AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

Pick Up Vol.23〜『ThirdLove』体験レポート〜


こんにちは、NY在住ライターの公文紫都です。
今日はEコマースでブラジャーを購入する際悩みがちな「サイズ」や「フィット感」をアプリで解消してくれるサービス『ThirdLove』をご紹介します。

スクリーンショット 2017-01-24 14.14.20

ThirdLoveは、2013年にサンフランシスコでスタートした、女性用下着をオンラインで販売する会社です。
それまで米国で下着といえば、「男性目線でのセクシー」を売りにしてきたVictroria’s Secretが中心でしたが、ThirdLoveの共同創業者であるHeidi Zak氏はここに疑問を持ち、「あなた(女性)のためのセクシー」で、快適で、学校や仕事、そして母親として忙しく活動する現代女性の生活をサポートする下着を提供したいと、Googleを去り自ら会社を創業しました。

そうしてできたのが、アプリを使ってユーザーの胸のサイズを測定し、ピッタリフィットするブラジャーを見つけ、提供するThirdLoveのサービスです。

女性が店頭でブラジャーを購入する時、多くは試着室にフィッティング担当の女性が入ってきて、その女性の前で服を脱ぎブラジャーの上からサイズを計測されます(服の上から計測されることもあります)。

そして計測してもらったサイズに従い下着を選び、本当にそれがフィットしているのかフィッティング担当の女性と一緒に確認していくわけですが、だいたいこの時、「脇に流れているお肉もカップの中に入れましょう!」と言われ、女性の手がブラジャーから胸の脇にはみ出たお肉に移動し、そのお肉を引っ張るように、ぐぐぐっとカップの中に引き戻されます。これがなかなか痛い上に、そこまでしていただきすみません……となんだか切ない気分になるります。

初対面の女性にこうされることに抵抗がない人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか? 私は正直、これがイヤで仕方ありませんでした。

こうしたイヤな気持ちを抱えながらも、なぜ他人にフィッティングをしてもらわなければいけないかというと、以前購入した時のサイズが必ずしも今回も同じとは限らないのと、自分で測るとだいたいサイズミスが生じるので、プロに任せた方が圧倒的に正確に測れるからです。

胸はちょっとした体重の変化や年齢などによって、サイズや形、位置が変化すると言われています。でも「計測がイヤだから……」とそれを飛ばし、間違ったサイズのブラジャーを着け続けていると、肩こりの原因になったり、胸が垂れやすくなったりと色々な問題につながります。

こうした体への悪影響を避けるため適切なサイズのブラジャーを付けることが大事なのですが、やっぱり店頭で買うのはどうも好きになれない。
かといってEコマースで購入しようにも、自分で測ると正確じゃないしなぁとずっと悶々していたら、ThirdLoveと出会いました。

ThirdLoveは専用スマホアプリを使い、胸のサイズを測る画期的なしくみを提供しています。それでは、ここからは使い方です。

まず、バンドサイズ(アンダーバスト)を選びます。その次に今使っているカップのサイズを選びます。それらを選んだら、今のカップサイズよりも「大きくなりたいか」「小さくなりたいか」「現状のままでいたいか」を選択します。

Photo Jan 24, 1 23 52 PM

ここまで終わったらいよいよ計測です。

ブラジャーを着け体にピッタリフィットするタンクトップを着たら、長い髪の毛の人は結び、iPhoneケースを外します。
それから、鏡の方にカメラが向くようにiPhoneをおへその辺りに当て、両腕を曲げます。音声が「もう少しカメラを上向きに」などと指示してくれるので、それに従って位置を調整していると、「では撮影します」と自動で撮影モードに入ります。

Photo Jan 24, 1 27 29 PM
今度は体を横向きにしiPhoneをおへそから2.5cmほど離し、再び鏡にカメラを向けて撮影します。

Photo Jan 24, 1 34 50 PM

それぞれ撮影が終わると、青い点線で囲まれた四角が出てくるので、そこに画像の中にあるiPhoneの位置を合わせます。
その後に直線も表示されるので、そこには胸のトップを合わせます。

これらの工程が終わると、計測したブラジャーサイズが表示されます。
あとは、すぐにそのサイズの商品が買い物できるようになっているので、好きな商品を選んで購入すればおしまいです。(※下の画像はアカウント内にある履歴を撮影したものです。計測後に表示される画像には右下にショッピングサイトへ遷移するボタンが表示されます)

Photo Jan 24, 2 07 58 PM

ちなみに私は、なぜかアンダーバストのサイズを大幅に間違って入力してしまい、届いた商品は、信じられないほど窮屈でした。。。
すぐに交換処理をするためカスタマーサポートに連絡し、「このサイズのものと変えてほしい」と伝えると、「あなたの交換依頼の情報から推測するに、アンダーバストはきつすぎるけどカップがピッタリということは、こちらのサイズにした方がいいと思うけれどどうしますか?」と提案が。

プロがそう言うならと、その提案通りサイズを変更し届けてもらうと確かにピッタリ! すごい!

そして着てみると、これがまたものすごく自然…! 盛りすぎることはないけれど、適度に膨らみはあってと、まさに私の理想の形でした。

ちなみにThirdLoveは「全ての女性が毎日快適で自信を持てるようパワーを与えること」を使命にしており、2013年から、下着を必要とする全国の女性に100万ドル以上相当の下着を寄付してきたそうです。

ピッタリフィットしたブラジャーで毎日快適に過ごし、自分らしく輝けるように。
従来の「男性視点でのセクシー」を見直し、「本来のセクシー」の意味を一人ひとりの女性が見つけられるように。

ThirdLoveが下着販売を通じて訴えることは、多くの米国人が「女性の権利」についてより深く考えている今、強いメッセージとして受け止められそうです。


  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!