AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

JAWS-UG東京 #29 で海外カンファレンスを体感してきた


こんにちは、青木です。

11/8にTECH PLAYで開催された「JAWS-UG東京 #29〜エンジニアが成長する海外カンファレンス特集(ちょっとクラウドごった煮感?)〜」 に参加(&運営)しました!

今回は、タイトルのとおり「エンジニアが成長する海外カンファレンス特集」ということで、AWS re:Invent を始め、海外のイベント・カンファレンスに関する知見を集めた勉強会でした。

会場は渋谷のTECH PLAY!綺麗で広い!木目調がいいですね〜

JAWS-UG東京では恒例、AWSアップデート情報

実はここ最近のJAWS-UG東京、全て Amazon Web Servicesの渡邉源太さんに登壇していただいています!

日々更新されるAWSのアップデート情報、なんとスライドにして125ページ分(!)を解説していただきました。

この日はちょうど Amazon Alexa が日本販売開始されるニュースが出た日でしたので、その点も触れていただきました。

Amazon、“音声ファースト”体験の創出に向け Amazon Skills KitとAlexa Voice Serviceを日本で提供開始

Amazon、 日本語対応のAlexa、最新のAmazon Echo、Echo Plus、Echo Dotを日本で販売開始

ハンズラボもリリースしましたよ!(宣伝)

【Amazon Alexa】東急ハンズのAlexaスキル開発を行いました / ハンズラボニュース

Amazon Alexa日本上陸に合わせてAlexaスキルを開発しました!/ ハンズラボエンジニアブログ

AWS Snowball / Snowball Edgeの東京リージョン利用可能、大阪ローカルリージョン2018年開設予定、渡邉さんの担当しているWorkSpacesのアップデート(クライアントデバイスを制御する新機能追加)等、多くの情報をまとめてお話してくださいました。

ユーザー企業の中の人が教える、海外カンファレンスのキモ

続いて凛々しい表情で登壇されたのはJAWS-UG東京の運営メンバーでもある高岡さん。エバンジェリストを経て、現在はユーザー企業でオンプレ、クラウド両方に携わるエキスパートです。ん?スライドに写っているのは・・・

いぬ。

なんと、MicrosoftのIgniteやGoogle Nextなどでは、麻薬を検知するなどの役割をもった犬が何匹も会場にいるのだそう。写真も見せてもらいましたが、犬もちゃんとカンファレンスパスを身につけていて、可愛らしかったです。

「なぜ、海外カンファレンスに行くのか?」と問いかけた高岡さん。Apple、Microsoft、Google、そしてAWSのイベントを「フロント(デバイス)系」と「ミドル、バック系」に分類して解説。参加して何を得られるかなどを明確にしておくためにも、こういった参加経験のある方のお話は貴重でした。

なお、Googleのイベントではユーザー企業(ベンダーではなく、GCPを利用している企業)が展示ブースを出している例がありました。ヘアケア製品などを扱うLUSHではバスボム(入浴剤)の配布をしていたそう。参加者の楽しみも増えますね。なお、実際にどのように技術活用しているかも解説してくれるそうです。

コンテナ支部からの使者が解説する海外カンファレンス

3人目の登壇はSUPINFの原さん。ServerlessConf NYや、DockerConなど、の海外カンファレンスに参加した経験をお持ちです。

原さんは、まず大きくカンファレンスの種類を分類してから解説していく形で、まずはどんな形でこのカンファレンス情報を知るのか、という点からスタート。招待メールがぽんぽん届くのか、SNSで自ら情報を取りに行かないと知らないままなのか、確かにこの点は大きいです。「どういうノリか」「どんな人が参加しているか」「日本人の数や割合は」「技術寄りかどうか」など、様々な視点でカンファレンスを斬って(?)くださいました。

日本にいたまま!AWS re:Inventを楽しもう

6年連続でAWS re:Inventに行けない(行かない?)ことが決定したAWSJ渡邉源太さん・・・会場が悲しみに包まれる中、「ラスベガスに行かない人向け re:Inventを100倍楽しむ方法」と題し、日本でre:Inventを満喫する方法を解説!優しさにあふれたセッションです。なお、今年のre:Inventは ももクロのライブと同じ 5万人規模なのだそうです。ももクロがすごいのかラスベガスがすごいのか・・・。

Keynote(基調講演)はこれまでも中継があったのですが、今年は Twitch も導入され、さらに中継されるセッションが増える予定とのこと。

また、JAWS-UG主催もしくはAWS公式のフォローアップイベントも多く開催されます。JAWS-UGイベントカレンダーAWS公式サイトをぜひチェックしてください。

なお、AWS Blog(アメリカ)を更新しているJeff Barr氏の髪色が・・・

とても鮮やかなパープルにupdateされていました・・・。

最後はじゃんけん!公式グッズを狙え

AWSJさんのご厚意で、公式グッズ(デニムバッグとノート)をいただきました!個数限定だったので会場全員で、渡邉源太さんとじゃんけんです。

当選者の方、おめでとうございました!

新ロゴ入りのデニムバッグはこんな感じです。(左:AWS Samurai 山﨑さん、右:筆者青木)

all photos by Tomoaki Yamashita さん Special Thanks!!

なお、今年もAWS re:Invent にハンズラボメンバーが行きます!現地からレポートしますので、お楽しみに!

AWS re:Invent 公式サイト

 

編集履歴:2017/11/13 渡邉源太さんの公開資料を追記しました。


  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!