ハンズラボのプレスリリース・講演&イベント情報・メディア掲載情報一覧

HANDS LAB

NEWS

ニュース

カテゴリー: プレスリリース

APN Architecture of the Year 2015を受賞しました

AWSのパートナーから選出されるAPN Awardにおいて、ハンズラボが「APN Architecture of the Year 2015」を受賞いたしました。「APN Architecture of the Year」は、AWSの利用アーキテクチャが「最も先進的、または実用的、チャレンジングなもの」が選ばれる賞です。

handslab_awsaward2015

AWS公式ブログでの掲載はこちら

受賞いたしましたシステム「ハンズラボシステム導入事例:AWSクラウドネイティブによる 東急ハンズポイントシステム」についてはこちら


リテールテックJAPAN 2016 に出展いたします

3月8日(火)〜3月11日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催されるリテールテック 2016 に出展いたします。

エプソンブースにて、タブレットPOSシステムの展示デモ、プレゼンテーションを予定しております。ぜひ、お立ち寄りください。ご来場お待ちしております!
◆開催概要
【開催日時】 2016年3月8日(火)〜3月11日(金)  10:00 – 17:00
※最終日のみ16:30まで
【会  場】東京ビッグサイト東1・2ホール
エプソンブース:東1ホール ブースNo.RT1401
※ハンズラボはエプソンのブースにパートナーとして出展いたします
【来  場】2,000円(税込み) ※事前登録者無料
【主  催】日本経済新聞社

詳細・来場の事前登録お申込みはこちらから


SORACOMリセラープログラムに参加しました

  • 2016年2月16日

SORACOM」は、初期費用が少なく、フレキシブルで高セキュアな通信を提供するIoT向け通信プラットフォームです。

2月4日(木)より、「SORACOM」プラットフォームの再販を可能にする「SORACOM リセラープログラム」が提供開始されました。これは、認定リセラーがサービス提供主体となって、エンドユーザーにアカウント発行をおこない、同プラットフォームの Web インタフェース・ API を提供できるほか、「SORACOM Air(データ通信 SIM)」の発注、請求管理、サポートを可能するものです。

ハンズラボは「SPS 認定済インテグレーションパートナー」としてリセラープログラムに参加し、SIMの契約・管理・料金支払といった管理の手間を省きつつ、Web上のコンソール、APIから複数のSIMの使用状況の監視、通信速度の変更をリアルタイムで行えるSORACOMプラットフォームの利便性をお客様にお届けします。
soracom_sps
SPS 認定済インテグレーションパートナーとは、SORACOM Air や SORACOM Beam を含む SORACOM プラットフォームを活用したシステムやサービス等を提供するプロフェッショナルサービス企業のうち、一定の要件を満たしていることをソラコムが認定した企業です。

SORACOMプラットフォームの導入については、こちらのフォームよりお問い合わせください。


SORACOMパートナースペース「認定済インテグレーションパートナー」に認定されました

  • 2016年1月27日

モバイルデバイスの業務活用をインフラ・システム両面でサポート

ハンズラボ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長谷川秀樹、以下ハンズラボ)は、株式会社ソラコム(本社:世田谷区、代表取締役社長:玉川憲)のパートナープログラム「SORACOMパートナースペース(以下、SPS)」における「認定済インテグレーションパートナー(以下、SPS認定済インテグレーションパートナー)」に認定されました。

ハンズラボでは昨秋「モバイルソリューション」として、業務用モバイルデバイス向けにソラコムの通信プラットフォームとMDM(モバイルデバイス管理システム)とを組み合わせた高セキュリティな通信・デバイス管理を提供してまいりました。同ソリューションにより、利用開始に際しての複雑な初期設定・セキュリティ構築費用が不要になるほか、端末紛失時の情報漏洩といったセキュリティ対策が可能になります。

また、東急ハンズの業務用端末として商品管理等の専用アプリを搭載したiPod touchを導入するなど、モバイルデバイスの業務活用にはインフラ・システムの両面で実績がございます。
今回の認定を受け、モバイルデバイスの業務活用を検討中の企業様をインフラ・システム両面でよりいっそう強力にサポートしてまいります。

サービス詳細はこちらをご覧くださいませ。

【SPS認定済インテグレーションパートナーについて】

soracom_sps

SPS 認定済インテグレーションパートナーとは、SORACOM Air や SORACOM Beam を含む SORACOM プラットフォームを活用したシステムやサービス等を提供するプロフェッショナルサービス企業のうち、一定の要件を満たしていることをソラコムが認定した企業です。


【プレスリリース】ハンズラボ、AWS活用のためのクラウドソリューションを本格展開

ハンズラボは6/1付でAWSインフラパッケージサービスをリリースし、クラウドソリューションを本格展開いたします。

詳細は、下記プレスリリースおよび弊社サービスページをご覧くださいませ。

ハンズラボ、AWS活用のためのクラウドソリューションを本格展開 ~企業のホームページ・業務システム移行をパッケージプランで支援~[PDF]


代表 長谷川が第2回Webグランプリ Web人部門 Web人賞を受賞しました

弊社 代表取締役社長 長谷川 秀樹が第2回Webグランプリ Web人部門 Web人賞を受賞しました。

同賞は、公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会が主催するWebグランプリの中で、「人」にフォーカスした賞として、優れたWebサイト、Webプロモーションの原動力となった人物に贈られるものです。

長谷川の受賞理由は、東急ハンズの情報システム部門として、いち早くクラウドを導入、開発の内製化を進めるなど、情シスのあり方を変革した点。

また、子会社ハンズラボの設立で「収益を上げる」という形で事業に貢献した点を評価いただきました。

栄えある賞に選んでいただき、ありがとうございます。


オフィス移転のお知らせ

2014年7月22日(火)より、東新宿の新宿イーストサイドスクエアにオフィスを移転いたします。

新住所
〒160-0022
東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア3F

親会社である東急ハンズ本社の移転に伴い、ハンズラボも引越しです。
メンバーも増え、広くなった新オフィスで心機一転、業務に勤しんでまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。


会社設立のお知らせ

ハンズラボロゴ横長-300x68

ハンズラボ株式会社を設立しました!

ハンズラボは、エンタープライズIT業界で「今までの常識を打ち破る手法」で、「本当に喜ばれる仕事」をするために設立しました。

(エンタープライズIT業界とは、SI業界とも呼ばれる企業の情報システム構築を担う業界です)

一体何故、ハンズがシステムの会社を?と驚かれる方も多いと思いますが、私からしてみれば結構自然な流れで、実は数年前から社内エンジニアを育成・増員してきました。

私が東急ハンズに転職し、情報システムの責任者になって以来、ハンズ従業員は自らシステム開発を実施し、手法に改善を重ね、圧倒的開発生産性を実現してきました。そして、「ハンズ以外でもニーズがあるはずだ!」と思い立ち、数年前から計画的にエンジニアを増員してきたのです。

何故、ニーズがあると考えたのか?

私は1994年に社会に出て以来、主に小売業界周辺で数々のSIプロジェクトに携わり、さらにオラクルリテール(当時は、リテックという小売業向けERP)の営業本部長を経験しました。

そんな中2000年前半あたりから、システム導入という仕事に対して私はある種の「モヤモヤ」を抱き始めました。その「モヤモヤ」とは・・・

一言でいうと、システム導入プロジェクトの多くは、「パッケージシステムをユーザ企業に(半ば無理やり)押しこむ仕事」になっているということです。

最初から金額が決まっているプロジェクトでは「要件を追加するユーザと要件を削ろうとするシステム屋の対立」が発生し、最初から金額が決まっていないプロジェクトでは「要件を追加するとユーザ企業の予算がオーバーし、結局やりたいことができない事態」が発生します。

つまり、大金を投入して同じ目標にを向かうべきユーザ企業とIT企業は、一度プロジェクトが開始すると利益相反を避けられず、真のパートナーとしての関係が崩壊してしまうのです。

そんな不満足な基幹システムに、導入期間が1年以上も費やされるのも問題です。

結局ユーザ企業側の経営陣は「金がかかる割に、効果がないなー」と感じ、プロジェクト現場では、SI企業が顧客に満足されない仕事をし続け、双方とも疲弊・・という悪循環。

当時私は、そんな状況を「仕方のない」ことだと思っていました。そういうもんなんだと思っていました。だって、当時は、アクセンチュア、IBM、NEC、富士通などなど、名だたるSI業界の方と話しても同様だったからです。

ユーザ企業、現場、SI企業の三方良しの仕事ができる仕組みを構築しよう

そして今、私はシステム業界の「モヤモヤ」を解決する手法をみつけ、その手法に自信を持っています。

例えば、できれば洋服もオーダーメイドの方が良いと思いませんか?でも、オーダーメイドというと普通はより高額であると考えますよね。ここで、オーダーメイドの洋服が既製品の洋服と同じ価格であったら・・・もちろんオーダーメイドを選びますよね!

ではどうやってオーダーメイドのシステムを安く導入できるのか? そこには私たち独自の秘訣がたくさんあります。そうでなければ、長年やってきた大手SI企業に勝てるソリューションを提供できるわけがありません。秘訣があるのです!

秘訣といっても隠そうとしているわけではなく、書き出すとすごく長くなってしまうので、それはまた別の機会に。

「お客様に喜ばれるオーダーメイドの仕組みを誰よりも早く、安く提供する」

これができる自信・体制が整ったので、会社を設立しました。

皆様、よろしくお願いします!

 ハンズラボ株式会社 代表取締役社長 長谷川秀樹