AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

Pick Up! Vol.19 平日限定、お得に近所のランチが楽しめる『MealPal』体験レポート


こんにちは、NYから米国のEコマース情報をお届けしているライターの公文紫都です。
今日ご紹介するのは、外食代が信じられないくらい高くつくニューヨークのオフィスワーカーにとってありがたいウェブサービス『MealPal』です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-14-35-53

ニューヨークでレストランに入って外食をしようと思うと、ランチでも大体一品12〜15ドル程度します。それにドリンク代、税金とチップが加わり、気づけばランチ1回で20ドル以上なんてことも普通に起こります。
たまの外食ならいいですが、毎日ランチを必要とするオフィスワーカーにとっては大問題です。

もちろん、お手頃価格でテイクアウトできるようなお店もありますが、美味しいところはたいてい長蛇の列ができているので、手に入れるだけでも一苦労。
そこで使えるのが、美味しいレストランのランチが平日限定でお手頃価格でテイクアウトできる『MealPal』です。

MealPalの仕組みはとてもシンプルで、まず会員登録時に住所(オフィスや自宅など)を入力します。すると位置情報を使い近場のレストランがリコメンドされるので、その中から(または時間があれば少し遠くまで取りに行くという選択肢も)気分に合わせてランチを選び、直接お店に取りに行けばおしまい!

「野菜好き」「肉好き」「よく食べる」「少食」などのプロフィールを登録しておけば、よりそうした好みに合わせたラインナップでリコメンドしてくれます。

2016-09-19-18-45-11 2016-09-19-18-45-21
特に好き嫌いが分かれがちなビーツやケールなどは食材単体での好みも聞かれます。日本食関連では、「豆腐」「海苔」「枝豆」の好みを聞かれました。

2016-09-19-18-45-34

2016-09-19-18-46-30

コースは30日サイクルの期間、平日に最大12日分まで注文できる『LUNCH A BUNCH』と、20日分注文できる『LUNCH EVERYDAY』とあります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-17-00-26

 

提供しているエリアによって価格が若干異なり、ニューヨークでは『LUNCH A BUNCH』が一食あたり6.39ドル、『LUNCH EVERYDAY』が同5.99ドル。
これがボストンでは、『LUNCH A BUNCH』が一食あたり5.39ドル、『LUNCH EVERYDAY』が同5.19ドル

そのレストランで普通にテイクアウトする価格の約半額ですから、こんなに有り難いことはありません。

私が住んでいるマンハッタンのユニオンスクエア付近では、このようなお店のラインナップになっています。

2016-09-19-18-38-33エリアを限定しなければ対象店舗自体はこんなにたくさん!

2016-09-19-18-37-41日頃からよく使っているお店もあれば、知らないお店もたくさんあるので、物は試しにといろいろ味わえるのもこのサービスの良いところです。

その中から気になるメニューを選び、前日の夕方5時から当日の午前9時30分までの間にオンラインでオーダーを入れます。

2016-09-19-18-38-45あとは、15分間隔でピックアップ時間が選択できるようになっているので、それを選びます。

2016-09-19-18-39-42時間ピッタリに渡せるよう事前に作っておくお店もあれば、私が以前からよく好きで使っているクロックムッシュのお店は、客が店に来たのを確認してから作り始めてくれました。さすが味にこだわりがあるお店だけあって、こうした心配りが嬉しいです。作り置きではない分多少並びましたが、10分もかからず受け取ることができました。

MealPalは事前に選んだコースに合わせて合計金額を支払う&事前注文の仕組みを採用しているので、参画している店側からすると、MealPa経由での売上と用意しておくべき数量が明確というのが利点です。また1店舗辺り1つのメニューを提供するので、その点でも事前に準備しやすいと思われます。

顧客側は、メニューが限定されているとはいえ半額近いとあれば、これは使わない手はないと思います。ただし外回りが多いなど、確実に12回以上使えるか明らかではない人には向いていないので、使えるユーザー層は限られそうです(テイクアウトなので食べる場所が必要です)。

最近は友達紹介キャンペーンで、紹介した側もされた側もAmazonの20ドルギフト券をプレゼントのような太っ腹企画も展開しており、これからますますサービスの対象エリアや店舗が拡大していく予感がします。

MealPalは以前は、MealPassという名前でしたが、9月に『MealPal』に名称変更しました。
こちらの記事によると、新しくなった同サービスは米国の人気デートアプリ『Tinder』に敬意を表し、食材を「好き」「嫌い」とスワイプして(振り分けて)、『Pal(=友人/ユーザー)』が本当に好むレストランを選べるようにしたいという狙いがあるようです。

私はMealPalを使い始めて、早速2巡目(12回コース)に入ったところです。MealPalのおかげで、近所にある美味しい中華料理店を発見できたので、これからもこうした新しい出会いを求めて使い続けていきたいと思います!

2016-09-20-12-59-22