AWS活用事例、メディア・セミナー情報などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

作者別: handslab

【連載!中国の小売・サービス事情vol.11】新小売に課題を残したアリババの独身の日


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

最高売上を記録したが…

2018年の双11(※11/11の独身の日のこと。シュワンシーイーと読む)が終了した。今年のアリババの売上は2,135億元(約3.5兆円)・対前年+26.9%となり、成長率はこれまでより鈍化したものの過去最高売上を達成した。この額には事前の予約購買等、様々な売上を合算していると想像されるが、いずれにせよ凄まじい売上規模である。

アリババの独身の日の売上推移(筆者作成)

続きを読む 【連載!中国の小売・サービス事情vol.11】新小売に課題を残したアリババの独身の日


エンタープライズでAWS化を実現した東急ハンズの事例


エンタープライズでAWS化を実現した東急ハンズの事例

 

株式会社東急ハンズ

 

「ここは、ヒント・マーケット」をコンセプトに、お客様の暮らしに根ざしたベーシックな商品をはじめ、多様なご要望にお応えするための商品を幅広く取り揃えています。すべての商品をお客様の生活を豊かにするための「素材」であると考え、お客様のご要望に何とかしてお応えしたいという思いで、豊富な「素材」を蓄えてきました。これら豊富な素材こそが「ハンズの商品力」。この商品力によって、東急ハンズならではのモノやアイデア、生活のヒントを発見するよろこびを、お客様一人ひとりに感じていただきたいと考えています。

https://hands.net/

 


 

■ 東急ハンズシステム全体の概要図

ハンズラボでは、同社の基幹システムを始めとし、POSレジ、PDA、アプリ、ECサイトと

AWSを活用した、幅広い分野に適応できる技術力と実店舗による経験、ノウハウがあります。

 


■AWS 構成図(一部概要)

東急ハンズでは、オンプレミス、他ベンダーシステムを利用しておりました。2013年に子会社として発足したハンズラボが、2017年度にPOSシステムの開発、2018年度にすべてのシステムのAWS化を実現いたしました。


 

■AWSを活用したことによる大きなメリット

  • 当時は各業務サーバーがバラバラに設置されていたため、AWSの活用により運用監視などの負担が軽減されました。
  • AWSを活用したことにより、システム全般の費用が減り、その分積極的な採用へとつながりました。
  • 業務とシステムの両方に精通する社員が多数おり、限りない業務改革のスピード感を実現できました。

     

■メディア・受賞歴

 

 


自社サービスPostforの事例紹介


自社サービス Postfor の事例紹介


Postforとは

【画像でもっと売り場とつながる】をコンセプトとし、2018年 ローンチしたBtoB向け画像共有サービスです。 言葉では伝わりにくい様々な業務シーンを画像によって解決し、 楽しみの中から業務推進や活性化をもたらしてくれる画像コミュニケーションツールです。

 


 

https://post-for.com/

 

 


■ Postfor の特徴

AWSのマネージドサービスをフル活用した完全サーバレスアーキテクチャの実装

Postforは AWS lambda, SNS, DynamoDB, Cognito 等のマネージサービスを使用し、完全サーバーレスのマルチテナント型アーキテクトを実現しております。

また、通知等はslackや、backlogを連携させることで運用効率を上げております。

サーバーレスにすることにより、運用側がトラフィックの増減を気にする必要がなく、インフラのメンテナンス負荷軽減ができ、さらにお客様にも常にサービスを提供し続けることが可能になっております。

 


■Postfor システム構成図

■メディア


【連載!中国の小売・サービス事情vol.10】1年で日本の百貨店の総面積が開発される上海


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

何かとTech方面では注目を集める中国の小売業界だが、従来からの実店舗型小売(※ここではショッピングセンターや百貨店等を指している)の動きも活発だ。

上海に来てから1年半が経過したが、その間にも様々な商業施設が開業した。2017年5月には郊外の七莘路に「VivoCity」が12万平米で、2017年9月には紫藤路に「万象城」が超巨大な24万平米でオープン。開発は郊外だけなく、中心部の住宅地である中山公園にも「Raffles」が開業。商業地区の既存施設でも全面改装等が相次いでいる。

日本の小売関係者なら、上海に来て見に行くべきは盒馬鮮生や無人コンビニだけではない。圧倒的な規模・スピードで開発が進む実店舗型小売も是非チェックいただきたい。

続きを読む 【連載!中国の小売・サービス事情vol.10】1年で日本の百貨店の総面積が開発される上海


【Postfor】画像検索機能を強化しました


ハンズラボが提供する画像コミュニケーションサービス 「Postfor」 のリリース情報をお知らせします。

Postfor」では、Postforに投稿されている画像を検索して、閲覧したい画像を探すことができます。本日、この検索機能を強化いたしました。

検索機能

検索ボックスから、フリーワードや各種項目指定による詳細検索を行うことができます。今回のアップデートでは「複数店舗の選択」ができるようになりました。

PC版画面の例

上記のように期間の指定や(ここでは2018/4/1〜2018/4/30)、イベント、店舗などの指定をして検索をすることができます。

フリーワード検索では「インテリア 新宿店」といったように部門と店舗からの検索や、「#春新生活」といったキャンペーン施策等特定のタグで検索が可能です。

検索条件の保存

また、検索条件が入力された状態で「検索条件を保存」をクリックすると、検索条件を保存することができるようになりました。保存した検索条件は、PC、スマートフォン、タブレットどの端末からでも、検索ウィンドウを開くと表示されるようになります。なお保存はユーザー毎となります。

スマートフォン版画面の例

画像コミュニケーションサービス 「Postfor