクト(ASA)取得日:2017/04/17
  • ディベロッパー(ADEV)取得日:2017/04/24
  • システムオペレーション(SysOps)アドミニストレーター(ASO)取得日:2017/04/27

 

今回は私がどのようなトレーニングを積んでアソシエイトレベル3つを制覇したのかお伝えしたいと思います。

ポイントは3つです。

1.各サービスの長所短所を抑えること

2.早めに模試を受けて、自分の弱点を知ること

3.回答スピードを上げること

 

まず、「各サービスの長所短所を抑えること」です。

AWSには様々なサービスがありますが、似たような機能をもつサービスもたくさんあります。まずそれぞれのサービスがコストなのか、速度なのか、何によって差別化されているかを理解します。
そして、各サービスがグローバル、リージョン、アベイラビリティゾーンのどのサービスに分類されるかはしっかり押さえておきます。
各サービスの理解はAWSクラウドサービス活用資料集がおすすめです。

 

次に「早めに模試を受けて、自分の弱点を知ること」です。

AWSのサービスはたくさんあるので、全ての分野を完璧にしてから模試を受けるのでは時間がかかってしまいます。私は勉強を始める前に模試を受けて自分の苦手分野を確認しました。
普段使っているサービスでも改めて確認すると実は良く分かっていなかったりするので、自分がどこまで理解してて、どの分野を重点的にやれば良いのかを判断するためにも模試は1日でも早く受けましょう。

模試の中のシステム構成の理解にはAWSクラウドデザインパターンがおすすめです。

 

最後に一番大事なことは「回答スピード」を上げることです。

試験では80分で約60問を解かなければならないので、1問1分ぐらいで解いていく感じです。
コストについての問題なのか、セキュリティについての問題なのかを素早く判断して回答する必要があります。

では、早く問題文を理解するための最良のトレーニング方法はなんでしょう?

 

 

、、、

 

 

 

そう、本を読むことです!

常日頃から本を読んでいれば、AWSの問題文もスラスラと頭に入ってきます。

弊社にもたくさんの本があります。

 

おすすめは黄色い技術書です。

黄色い技術書にビビッときたエンジニアの方、ぜひハンズラボで一緒に会社の本棚をこっそり育てて行きましょう!

 

 

そしてもう1つ、ここでは言えないこれをやれば合格間違いなしの「秘密の特訓法」がありますが、
それについては、5/18開催の採用イベント、手羽の会でお話ししましょう!

みなさまのご参加お待ちしております。


JAWS DAYS 2017〜リアルイベントの熱量を今こそ感じよう〜


2017年3月11日(土)、五反田にてAWSのユーザーグループ「JAWS-UG」による最大級のイベント「JAWS DAYS 2017」が開催されました!

なんとこちらのイベント、1230人以上の方が来場!!ものすごいイベントなのです。

私は今回、スタッフ兼スポンサー担当として事前準備から参加してきました。主なお仕事はセッションの事前調整、スポンサー企業様へのご連絡などだったのですが、当日準備ももちろんあります!スタッフは朝8:00集合。ギリギリ間に合いました←

続きを読む JAWS DAYS 2017〜リアルイベントの熱量を今こそ感じよう〜


AWS Samurai 2016にマーケ担当青木が選出されました!


こんにちは、ハンズラボ、マーケ担当の青木です。

なんと・・・AWSが認定する「AWS Samurai 2016」に、私青木を選出していただきました・・・!

同じタイミングで受賞となりました赤塚誠二さん、吉田真吾さん、おめでとうございます!

AWS Samuraiとは?

AWS Samuraiとは、AWSにより、JAWS-UGの中から選出される認定制度です。

今年も、日々クラウドの普及に大きな貢献をしていただいているJAWS-UG (Japan AWS User Group) の中から、AWS Samurai 2016 を発表いたします。AWS Samurai は、2011年12月から続いている制度で、2016年のユーザーコミュニティにおけるさまざまな継続的な活動において、ユーザーコミュニティの成長およびAWSクラウドの普及に大きく貢献または影響を与えた方々を Amazon Web Services (AWS) から認定させていただく制度です。(「AWS Samurai 2016の発表」Amazon Web Servicesブログより抜粋)

続きを読む AWS Samurai 2016にマーケ担当青木が選出されました!


展示ブースは百花繚乱〜AWS re:Invent 2016″Central”〜


ラスベガスからお届けしております!マーケ担当青木です。

AWS re:Invent 2016、今年も展示ブース「Central」は大盛況!ノベルティがもらえるブースも多く、賑わっています。日本企業の出展もあります。潜入レポートを現地よりお届けします!

日本からも出展!ブースはこんなに盛況

入り口すぐにあったCiscoさん、Datadogさん。Datadogさんは昨年同様Tシャツを配布していました。

img_8296

img_8302

キューブ型の展示が可愛らしい印象の、Redisさん。RedisGeekのステッカーはもちろんゲット!

img_8301

続きを読む 展示ブースは百花繚乱〜AWS re:Invent 2016″Central”〜


AWS re:Invent 2016に参加しています!


ラスベガスからこんにちは!青木です。

AWS最大のイベント「AWS re:Invent」。2016年は11月28日から12月2日まで、ラスベガスのベネチアンホテル等で開催されています。

弊社からはCEO長谷川の他、エンジニア小林、加藤、吉田、そして私青木も参戦!

会場の様子・熱気をお伝えしたく、写真を中心にですが現地からレポートいたします!

入場したらまずはレジストレーション

まずは、レジストレーションコーナーで受付をします。昨年と異なり、今年は顔写真入りのIDが配布されます。より本人確認を正確に行うためでしょうか・・!ストラップの色は属性で異なります(弊社はパートナーのブルー)。

registration

続きを読む AWS re:Invent 2016に参加しています!


  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!