AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

作者別: 公文紫都

【Pick Up! Vol.26】〜Dollar Shave Club体験レポート〜


こんにちは、ニューヨーク在住ライターの公文です。最近のニューヨークは突然春みたいな暖かい気候になったと思ったら、また急に気温が下がり雪が降ったりと変な天気が続いています。
私はくしゃみが止まらず、すっかり花粉症にやられています……。

さて今日は、ひげ剃りの話題をお届けしたいと思います。
ひげ剃りマーケットいえば、長年Gilletteを中心とした大手企業が圧倒的な市場シェアを誇ってきましたが、米国ではここ数年その様子が変わってきています。

この記事にとても分かりやすくまとまっているので、詳しくはこちらを参照いただきたいのですが、「Dollar Shave Club」というスタートアップが登場したことで市場を転換したというお話です。またその後、「Harry’s」というスタートアップも生まれました。

両社とも、それまで当たり前とされてきた慣習を壊し、「替刃を従来よりもうんと安い値段で、ECで販売する」ことで、ユーザーの支持を集めてきました。

今日は、Dollar Shave Clubの体験レポートをお届けします。Harry’sも試しているので、そちらも後日レポートをご紹介したいと思います。

こちらはトップ画面。

どーんと目につく動画は、Dollar Shave Clubを一躍有名にしたもの。コミカルかつシンプルにサービス内容を紹介するとともに、ユーザーがそれまで抱えていたであろう「従来のカミソリに対する不満、そして何を望んでいるか」を見事なまでに表現したこの動画は超バズり、前述の記事によると、2日で1万2千件の注文を集めたそうです

続きを読む 【Pick Up! Vol.26】〜Dollar Shave Club体験レポート〜


【Pick Up Vol.25】〜Amazonの食材&レシピ販売サービス『Tyson Tastemakers』体験レポート〜


こんにちは、米国のEコマース情報をご紹介しているNY在住ライターの公文です。
今日は、昨年5月にアナウンスされて以来いつスタートするのだろう? と注目していたAmazonの”Blue Apron風サービス”の体験レポートをお届けします!

サービスは、「Tyson Tastemakers」という名前で、米国の大手食品加工業の「Tyson Foods」と共同で行っています。
両社はAmazon Freshを通じたパートナー関係にありましたが、このたび協業関係を拡大し、Blue Apronのような、レシピと食材を自宅に届けるサービスを開始しました。

サービス開始に際し大体的なアナウンスがなかったと思われるので、ある日普通にAmazon Prime Nowで買い物していたら見つけ、大慌てで試しました。(私が気付いていなかっただけだったらごめんなさい…)

続きを読む 【Pick Up Vol.25】〜Amazonの食材&レシピ販売サービス『Tyson Tastemakers』体験レポート〜


Pick Up Vol.24 〜『GLAMSQUAD』体験レポート〜


こんにちは、ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。
今日は自宅にプロのメイクさんやネイリストさんを呼べる『GLAMSQUAD』というサービスの体験レポートをお届けします。

自宅にプロを呼ぶってセレブ向けのサービスじゃないの!? という気がしますが、GLAMSQUADは一般人でも気軽に利用できる良心価格設定。

多少サービス内容に制限はありますが、自宅でキレイにしてもらえるなんてお姫様みたい! と少女に戻った私(笑)は、期待に胸を膨らませ「ネイル」を試してみることにしました。

トップ画面▼
スクリーンショット 2017-02-09 13.24.12

GLAMSQUADには「HAIR」「MAKEUP」「NAILS」と大きく3つのサービスがあります。
スクリーンショット 2017-01-16 12.40.33

HAIRには髪の毛を切るというオプションはなく、整えたり結ってもらえたり。
こちらもニューヨーカーに大人気の『drybar』(髪を切らないスタイリング専用美容室)の自宅版というイメージでしょうか。

MAKEUPはいわゆるお化粧で、レッスンタイプのものもあります。

私が試したNAILSにはいくつかサービスがありますが、デザイン性のある仕上がりにしたかったので、『NAIL ART』を選びました。

続きを読む Pick Up Vol.24 〜『GLAMSQUAD』体験レポート〜


Pick Up Vol.23〜『ThirdLove』体験レポート〜


こんにちは、NY在住ライターの公文紫都です。
今日はEコマースでブラジャーを購入する際悩みがちな「サイズ」や「フィット感」をアプリで解消してくれるサービス『ThirdLove』をご紹介します。

スクリーンショット 2017-01-24 14.14.20

ThirdLoveは、2013年にサンフランシスコでスタートした、女性用下着をオンラインで販売する会社です。
それまで米国で下着といえば、「男性目線でのセクシー」を売りにしてきたVictroria’s Secretが中心でしたが、ThirdLoveの共同創業者であるHeidi Zak氏はここに疑問を持ち、「あなた(女性)のためのセクシー」で、快適で、学校や仕事、そして母親として忙しく活動する現代女性の生活をサポートする下着を提供したいと、Googleを去り自ら会社を創業しました。

そうしてできたのが、アプリを使ってユーザーの胸のサイズを測定し、ピッタリフィットするブラジャーを見つけ、提供するThirdLoveのサービスです。

続きを読む Pick Up Vol.23〜『ThirdLove』体験レポート〜


Pick Up Vol.22〜『Home Chef』体験レポート〜


ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。
本年も米国のEコマース情報をお届けします。

2017年第一弾は、以前ご紹介したオリジナルレシピ&材料が自宅に届く「Blue Apron』の対抗馬、『Home Chef』のサービスについてご紹介します。

スクリーンショット 2017-01-19 14.05.09

Blue Apronはニューヨーク発のスタートアップで、創業は2012年。
対するHome Chefはシカゴ発のスタートアップで、創業は2013年。

『recode』の2016年10月2日付けの記事によると、Blue Apronの年間売上は10億ドルを上回るペースで成長しており、上場準備に入っているとのこと。

一方Home Chefは、2016年9月30日付けの『internetRETAILER』によると、2015年のオンライン売上は1,040万ドルで、前年の2014年の40万ドルから大きく伸びたそうです。

『Blue Apron』と比較するとまだまだ規模は小さいですが、2016年9月に、シリーズBで同社過去最大となる4,000万ドルの資金調達を実施するなど、堅調に事業を拡大しています。

基本的なしくみはBlue Apronとよく似ているので、まず2社のサービスの違いについて言及してからHome Chefの体験レポートをご紹介します。

続きを読む Pick Up Vol.22〜『Home Chef』体験レポート〜


  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!