AWS活用事例、メディア・セミナー情報や名物・社長のほろ酔い対談などをお届けするブログです

HANDS LAB

HANDS LAB BLOG

ハンズラボブログ

作者別: handslab

連載!中国の小売・サービス事情vol.7【マーケター向け】中国視察の前に準備しておくべきこと


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

世界を代表するモバイル先進国になった中国。「シリコンバレーの次は中国だ」と、中国へ視察に来る日本のマーケターが増えている。

  • スマホ決済を使ってキャッシュレス社会を体験してみたい
  • 話題のシェアバイクに乗ってみたい
  • 無人店舗を見てみたい
  • 顔認証システムを試したい
    等々、凄まじいスピードで生み出される中国発のサービスに興味を持っている人は多いはずだ。

しかし、事前準備がないままに中国へ来ても、多くのサービスは自分自身で体験することができない。 基本的に中国の多くのサービスは、まだまだ「中国人のため」「中国に住む人のため」に設計されているので、外国人の出張者・旅行者がそのサービスを教授することは難しい。せっかく中国まで来たのに、使っている人を見るだけ、コーディネーターに教えてもらうだけで終わってしまう。

そんな方々の為に、今回は中国へ視察に来る前に準備しておくべきことをまとめてみたい。視察目的でなくても、短期出張で中国に来る人にも参考になると思うので是非確認いただきたい。

以下に日本人マーケターに立ちふさがる中国の壁を挙げていく。

壁① グレートファイヤーウォール

ご存知のように、中国は「グレートファイヤーウォール」のもと、インターネットの世界ではことごとく外資を閉め出している。VPNを使わなければ、日本で一般的に使っている殆どのサービスは中国で利用できない(注)。

(注)日本のスマホでも、現地でローミングするならば利用可能

これまでも中国でGoogleが使えないことは有名だったが、2017年9月には、現地日本人の多くが使っていたYahoo!の検索サービスが急に使用できなくなり、日本人の間で話題になった。2017年に施行された「インターネット安全法」の絡みとか、10月に実施された共産党の党大会(19大)を控えての言論統制とか、色々な噂が囁かれた。

グレートファイヤーウォールは中国製のサービスを利用するには問題ないのだが、日本人マーケターが中国に来てからアプリの使用方法を調べたり、中国から日本の会社・友人と連絡を取り合おうと思っているなら、対応は必須である。

そもそも、AndroidユーザーならGoogle Playにもアクセスできないので、中国ではVPNがなければアプリの追加もできない。

【参考】VPNが無ければ中国では使えないサービスの一例(※筆者確認分)

Search … Google,Yahoo
SNS … Facebook,Twitter,instagram,Pinterest,Tumblr 等々
Messenger・Mail … LINE,Facebookメッセンジャー,Gmail,WhatsApp 等々
Video・Audio … Youtube,AbemaTV,netflix,Tuneln Radio 等々
Map … Google map
Cloud … Dropbox
Others … naverまとめ,2ch,アダルト全般,Pokemon GO,MarkeZine,livedoorドメイン,Slideshare 等々

上記以外にも、SNSアカウントでログインするようなサービスもVPNが無ければ使えないし、一般的なWEBサイトを見るだけでも、サイトにSNSのシェアボタンが貼り付いていたりすると見辛かったりする。自身のこのはてなブログもVPNが無いと開きづらいのが実情である。

まとめ:VPN付きモバイルルーターの携帯は必須

続きを読む 連載!中国の小売・サービス事情vol.7【マーケター向け】中国視察の前に準備しておくべきこと


代表メッセージ


身近なiPhoneを業務用端末で使う——常識を超えてその先へ

10月1日付で代表取締役社長に就任した余宮です。これまではハンズラボで開発したシステムを東急ハンズで使う側でしたが、今度は開発する側に回ることになり、リテールの最前線で欲しかった機能をストレートに開発できるのでワクワクしています。よろしくお願いいたします。

これまで、iPadのPOSシステムの導入や、iPod touchやiPhoneを業務用端末として活用する。オンプレサーバーを廃し、全てクラウド化(AWS)するなど、様々な取り組みを東急ハンズとハンズラボは行ってきました。

iPhone導入後も、セミセルフレジを導入した時も、業務用の高価な専用機器を導入することなく、スタッフにとっても身近なもの、普段遣いの延長線上にある機器で時代に対応させることができました。コストをかけず新しいものを、低いハードルで導入することができる。これがまさにハンズラボが提供できる強みなんです。

普通に使い慣れたスマートフォンを業務で使う、導入ハードルを低くして誰でも直感的に使える仕組みを提供するのが我々の役割です。「最新のテクノロジーを最低のハードルで提供する」ここをお伝えして行きたいと思っています。顧客の目線であらゆるところにイノベーションを起こし、常識を破壊して行くぞ!という気持ちでいます。

自ら実践し続け、感じた新しいものに取り組みたい

実は、新入社員で東急ハンズ町田店の営業管理課に所属していた時に、富士通のEPOCALC(エポカルク)を使って自分で予決算のシステムを作ったことがあります。当時経理のプロフェッショナルが苦戦していた業務を、経理素人の自分でもITの力を借りることで簡単に処理できるようにすることができた、これがまさにITの真骨頂だなぁと思いました。

その後、ITを積極的に取り入れる仕組みづくりにもいろいろ関わってまいりました。1990年に、東急ハンズ横浜店にIBMと共同開発した単品管理システムが導入されたのですが、そういった苦労の現場も近くで見てきましたし、新しいMDシステムやwebEDIの導入も店長として率先して取り組んできました。こういった新しいテクノロジーに対して貪欲に取り組む気持ちは今も変わりません。

顧客視点に基づいた商品開発をすること。これを実現するには、エンジニア自身がクライアントを取り巻く環境、マーケティングを考え抜いた上で新しいテクノロジーを積極的に導入して問題を改善する姿勢が不可欠です。未知のテクノロジーにどんどん挑戦し、お客様の多様なニーズに対応した唯一無比の商品を創りだすこと、それが我々の最大のミッションであると考えています。

リテールで培った顧客目線で、お客様のコアビジネスを常に見つめ、その先を提案する

東急ハンズでのコンサルティングセールス(接客相談販売)の実践において、お客様の潜在ニーズを引き出し、販売に至ったときの予想以上のお客様の喜ぶ姿が我々の原点です。
そういった感動をお客様に常に提供していきたい、お客様のコアとなるものを理解し、お客様にとってのお客様の目線を持ち、気づかない部分にも目を凝らし続けること。徹底した顧客目線に立って、システム開発のお手伝いをしていきたいと思っています。

余宮 信吾(よみや・しんご)
1983年に東急ハンズ入社後、町田店開店準備室に配属。
その後、経営企画室、営業管理部などを経て、ららぽーと豊洲店・横浜店・MD企画部・池袋店を歴任。2014年より総務部長、2017年より取締役 執行役員となる。2018年4月にハンズラボ取締役。10月1日付で代表取締役に就任した。

採用担当がAWS認定クラウドプラクティショナー試験を受けた話


こんにちは、エンジニア採用担当の村田です。

今回はタイトルの通り、今年から新しく始まったAWS認定クラウドプラクティショナー(AWS Cloud Practitioner)試験を8月に受験し、無事に合格したので、その体験記を書きたいと思います。

試験概要

  • クラウドとは何か、AWSの特徴は何か、AWSにはどんなサービスがあるか、AWSの料金体系やサポート内容はどうなっているか・・・などAWSに関する基礎知識を問うものです。AWSの各種認定の中で一番初歩的なレベルの試験で、非技術者でもチャレンジしやすい内容。
  • クラウドの概念(28%)、セキュリティ(24%)、テクノロジー(36%)、請求と料金(12%)の4分野から出題
  • 試験時間は90分、受験料は税別11,000円
  • 指定の試験センターで受験

詳細は公式ページをご覧ください。

 

なぜ受験しようと思ったのか

非技術職向けの資格試験が誕生したと聞き、AWSネイティブでアプリ開発をし続けているハンズラボの一員として受けないという選択肢はないでしょう!と思い立ちました。

あとは、これまでフワッとしか理解していなかったAWSについて、もう少し必要な範囲で体系立てて理解したいなと思っていたのも決め手です。

自分のスペック

仕事は前職で広報や庶務を6年、現職に移ってからエンジニア採用を1年半。技術的な実務経験は皆無です。

ただ、採用業務では実際に書類選考や一次面接に携わっているので、そこで判断や会話ができるよう基本的な知識は身につけるようにしてきました。アプリ側とインフラ側ってなんなのか、サーバーってなんなのか、どんなソフトウェアがあるのか、今どういう言語が人気なのか・・・などなど。

(ちなみにハンズラボは、Slackでのコミュニケーションが盛んで、エンジニアのみなさんがどんどん技術ネタを発信してくれるので、新鮮な技術情報に日々触れられるという環境もかなりプラスに作用していると思います)

受験に向けてしたこと

基本的には公式ページの「試験準備」に書いてある内容にきちんと取り組めば十分ではないかと思います。

私ははじめ何をすれば良いか全くわからなかったので、ひとまず公式情報に則り、オンライントレーニングであるAWS Cloud Practitioner Essentialsを受講することにしました( https://aws.amazon.com/jp/training/course-descriptions/cloud-practitioner-essentials/ )。

Essentialsのトレーニング概要を見たところで、勉強期間の目処を立てて本試験の受験を先に予約。私の場合は勉強期間を2週間弱としました。

その後はオンライントレーニングを全て見てから、各講座の練習問題で理解が浅いなと思ったポイントを中心に、主たるサービスについて公式サイトやホワイトペーパーで情報を見る、というやり方で進めました。

なおEssentialのなかで、VPCの設定の仕方やS3など各種サービスの設定の仕方など、かなり実践的な解説が突如スタートする講座もあって「えっこんなの試験に出たら無理!!!」となりますが、そうした詳しい技術的な内容は本試験に出ないので、ふんふんと流し見するくらいで大丈夫だと思います。

あとは問題の温度感を確認するために、本試験数日前に模擬試験も受けました。模試は本試験申し込みサイトから模擬試験を選択して申し込めます( https://www.aws.training/certification?src=our-certs )。

ちなみに本試験の制限時間は90分ですが、じっくり見直しをしたうえで確か40~50分くらいで終わりました。問題数は多いですが、時間的な余裕はそこそこあると思います。

結果

合格(スコア805) やったー!

やっておいた方が良いなと感じたこと

  • 勘所がない人は絶対に上記Essentialを全部見るべし。
  • 勘所がない人はできるだけ模擬試験を受けるべし(しかも本試験は模試の1.5倍難しい(と感じた)ので、模試の成績が良くても油断禁物)。
  • Essentialsでは料金体系(リザーブドインスタンスとか)と、サポートプランの話のあたりの説明が少し物足りない感じだったので、受講後はサービスページなどをあらためて読み込んだ方が良いと思います。
  • 個人的にAWS クラウドサービス活用資料集の中の「ソリューション別資料」が理解を深めるのに役立ちました。実際AWSを使うにあたり、いわゆるビジネスサイドが気にしがち/引っかかりがちなポイントの解説などがあり、使う場面のイメージがかなり具体的になります。
    https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/

 

以上、体験記でした。AWS認定試験への第一歩を踏み出そうとされている皆さんのお役に立てば嬉しいです。

最後に

ハンズラボはエンジニアを絶賛募集中です!
会社見学も随時受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。
https://www.wantedly.com/companies/hands-lab

オフィスでお会いしましょう!!

 

トップ画像について:使用したキャラクタ画像はAWS公式ページから引用しました。「AWS認定クラウドプラクティショナーキャラクタ「勇者見習い」」だそうです。かわいい。


【連載!中国の小売・サービス事情vol.6】アリババのものではなくなった独身の日


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

11月11日、中国では「双11(シュワンシーイー)」と呼ばれる2017年の「独身の日」が終わった。今年はアリババが運営する天猫(Tmall)・淘宝(Taobao)の取扱高は、過去最高の1682億元(約2兆8594億円)になったようだ。楽天全体の取扱額が3兆円であることを考えると、たった1日で凄まじい売上だ。

日本でも今年からYahoo!やイオンなどが中国の独身の日を倣ったキャンペーンを始めたようだが、その盛り上がり感は全く異なる。

このニュースは日本の多くのメディアでも報道され、その額の大きさに対する驚きと共に、アリババの凄さの裏返しとして、旧来型の実店舗小売の厳しさが象徴的に描かれている。

アリババ「独身の日」セール、取引額2.8兆円に(日本経済新聞)

しかし、上海に来て8ヶ月、現地で初めて独身の日を体験した感想は少し違った。今回はこのことを綴ってみたいと思う。

続きを読む 【連載!中国の小売・サービス事情vol.6】アリババのものではなくなった独身の日


【連載!中国の小売・サービス事情vol.5】中国で無人レジは広がるのか?


「連載!中国の小売・サービス事情」は、上海在住で日系百貨店に勤める洞本宗和さんの個人ブログ 「ONE HUNDREDTH」の転載になります。本連載は、洞本さんより、日本の小売業界の向上の一助になれば、と転載許可をいただき掲載しております。

かなり日があいてしまったが、前回の中国のモバイル決済に関するエントリーは多くの方に読んでいただいた。日本でもこの分野に関する関心が非常に高いことを痛感。また、ブログを始めたばかりの自分の文章が、多くの方に見てもらえる「喜び」を感じると共に、「発信することの責任」を感じる良い経験となった。そして、この個人ブログがハンズラボ(株)のブログに転載されることになり、より多くの方の目に触れることになった。機会をいただいた代表の長谷川秀樹さんには、この場を借りて御礼申し上げたい。

コンビニでセルフ会計がスタート

さて今回は、上海のコンビニエンスストアでたて続けに無人レジが始まったということなので、週末視察に行ってみた。一つは7月から始まった上海の「ローソン」、もう一つは9月から始まった新興コンビニの「24鮮」。

“無人” と言うと、一見「Amazon Go」や中国の「Bingo Box」のような “無人店舗” を想像しがちだが、あくまで “無人レジ” なのでそのレベルは大きく異なる。さらに言うと、タイトルに付けた “無人レジ” という表現にも少々語弊がある。要は、顧客自身に会計をしてもらう「セルフ会計システム」なのだが、日本人がイメージする “無人レジ” とはアプローチが異なる。セルフ会計システムは、日本でも大手スーパーではしばしば見られるようになったが、コンビニへの導入はまだまだこれからだ。

今年の7月に入って、日本のローソンがオフィス内で菓子やカップ麺などをセルフ販売する設置型コンビニ「プチローソン」に、交通系電子マネー専用セルフレジを導入したとの事だが、一般店舗での導入は聞いたことがない。

<参考資料>非現金化セルフレジ専用の設置型オフィス内コンビニ「プチローソン」7月3日(月)より、東京都23区内先行でサービス開始|ローソン

続きを読む 【連載!中国の小売・サービス事情vol.5】中国で無人レジは広がるのか?