AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

123

作者別: やつづかえり

長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第47回 株式会社ロフト取締役 執行役員 オムニチャネル推進室 室長 ブランド営業部担当 内海 芳雄さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、エンタープライズ系エンジニアが元気に働ける方法を探し、IT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。第47回のゲストは、株式会社ロフトでオムニチャネルへの取り組みを牽引する内海芳雄さん(取締役 執行役員 オムニチャネル推進室 室長 ブランド営業部担当)です。世間からはライバルと目されることの多いロフトと東急ハンズの違いや共通点、リアルな店舗を持つ小売店としてのオムニチャネルやECへの取り組みなどについてじっくり語り合いました。

ECやSNSについて情報交換し合う仲

内海: 長谷川さんは、僕の憧れの人なんです。

長谷川: やめてください。変な汗出てきますから!

内海: うちがインターネットとかオムニチャネルとかやり始めたのが3年前ですかね。そのときにまずは身近な、MUJIの奥谷さん(元・株式会社良品計画、現・オイシックスの奥谷孝司氏)やタワーレコードの前田さん、キタムラの逸見さんに色々教えてもらって、それから東急ハンズさんにも。直接長谷川さんのところに伺うツテがなかったので、まずは甘糟さん(当時東急ハンズのEC課)、緒方さん(元・東急ハンズのEC課、現・中川政七商店CDO執行役員)のところに聞きに行きました。長谷川さんとは、講演会をされたときにご挨拶したのが最初で、2年前でしょうか?

長谷川: そうでしたね。その後はこの業界のゆるい集まりなんかで何度かお会いしていますね。奥谷さんが内海さんについて、「ちゃんとした会社に勤めている上級役員の方で、みんなと接するときにあれほど腰が低い人はいない」と言っていましたが、本当に、こういう場にすっと出てきて交流される方はなかなかいないです。

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第47回 株式会社ロフト取締役 執行役員 オムニチャネル推進室 室長 ブランド営業部担当 内海 芳雄さん


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第45回 ANAシステムズ株式会社 代表取締役会長 幸重 孝典さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、エンタープライズ系エンジニアが元気に働ける方法を探し、IT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、78年に全日本空輸(ANA)株式会社に入社し、インターネットの黎明期からeコマースやサービスのIT化に取り組んでこられたANAシステムズ株式会社の幸重孝典さん(代表取締役会長)です。実はパイロット試験を受けたことがあるという飛行機好きの長谷川が、気になっていたあれこれをたっぷりお伺いさせてもらいました。

ApplePay日本上陸!米Appleとコミュニケーションを密に取っているANA

長谷川: 先日Apple Payが日本で使えるようになることが発表されましたが、ANAさんのロゴもしっかり出ていましたね。あれはやっぱり、前々からANAさんがApple社に対して「Apple Payが日本に来たあかつきにはぜひ…」という話をしていたんですか?

幸重: そうです。Appleとは以前からコミュニケーションをとっています。日本支社もそうですが、アメリカの方とも。だからアメリカでプリペイドのサービスが出たときから、「日本はいつなの?」という話はしていました。

yukishigesan_001

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第45回 ANAシステムズ株式会社 代表取締役会長 幸重 孝典さん


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第43回 株式会社KUFU(SmartHR)代表取締役 宮田昇始さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、IT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、会社の労務手続きを自動化するクラウドツール「SmartHR」が話題の株式会社KUFU宮田昇始さん(代表取締役)です。社長の月給が25万、仕事がない時期もあったという創業期から、「SmartHR」で数々の賞を受賞するにいたるまでの道のり、そして今後の展望を語っていただきました。

大病をきっかけに「好きなことをしよう」と起業

長谷川 僕が御社のことを知ったのって、たぶんFacebookで知り合いがシェアしたニュースか何かでだと思うんですよね。IVSの「Launch Pad」(ベンチャーキャピタルのIVPによる、スタートアップの登竜門と言われるコンテスト)で優勝されたんでしたっけ?

宮田 そうです。今年の5月に優勝しました。「SmartHR」は他にもいくつかのイベントで優勝しているんです。

IVSLaunchPad

「Launch Pad」での受賞時の様子。(Infinity Ventures Summit Facebookページ より
※この他、B Dash Camp 2016 Spring Fukuoka のピッチアリーナ、TechCrunch Tokyo 2015でも優勝されています)

長谷川 こういう、今でいうクラウドサービス、昔でいうASPの世界って、ホントいいですよね。特に僕はどちらかというとBtoB中心にやってきた人間なので、BtoCもいろいろ出てきていますけど、BtoBの破壊力というのは半端ないなと思っているんです。こういうサービスがあると、会社が何千万だの何億だの払ってやっていたあの世界は一体何だったんだ? となりますよね。だからすごく応援したいし、うちの会社もそういうのを作っていきたいので、追いつきたいし、憧れもある……、そんな感じで見ているんです。

宮田 ありがとうございます。

長谷川 創業されたのは、いつなんですか?

宮田 まず、会社をつくったのは3年半程前です。ちなみにSmartHRは、サービスをローンチしてからまだ8カ月ぐらいです。

SmartHR

社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド型ソフトウェア「SmartHR」
 https://smarthr.jp/

長谷川じゃ、SmartHRの開発期間が1年くらいだとしても、約2年ぐらいは違うことをしていたと。

宮田 はい、最初の2年間は違うことをやっていました。

長谷川 今の会社の前は何をされていたんです?

宮田 インターネット系の会社で、Webディレクターみたいな仕事をしていました。ところが、サラリーマン時代に結構でかい病気をやりまして。「ハント症候群」という珍しい病気なんですが、顔面麻痺、聴覚障害、味覚障害、三半規管麻痺で車椅子生活になってしまったんです。

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第43回 株式会社KUFU(SmartHR)代表取締役 宮田昇始さん


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第42回 株式会社アイスタイル取締役 兼 CFO 菅原敬さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹がIT業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、@cosme を運営するアイスタイルの創業時から関わり、現在は投資会社も経営する菅原敬さん(取締役 兼 CFO)です。実は「IT酒場放浪記」のきっかけにもなったという菅原さんとのお話は、創業秘話からシステム開発の組織づくり、美容業界の変革への思いまで多岐に渡りました。

アイスタイルの創業を手弁当でサポートし、5年後に正式ジョイン

長谷川 菅原さんは、どういう経緯でいつ頃アイスタイルにジョインされたんですか?

菅原 アイスタイルの社長の吉松とは、同じ96年にアクセンチュアに入社してるんですよ。入社2年目に、僕がアサインされていたプロジェクトに吉松が入ってきて、そこで一緒になったんです。僕らのひとつ下には、今は投資家で2000年頃はビットバレーブームの中心にいた松山太河という奴がいて、「もうコンサルティングなんてつまんないから、ネットベンチャーやりましょうよ」なんて話をしていたんですね。それで吉松もネットエイジという会社にボーナスを突っ込んで投資したりして、徐々にIT起業家のコミュニティに入って行き……。

長谷川 それで、「コンサルなんてやめちまおう」と?

菅原ちょうどそのころ、吉松の友人の山田メユミという女性が伊勢半という老舗の化粧品メーカーで働いていて。山田はコスメの開発やブランドの立ち上げをやっていたんですけど、自分も化粧品大好きだし、仕事でもプライベートでもいろんなメーカーの化粧品を使うので、その感想文をメモしていたんです。それを「週刊コスメ通信」というメルマガで配信し出すと、半年くらいで5,000人くらいの読者が付いたんですね。

長谷川 5,000人はすごいですね。

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第42回 株式会社アイスタイル取締役 兼 CFO 菅原敬さん


長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第39回 ロクシタンジャポン株式会社代表取締役社長 西口一希さん


ハンズラボCEOの長谷川秀樹が、エンタープライズ系エンジニアが元気に働ける方法を探し、業界のさまざまな人と酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、P&Gとロート製薬においてブランドやマーケティング分野で実績を残し、2015年4月に現職に就任したロクシタンジャポン株式会社の西口一希さん(代表取締役社長)です。長年の経験で培われたマーケティングに対する考え方から、経営者としての役割、今後のキャリア観まで、じっくり伺いました。

ブランドは創業者の強い思いと
技術的なブレークスルーから始まる

長谷川西口さんと最初に知り合ったのは、「ブランドサミット」ですね。僕は最後のパネルディスカッションで「ブランドってそんな小難しく語ることなのかな?」というのを言いまして。「ブランドの戦略、コンセプトやミッションだとか、色々と難しいことを言うけど、もしロゴを見せずにCMだけ見せたらどこの会社って分かるの?」というのを、他の外資系のブランドマーケの人たちにポロッと言っちゃったんですよね。

西口その前の2日間くらい 「ブランド大事だよね」という話を散々してきた最後にぶっちゃけたもんだから、会場が凍りましたよね(笑)。僕が「その通り!」と手を叩いたら、周りから怒られましたけど、すごく共感しましたよ。

sakaba38_02

続きを読む 長谷川秀樹のIT酒場放浪記 第39回 ロクシタンジャポン株式会社代表取締役社長 西口一希さん


123
  • IT酒場放浪記 記事一覧
  • エンジニア募集中!