AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

越境ECなるもの?「TechLION vol.24〜EC・決済最新動向に迫る〜」に参加しました


freetalk_001

こんにちは、青木です。

本記事は、ハンズラボブログ Fintechって?「TechLION vol.24〜EC・決済最新動向に迫る〜」に参加しました の続きです。

「TechLION vol.24〜EC・決済最新動向に迫る〜」3つめのセッションは、アクトツーの加藤さん。

スライドはこんな感じだったのですが…↓

techlion_softwareec

Macアップデートしたら今まで使ってたフォントが消えてしまい、フォントがかわいくなってしまったそうで…なんともチャーミングな加藤さんです。確かによく見ると、なんとなく秋葉原でよく見るフォントです。

“越境EC”とは?

加藤さんの講演テーマは「越境EC」。ハンズラボエンジニアアブログでも、エンジニア井上が越境ECについてブログを書いております。

BuySmartの導入で越境ECを簡単にはじめる

登壇タイトルは「WorldwideなソフトウェアECついて」。まずは現状と、最近の動向から見ていきます。

softwareec_001

各プラットフォームがダウンロードサイトを用意している状況。コンシューマーは直接ダウンロードする形となっています。コンサル要素が強くなったポジションでディベロッパーとユーザーの間に存在しています。

問題点は、「売りたいのに目立たない」!

ただ、上記のような「メジャーなプラットフォームに頼ると成果が出ないことがある」と加藤さん。自社が出しているサイトが上位にくるし、マーケティングにもならない…と嘆く担当者もいるそう。ここで、自社のプラットフォームを持つべき、という流れが発生してきます。

自社サイトをつくるときの注意点

act2_002

「ECの仕組みをつくるだけではダメ」という加藤さん。

例として、DigitalRiverという会社の事例をお話しされました。歴史は古く、リーズナブルな価格体系になってきている為、イニシャルコストを非常に安くできる。サブスクリプション対応もしているそう。

越境PCのポイント

  • メジャーな通貨はほとんど対応している
  • 国によったtaxの計算をやってくれる
  • アプリ内課金

このあたりがポイントになってくるそう。

前述のDigitalRiverは世界で一番老舗で、北米ではかなり使われているとのこと。こういったサービスを使うことで、つくるほうに専念できるし、売る場は提供してもらえるので「十分メリットがある」と加藤さん。

ECの仕組みをつくるだけでうまくいくわけではない

act2_005

自社サイトにECの仕組みをつくるだけで成功!な訳ではありません。結局誰かがPRをやらねばならず、テクニカルなサポートが必要になります。

ポイントとして、「最初っからワールドワイドに対応するということを頭にいれて設計する」と加藤さん。例えば外国語ネイティブの方を採用する…というのも一つです。

メジャーなプラットフォームも使うメリットはあり、マイナス面もあります。できれば自社でダウンロード販売できる仕組みをつくること。でも、「最後はユーザーに訴求するコンテンツをどこまでつくりこめるかにかかっている」という言葉でセッションは締めくくられました。

フリートーク

最後のセッションは、登壇者全員を招いてのフリートーク。司会の法林さん、馮さんが引き続きモデレータです。そこで出た意見をざざっとまとめております。

freetalk_001

ECサイトどこまで自前でやる?

freetalt_002

  • 安いところで買う、というのは変わってきているかも
  • うまく使い分けているところが多い?
  • どこまで自前でやるのか?業界スタンダードを知る分には大手モールを経験しておくのがいいかも 攻撃もされると思うが…
  • 自社サイトをセキュリティ対策するの大変では?
  • ログにクレジット番号出ちゃってた ECから流出
  • 自社に保存していなくても、とりあえずログに…となり起こってしまった。エンジニア的に。
  • 自前で決済持たないようにしている。
  • 何か(流出)やってしまった→PCISSの資格をとる、という流れ
  • 決済システム疲れ・・・サブスクリプション。継続課金のためにcron回して毎月とっていかないといけない。このへんを自社でやると責任重い
  • お客さんにcron回させたら負け!
  • サブスクリプション ユーザーが慣れてきちゃってる。使いたいときだけ使ってやめればいいや的な。
  • サービスEC。ものが継続で毎月送られてくるとかそういうのが多い
  • ユーザーの経験値も見ていかないと難しいかも。

ビットコイン、日本ではやる?

freetalk_003

  • もうちょっと時間かかるのでは?新しいものにとっつきづらい文化があるからかも。
  • Facebookがビットコインみたいなものをやるかも
  • 国を超える通貨。いかに安全性を担保するか 悪いイメージを払拭するか。
  • ある種のDRM
  • 例えば、電子書籍は友達に渡せない…ブロックチェーンを使って渡せるならよい。ここで流通ができるのでは?
  • デジタルデータが自由を獲得する手段、それが越境コインか。

「決済システムの選び方」については席を外していた為メモが取れず…申し訳ありません!

freetalk_006

越境ECのこれから

freetalk_004

  • ブロックチェーンを学ぶにはどうしたらいいか→自分で取引所をつくるw
  • 二の足を踏む会社と、進んでいく会社と分かれると思う
  • 何が起こるかわからないから躊躇する…
  • 不正対策が問われる
  • 今まで海外から買う、という意識だったが、これからは”出してお金をもらう”(例:BUYMA)それが越境EC。

ECが拡大するには

freetalk_005

  • 買うしかない!!!!
  • 安全性が保たれるかどうかが重要
  • ほけんの窓口などのモデルがある
  • 「dマガジン」はやっている。よいサービス?があれば発展する。
  • メルカリなど物販の領域に入っている

ラストは抽選会

janken

book_techlion

なんと私、「はじめてUNIXで仕事をする人が読む本」が当たりました!ありがとうございます!

次回TechLIONは5周年!4/13(水)開催です。下記TechLIONサイトで詳細をチェックしてください。

今日でTechLION旗揚げ5周年!そしてvol.25の演題はこれだ!

ちょうどこのブログをUPした今日3月31日が5周年だったのですね。おめでとうございます!

これからもハンズラボは勉強会へ出かけます(^^)


  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!