AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

MBSハッカソン2017〜今こそ大阪がアツい!アイデアソン編〜


こんにちは、マーケティング担当の青木です。

2月に大阪で開催されたHack On Air〜MBSハッカソン〜に前回に続き、スポンサーとして参加してきました!

なんと今回はハンズラボのエンジニアも参加!

アイディアソンの様子については、AWSチームのエンジニア百木田がレポートしておりますのでぜひご覧ください。

MBSハッカソン 参加レポート ハンズラボエンジニアブログ

私からはスポンサーサイドの目線でレポートします!

# 写真は SendGrid中井勘介さん(@nakansuke)、Mashup Awards事務局(@mashupaward)さんのものを一部使用いたしました。ありがとうございます!

2月11日、アイディアソンDay

アイデアソンの会場は、大阪梅田にあります「関西大学梅田キャンパス KANDAI Me RISE」!昨年10月にオープンしたばかりだそう。関西人のワタクシ、驚きましたよ、ええ。関大さんすごいなぁ。普段は授業を行うであろうこの場所、この日はこんな感じ。

・・・大人たちがぎっしり。(注:学生さんも参加されていました)

なんと131名が参加!ものすごい熱気です!ちょっと真剣に酸素薄いです。エンジニアの参加者が多いこともあって男性比率が高いのでより熱がこもる気がします(?)

今回で3回目の開催。みなさん、このロゴはもう見た事がおありでしょうか??

スポンサー企業はこちら。この他にAPI提供企業が20社も!いや〜圧巻です。右下にちゃんとハンズラボのロゴも☆

スポンサーは横一列並びで、参加者のサポートをいたします。小型デスクトップ型ロボットのSota、可愛い。なんと4体も来てました。SHARPさんのロボホンもいましたよ〜

可愛い顔してるだろ、すごいだろ、ロボホンはプレゼンだってできちゃうんだぜ・・・。

Twilioおじさまお兄様の高橋さん。カメラを向けると即ピース。さすがっす。

ハンズラボが提供しましたのはこちら。マイコン・センサー類です!アイデアソン当日、「どれどれ〜」と見に来てくださった方ありがとうございます!

そしてハンズラボお隣さんはmyThingsエバンジェリストの山本さんでした(あいうえお順で「ハンズラボ」の次が「Yahoo!」さん)。さすがエバンジェリスト、OAタップやコネクタなどたくさんグッズをお持ちで、大変お世話になりましたm(__)m 参加者の方にも自社サービスのことだけでなく積極的にアドバイスされていました。

写真右がmyThingsエバの山本学さん。左はワタクシ青木です。

API提供企業やハンズラボは、それぞれ自社のAPIやサービスについて参加者に向けてショートプレゼンを実施。私からもマイコン・センサーや、ハッカソン本戦で提供する「癒しグッズby東急ハンズ」についてお話ししました。

初参加の方も多かった今回、ファシリテーターはおなじみの リクルート Mashup Awards プロデューサー、伴野智樹さん!

伴野さんは参加者で埋め尽くされた会場を奥まで周り、みなさんを暖かい言葉で導いてくれます。「ここに注意してください」「こうするとより良くなります」と声をかけられて、緊張感がいい感じで溶けていく会場。普段仕事では使わない部分の脳を刺激して、参加者からアイデアを出てくるように寄り添ってくださいます。

初参加のハンズラボメンバーも、すっかりスイッチ入ってます!

なんとハンズラボメンバーのところへゲスト参加者の池澤あやかさんが!Rubyの女神にみんな目が釘付けです。なお、私も釘付けでした。(この写真、見事に全員のが身を乗り出して池澤さんを凝視している・・)

そして今回、アイデアソンの審査員として参加のCEO長谷川!堂々と半袖で登場(?)です。会場そんなに暑かったかなぁ・・・。

通称西のフィクサー、cloudpackの比企さんと、ハンズラボCEO長谷川

豪華な審査員!プレゼンテーションはわずか2分半!さてどうする?

初めて会った参加者同士でのアイデア出し、アイデアの人気投票、そしてチームビルディング。そしてだんだんと審査が行われるプレゼンタイムが近づきます。

審査員はなんとも豪華なこの5名のみなさま。左から、厚切りジェイソンさん、MBS三村さん、さくらインターネット田中さん、ハンズラボ長谷川、はてな栗栖さん。厚切りジェイソンさんはIT企業の執行役員、あとの4名のみなさまは全員が社長という、なんとも圧力がかかる審査!(しかし雰囲気は和やか)

だんだんと発表の時が近づく中でも、場を和ませ、盛り上げてくれたのがゲストのラフ次元さん!左がバイソンさん・・・ではなく梅村(うめむら)さん、右が空(そら)さんです。お二人ともIT経験などは特にないようでしたが、アイデアソンにがっつり参加されていました!

声量や話すスピードが適切で、プレゼンが本当にお見事。すっと耳に入ってきます。さすが芸人さん!下記の写真は左から2番目が空さんです。

問われる絵心、迫る制限時間、低音ボイスのシステム説明

プレゼンでは他にもたくさんの気づきが。とにかくみなさん、やたらと絵がうまい・・・!プレゼンは、PCでの作成ではなく手書き指定。これは真の絵心とセンスが問われます。スケッチブックをイーゼルに立てかけてめくり芸を披露していくみなさんでしたが、緊張していてもちゃんとこなせるのはさすが関西!!

個人的には、システム説明になると大体声が低めの人が登場するのがツボでした(本当にほぼ全チームがそうだった気が・・・)。また、プレゼン時間が2分半という短いため、最後まで説明しきれないチームもちらほら。審査員に良さを伝え評価をしてもらうためにも、プレゼンの練習はキモですね。

ロボコック、可愛いですね〜ロボホンとSotaにそっくり!

MBSの名物キャラクター、らいよんちゃん(4チャンだから)。これそのまんまです。

審査員からは「これは本当に1週間で作れる?」「AIではこういうことって可能なの?」など鋭い質問が飛び交います。さくらインターネット田中社長、弊社長谷川からの「これって実現できるんですかね田中さん!」という急なブーメランを「急にきましたね〜」とにこやかに受け止めてくださりありがとうございました(涙)

約2時間かけて26チームのプレゼンが終了し、審査へ。ハッカソン本戦への進出を決めたのはこの8チームでした。

2月18日(土)、19日(日)はハッカソン本戦。

さて優勝するチームはどこなのか!?私青木も再び大阪入りし見守ります!本戦編もUP予定ですのでお楽しみに!

おまけ:企画担当のFilament角さんと、長谷川のツーショット。お疲れ様でした!